コスタアトランチカ号は長崎にいつからなぜ停泊?船国籍や日本人有無・乗組員の今後も紹介!

コスタアトランチカ号 運営会社 国籍

長崎港に停泊しているクルーズ船「コスタアトランチカ号」で、新型コロナウイルスの感染者が多数出ています。

この「コスタアトランチカ号」の船の国籍は、どこなのでしょうか?

また長崎にはいつから停泊していて、どういう目的でなぜ停泊していたのかも気になるところです。

また大型クルーズ船で感染者が出たことで、心配の声や批判の声も出ています。

これから「コスタアトランチカ号」や乗組員にどういう対応がされるのかも、調査しました。

コスタアトランチカ号の運営会社船国籍や、長崎にはいつから何の目的でなぜ停泊していたのかをご紹介していきます!

 


コスタアトランチカ号の運営会社国籍は?

クルーズ船「コスタアトランチカ号」では、現在(4/25)148人のコロナ感染者がいる事が判明しました。

横浜のダイヤモンドプリンセス号の時は、どこの国籍の船なのかが大きな話題となりましたよね。

コスタアトランチカ号がどこのクルーズ船なのか確認した所、イタリア船籍だという事が分かりました。

乗客はおらず、クルーズ船の中にいるのは乗組員623人だけという事です。

623人もの乗組員がいる事に驚いたのですが、乗組員の国籍は30か国に及び中国人・フィリピン人が多いと言われています。

船長と船医はイタリア人で、通訳で日本人が1人いるようです。

 


コスタアトランチカ号は長崎にはいつからなぜ停泊してるの?

横浜のダイヤモンドプリンセス号の事があったのに、また大型クルーズ船を受け入れたのか?という声がネット上に多くあがっています。

ですがこのクルーズ船は、ダイヤモンドプリンセス号が問題になる前から長崎港に停泊していました。

※ダイヤモンドプリンセス号の入港は、2月3日。

長崎港にコスタアトランチカ号が停泊するまでの経緯は、下記の通りです。

  • 1/29長崎港に623人の乗員を乗せて入港
  • 2/20~修繕工事などのため、三菱重工業長崎造船所香焼工場のドックに停泊
  • 3/6~長崎県は国内状況を受けて乗組員に下船しないよう要請
  • 4/14に乗組員1人に発熱の症状が出る
  • 4/20にPCR検査の結果で陽性を確認
  • 4/22に34人が新型コロナウイルスに感染していることが判明

長崎港に停泊した目的は、クルーズ船の修繕工事という事です。

最初は中国で船の修繕が予定されていましたが、新型コロナウイルスの影響で中国で修繕ができなくなりました。

コスタアトランチカ号が漂流しかねない状況になったため、人道的な判断で三菱重工業長崎造船所香焼工場が受け入れたという事のようです。

 


コスタアトランチカ号のコロナ感染者多数で不安の声も!

大型クルーズ船でまたコロナウイルスの感染者が出たという事で、不安の声や対応の仕方への非難の声が多くあがっています。

乗組員の方の人数を考えると、地域の方の不安は増すばかりでしょう。

コスタアトランチカ号の対応への非難は、長崎県が3月6日に乗組員が下船しないよう要請したのにも関わらず、船外に出た乗組員がいたからです。

三菱造船によると、要請後もタクシーで病院や空港に行った乗員がいた他、約130人が検温などをした上で船の維持・管理のため船外に出ていた。記者会見した同社は「健康チェックをしていたので問題ないと思っていた」と釈明。

引用:https://mainichi.jp/articles/20200422/k00/00m/040/267000c

これは、対応が甘いと言われても仕方がないかもしれないですね・・・。

Twitter上でも、不安や非難の声があがっています。

 

コスタアトランチカ号のコロナ感染者や乗組員の今後は?

菅官房長官が4/22に記者会見で語った事やその後の情報をまとめますと、

  • 重症者は病院へ搬送
  • 重症者以外の感染者は船内に滞在
  • 陰性の乗組員は早期に帰国

という対応になるそうです。

乗組員の方たちは普段は2人一組で船底の部屋を使っているそうですが、コロナ感染者が判明してからは換気ができる客室に移動し、客室間の移動は禁じられています。

ただ乗組員の方たちの人数が623人もいるという事で、今後感染者の数が増える可能性もありますね(T_T)

 

コスタアトランチカ号の運営会社国籍・長崎にはいつから何の目的で停泊?まとめ

コスタアトランチカ号は長崎にいつからなぜ停泊?船国籍や日本人有無・乗組員の今後も紹介!と題して、ご紹介してきました。

運営会社の船国籍はイタリアで、いつから長崎に停泊していたのかというと1月29日からです。

なぜ長崎に入港していたのかは、船の修繕工事で滞在していました。

4/25現在、コスタアトランチカ号の乗組員の方のコロナの感染者数は148名となり、どんどん増えてしまっています。

重症者は日本国内の病院へ搬送され、感染者でも軽症の場合はクルーズ船の中で滞在、感染していない場合は出来るだけ早く帰国という事にになるようです。

これ以上感染者が増えずにおさまってくれたらいいのですが・・・。

また新しい情報が出ましたら、追記していきたいと思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です