オーナーズブックで10万円投資!結果は成功?運用成績を公開

スポンサーリンク

 

 

オーナーズブックで不動産投資を始めて、はや1年。

 

予定運用期間1年3ヶ月のファンドが、投資開始からなんと5カ月で早期償還(貸し付けた資金が予定より早く返済)となり、「計算および配当がすべて完了いたしましたので、案件を終了とさせていただきます」と連絡が入りました。

 

まさかそんなに早く返ってくると思っていなかったので、驚いたのと同時に、この短期間の投資で自分の元本(10万円)はどうなった?増えたのか??と、期待と心配が湧き上がってきます。

 

私がオーナーズブックで投資した10万円は、5ヶ月でいったい幾ら増えたのか?投資は成功したのか?

 

オーナーズブックの魅力欠点も、合わせてお伝えします。

 

スポンサーリンク

 

オーナーズブックに投資してみた!投資先や利回りの詳細は?

コーヒーとスマートフォン

 

オーナーズブック(OwnersBook)は、不動産特化型クラウドファンディングサービスで、国内の不動産に特化したファンドを提供しています。

 

運用期間が1年3ヶ月だったはずの「品川区オフィス第3号ファンド第2回」というファンドが、投資開始から5カ月の早期償還となりました。

 

まずは詳細をご覧下さい。

<案件の詳細>

  • ファンド名;品川区オフィス第3号ファンド第2回
  • 予定利回り:4.5%(年換算)
  • 運用期間:約1年3か月
  • 運用タイプ:貸付(メザニン/シニア )
  • 償還方法:元本一括
  • 期中配当:毎四半期
  • 担保/保証:根抵当権
  • 手数料:無料

 

予定利回りは、他のソーシャルレンディング会社と比較すると低めです。

 

私はクラウドクレジット という所でもソーシャルレンディング投資をしていますが、そこは予定利回り9~10%がメインですから、比較すると低いということがお分かりいただけると思います。

 

関連記事→「クラウドクレジットの記事」

 

でもこれには理由があって、オーナーズブックの運営会社であるロードスターキャピタル株式会社が、 運営方針として「10戦10勝の堅実な運営を目指す」としているからだと考えられます。

 

利回りよりも案件の安全性を重視しているため、ローリスクローリターンとなっているわけですね。

 

実際、今までの取引の中で元本割れが起こったことはないとのこと(2018年5月現在)。オーナーズブックは2014年9月から運営されているようなので、約3年半以上元本割れを起こしていないということになります。

 

簡単で楽な投資方法で、しかもローリスク。それで利回りが4.5%あるなら、利回りが低くても満足できる投資ができそうです。

 

その他のポイントも見てみます。

 

このファンドの運用期間は、1年3ヵ月。他にも2年とか3年とかの運用期間が長いファンドもあります。

 

投資期間は好みがあると思いますが、長すぎるのはリスクも増すように感じるので、1年くらいの運用期間が私にとってはちょうどいいですね。

 

償還(=返済)方法は元本一括。

 

つまり、借入期間の満期日(最終日)に元本が一括して返済されるということなので、償還されるまでは、私の所にお金は戻ってきません。

 

配当は、毎四半期となっているので、3カ月ごとに配当がもらえるということです。

 

配当がもらえると、やっぱり嬉しい気持ちになります。投資の楽しいところでもありますよね。

 

担保については、オーナーズブックは全ての案件に不動産担保がついていますから、万が一の事が起こったとしても安心です。

 

投資の際の手数料は、無料となっています。

 

オーナーズブックの全ての案件でそうなっているようですから、これは嬉しいですね!

 

さてこの案件に10万円投資した結果、成功か失敗か。

 

どうなったかを見てみましょう。

 

オーナーズブックでの初めての投資結果は?

机の上にお花が置いてあります

 

はじめの所に書きましたが、この案件は投資から5カ月での早期償還となりました(オーナーズブックでは期限前償還と表記)。

 

ソーシャルレンディング投資では、早期償還が起こる可能性があることは承知していましたが、まさか初めてのオーナーズブックでの投資案件がそうなろうとは思っていませんでした。

 

<10万円の運用結果>

  • 運用期間:5ヶ月
  • 確定利回り:5.1%(年換算)
  • 配当総額:2,069円
  • 源泉徴収税:421円
  • 振込金額:1,648円

 

このようになりました。

 

配当のもらった時期を詳しく書くと、投資を始めてから3ヶ月後に901円(源泉徴収前)、償還後に1,168円です。

 

つまり、5ヶ月で2,069円増えました。

 

私は投資の結果としては、満足できる結果だと思っています。投資は成功したといえるのではないでしょうか。

 

予定通り1年3ヵ月投資できていた場合、配当総額は5,625円の予定だったので、当たり前ですが、もらえるお金は少なくなりました。そこは残念ではありますね。

 

でも利回りは良くなっていて、4.5%から→5.1%にUPしています。

 

どうやら早期償還になると、利回りアップする可能性が高いみたいですね。これなら早期償還になっても喜べます。

 

オーナーズブックの魅力とは?

カップにお菓子が入っています

 

ソーシャルレンディング投資がローリスクで出来る

 

オーナーズブックの魅力は、何と言っても、話題のソーシャルレンディング投資にローリスクで投資できるところですね。

 

今まで元本割れを出したことがありませんし(2018年5月現在)、担保も設定されているので、元本が全て返ってこないということは起こらないでしょう。

 

運営会社がマザーズへ上場

 

さらに、オーナーズブックの運営会社のロードスターキャピタル株式会社が、東京証券取引所マザーズへ上場しました。

 

右肩上がりで成長している企業ですし、上場の厳しい検査を受けていますので、信用力が高く安心感があります。

 

1万円から投資できる

 

私はオーナーズブックでの投資を10万円から始めていますが、オーナーズブックは1万円から投資を始めることが出来るんです。

 

少額から出来るのは魅力ですね。気持ち的に安心して始めることが出来ますから。

 

 

ただ、オーナーズブックも良いところばかりではありません。オーナーズブックの欠点も見てみましょう。

 

オーナーズブックの欠点とは?

 

元本保証がない

 

ソーシャルレンディング投資である限り、どうしてもこの欠点はついてきます。

 

オーナーズブックは他と比べてかなり可能性は低いと言えますが、それでもしっかり案件の詳細を見ることと、分散投資をして、リスクオフした方がいいと言えますね。

 

募集案件が少ない

 

人気があるのに募集案件が少ないので、募集開始からわずか数分で満額まで到達してしまい、投資したくても投資できない状態の時が多いです。

 

新規案件の募集開始の案内はメールでもらっているので、いつの何時から募集が始まるというのは分かっています。

 

でも、どうしてもうっかり忘れることもありますよね?予定が入っている時もありますし。

 

募集開始時間から1時間過ぎてしまったとかだったら、まだ仕方ないと思えます。

 

ところが最近では、開始から5分後にアクセスしても、満額で募集完了となっているものも多くあるんです。

 

1分くらいで終了のものもありました。もうビックリ。

 

まぁ人気がある証といえばそうなのですが、もっと投資案件を増やしてもらいたいですね。

 

登録して投資したいと思っている人すべてが、思った通りに投資できるように早くなればいいなぁと思います。

 

 

まとめ

 

私がオーナーズブックで投資した10万円は、5カ月で101,648円となって戻ってきました。

 

国内の不動産に投資って、どういう感じになるんだろう?と不安もありましたが、早期償還になったものの利回りアップで、しっかり配当金が付いて元本が返ってきました。

 

投資結果としては成功ではないでしょうか。

 

オーナーズブックは、他のソーシャルレンディング会社と比べても少額から投資出来ますし、しっかりとした母体のもと運営されていますので、安全性も高くオススメですよ。

 

少しでも、迷っているあなたの参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク

アーカイブ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です