ひな祭りの歌詞は間違い!?その意味や怖いと言われている理由は?


 

ひな祭りが近づいてくると、街中でも定番のうた「うれしいひな祭り」が聞こえてくることがありますよね。

 

私も子供の頃よく歌っていた記憶があるのですが、このひな祭りの歌詞が「間違っていて、しかも実は怖い歌らしい」との噂を入手しました。

 

この記事では、子供から大人までがつい口ずさんでしまう「うれしいひな祭り」の歌詞の噂の真相を調べています。

 

参考にしてみて下さいね^^

 


ひな祭りの歌詞の意味や間違いと言われている部分はどこ?

 

 

ひな祭りの歌詞は?

 

まず、「うれしいひなまつり」の歌詞をおさらいしておきましょう。

 

1.

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひなまつり

2.

お内裏様とおひな様
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした ねえさまに
よく似た官女の 白い顔

3.

金のびょうぶに うつる灯を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
赤いお顔の 右大臣

4.

着物をきかえて 帯しめて
今日はわたしも はれ姿
春のやよいの このよき日
なによりうれしい ひなまつり

 

「うれしいひな祭り」は、1935年(昭和10年)にサトウハチロー氏が娘にひな人形を買ってあげた前後に作詞したとされています。

 

サトウハチロー氏

昭和に入って、流行歌の作詞者として活躍。戦後、大ヒットした「リンゴの唄」もハチローの作である。その後、童謡に本腰を入れ、「ちいさい秋みつけた」等の名曲を多数生み出した。晩年には、テレビドラマと連携して詩集『おかあさん』を刊行。多方面で活躍した、才能豊かな詩人であった。  

引用:青森県近代文学館

 

日本人に愛され続ける「うれしいひな祭り」ですが、歌詞の中にはいくつか間違った部分があり、サトウハチロー氏はこれらの間違いを気にしていて晩年までこの曲を嫌っていたと言われています。

 

ひな祭りの歌の歌詞の意味や間違いの部分は?

 

1.♫お内裏さまとおひな様 二人ならんで すまし顔

 

「お内裏様(おだいりさま)」を「男雛(おびな)」、おひな様を「女雛(めびな)」として歌詞は書かれていますが、「男雛」と「女雛」の二人を合わせて「お内裏様」というのが本来は正解。

 

ちなみに「おひな様」とは、ひな人形の総称です。

 

つまり・・・こういう事ですね^^

 

 

2.♫すこし白酒 めされたか 赤いお顔の 右大臣   

 

「右大臣」ではなく、ここは「左大臣」が正解

 

 

左の色の白い若者が右大臣、顔にホンノリ色がついているヒゲを生やした方が左大臣

 

実際ひな壇に並べる時も、上の画像の通り向かって左側に右大臣、右側に左大臣と置くのが正しいです。

 

これは、男雛から見ての呼び方になるからです。

 

男雛から見ると右に左大臣がいて、左に右大臣がいる事になりますよね。

 

ひな祭りの歌の歌詞では「♫すこし白酒 めされたか 赤いお顔の 右大臣」となっていますが、顔がホンノリ色づいているのは左大臣

 

一説では、作詞者のサトウハチローさんが自分から見た方向で歌詞を書いたので、顔が色づいているのが右の大臣だったから「右大臣」としてしまったそうですよ。

 

3.♫お嫁にいらした ねえさまに

 

「いらした」というのは、「来た」という意味の「いらっしゃった」を省略した形と思われます。

しかしこの歌の中では、「お嫁に来た」ではなく「お嫁に行ってしまった」という意味で使われています。

 


ひな祭りの歌詞って怖いの?その理由は?

 

 

「うれしいひな祭り」は、歌詞が怖いと言われることもあります。

 

何故そのように言われるのでしょうか?

 

「♪お嫁にいらした ねえさまに よく似た官女の 白い顔」の部分に、怖いと言われる理由があります。

 

サトウハチロー氏にはお姉さんがいたのですが、嫁ぎ先が決まった矢先に18歳の若さで結核のため亡くなったそうです。

 

「うれしいひな祭り」は、そのお姉さんを想って作詞したと言われています。

 

「白い顔」というのが「死に顔」を連想させるので、怖いと思われたのかもしれないですね。

 

 

しかし、「白い顔」は美人の条件という別の解釈もあります。

 

歌の主人公の女の子が、官女を見て、色白のねえさまを思い出している、という意味にもとれます。

 

「うれしいひな祭り」は、サトウハチロー氏にとっては、思い入れの深い歌なのかもしれません。

 


「うれしいひな祭り」を楽しむために!ひな壇飾りの並び方をおさらい

 

 

「うれしいひな祭り」の歌の中には、ひな壇飾りに飾られている人形や道具などの名前が出てきます。

 

「ひな壇飾り」の並び方をおさらいしてましょう^^

 

ひな壇飾りの並び方は?

 

【一段目】

男雛(おびな)と女雛(めびな)。

この2人を「内裏雛(だいりびな)」を呼びます。「お内裏様」というのは、男雛と女雛の2人を指します。

 

【二段目】

三人官女。

宮中で、君主や后妃の日常のお世話をする女官のことです。

三人官女の真ん中の女官は杯を載せる「三方(さんぽう)」を持っていて、左の女官は、「銚子(ちょうし)」、右の女官は「長柄(ながえ)」を持っています。

白酒をつぐ道具です。 それぞれの間には、お餅を載せた「高杯(たかつき)」を飾ります。

 

【三段目】

五人囃子(ごにんばやし)。

能のお囃子(おはやし)を奏でる、少年の能楽隊です。

向かって左から、太鼓(たいこ)、大鼓(おおつづみ)、小鼓(こつづみ)、笛、謡(うたい)となります。

 

【四段目】

随身・随臣(ずいしん)。

向かって左側が右大臣(若者)、右側が左大臣(白髪の年配者)と呼ばれています。

弓矢を持った護衛官です。 2人の間には、御膳、菱台が飾られます。

 

【五段目】

仕丁(しちょう)。

お仕えする3人の雑用係です。

向かって左から台笠(だいがさ)、沓台(くつだい)、立傘(たちがさ)を持っています。

箒、ちりとり、熊手を持っている場合もあります。

また三人上戸とも呼ばれ、怒り上戸、泣き上戸、笑い上戸の表情になっており、左側に橘、右側に桜を飾ります。

 

【六段目】

お道具(嫁入り道具)。

箪笥(たんす)、鋏箱(はさみばこ)、長持(ながもち)、鏡台、針箱、火鉢、茶道具などを飾ります。

 

【七段目】

お道具(お輿入れ道具)。

左から、籠、重箱、牛車を飾ります。

 

 

ひな祭りの歌詞は間違い!?まとめ

 

日本人なら誰もが知っている「うれしいひな祭り」。

 

サトウハチロー氏のお姉さんへの想いが込められています。

 

歌詞の内容に間違いがあったとしても、日本人に愛され続ける歌には変わりありません。

 

歌をうたう子供たちにも、歌詞の意味などを教えていけると良いですね。

 

そして、これからも長く歌い続けられる歌になって欲しいと思います^^

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です