主婦こそ評判のウェルスナビに投資を!成績やデメリットも詳しく

スポンサーリンク

 

「銀行に眠っているお金、投資にまわしてみたいけどどこが良いのかな?」

 

もしこんな風に迷っているのなら、投資の知識が必要なく、全ておまかせで国際分散投資ができる「ロボアドバイザー投資」はいかがですか?

 

人工知能(AI)が、自分の代わりにお金を運用してくれるんです。しかも完全お任せで。

 

どうしても気になったので「WealthNavi(ウェルスナビ)」という所で、私も始めてみました!

 

ウェルスナビで投資を始めてから約1年2ヶ月たち、眠っているお金の投資先に迷っている主婦の方に、「ウェルスナビが結構いい感じですよ」とお伝えしたくて、この記事を書いています。

 

ウェルスナビの「運用成績」「実際投資して感じたこと」、また「ウェルスナビで運用するデメリット」を詳しくお伝えします。

 

よろしければ、参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

WealthNavi(ウェルスナビ)のロボアドバイザー投資ってどんなもの?

コーヒーカップと本

 

ロボアドバイザー投資は複数の会社がサービスを提供していますが、私が運用をお任せしているのは、WealthNavi(ウェルスナビ)というところ。

 

預かり資産は2018年4月5日時点で700億円を突破し、預かり資産とユーザー数で業界NO.1の会社です。

 

朝日新聞、雑誌「週刊東洋経済」の“日本を変える100社”に掲載されたり、NHK、民放のテレビ番組などでも紹介されたりしています。最近ではテレビCMが放送されていますよ!沢村一樹さんです。

 

 

ウェルスナビが対象としている主なターゲットは、まさに私達の年齢層です。ウェルスナビのホームページにも、このように書かれています。

忙しく働く30~50代の方々が、豊かさを感じられる社会を。 老後資金の準備にも自己責任が求められるこの時代に、忙しく働く方が安心して快適に、将来の備えを作れるように。
そのために、わたしたちはロボアドバイザーを作りました。 資産運用は投機ではありません。 資産を守り育てるための機会を、WealthNaviがご提供します。

引用:ウェルスナビHP

 

どんなサービスなのかをしっかり知りたい所ですよね。 続けてウェルスナビのサービスの説明を見てみましょう。

 

世界水準の金融アルゴリズムは、これまで一部の富裕層や機関投資家など、特別な層だけのものでした。
テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。

引用:ウェルスナビHP

 

つまり、普通の人たちが今まで使えなかった「高度な金融アルゴリズム」を使って、人工知能(AI)が私たちの代わりに、自動で国際分散投資を行ってくれるサービスってことなんですね。

 

すごい時代になりました!

 

でも、代わりに投資をやってくれるっていったいどういうこと?と思われるかもしれません。

 

具体的には、

 

  1. 目標金額とリスク許容度の設定
  2. 最適なポートフォリオの自動構築
  3. 入金
  4. 自動発注
  5. 自動積立
  6. 分配金の自動再投資
  7. 自動リバランス
  8. 自動税金最適化(DeTAX)

 

これらが全部自動で行われるんです。つまり、投資にかかる手間の全部です(笑)。

 

肝心の投資対象は、米国市場に上場している「ETF(上場投資信託)」。これに投資することで、約50ヵ国、11,000社以上の株主になれるんですって。なんだか嬉しいですね。

 

簡単に「wealthNavi」がわかる動画はこちら↓

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)の始め方は簡単?運営会社は?

花瓶に入った花

ウェルスナビの始め方

 

ウェルスナビの始め方はいたって簡単!

 

  1. ウェルスナビのHPにある、6つの質問に答え、運用プランと最適なポートフォリオを提案してもらう。(WEB上で即診断してくれます)
  2. 口座開設に進み(WEB上で申し込みが出来ます)、早ければ2日後に口座開設完了。
  3. 口座開設完了後に、「目標金額」と「リスク許容度」を設定。
  4. ウェルスナビの口座に「入金」。
  5. 平日20時までにリスク許容度を設定している場合、その日の深夜にETFを自動購入、翌日の朝にはポートフォリオが確認できる。

 

このような流れとなっています。

 

ウェルスナビの基本情報も見ておきましょう。

  • 投資対象:海外ETF(上場投資信託)
  • 最低投資額:10万円~
  • 手数料:預かり資産の年率1%、 3,000万円を超える部分は0.5%(長期割あり)
  • 口座開設費:無料
  • 入金手数料:無料(クイック入金、自動積立のみ。銀行振込は自己負担。)
  • 出金手数料:無料

 

ウェルスナビの運営会社は?

 

ウェルスナビを運営しているのは「ウェルスナビ株式会社」で、2015年04月28日に設立されました。

 

代表取締役CEOは、東京大学法学部を卒業し財務省勤務、マッキンゼー勤務の経歴を持つ、柴山和久氏です。

 

 

ウェルスナビは、「将来の資産作りに悩んでいる、忙しく働く30~50代を豊かにすることを目指している」珍しいビジネスモデルの企業です。

 

柴山氏は、こう話しています。

ゆくゆくはWealthNaviを、日本における新しい「金融インフラ」として育てたいと考えています。鉄道や郵便、水道といったインフラは、一部の人だけが使えるものではなく、どこに住んでいてもどんな人でも使えます。資産作りを考える誰もが、使いたいときに安心して使える存在になりたいのです。

引用:ウェルスナビHP

 

こういう想いで運営されているんですよね。「頑張って欲しいなぁ」という気持ちになります。

 

 WealthNavi(ウェルスナビ)での実際の運用成績は?

棒グラフ

さて、ウェルスナビがどういうものか、どういう想いで運営されている会社なのかを少し知っていただいた所で、普通の主婦である私の運用成績をご紹介したいと思います。

 

私が運用を開始したのは2017年3月ですので、運用開始から1年2ヶ月たちました。

 

今現在の運用成績は、こんな感じです。

ウェルスナビ運用実績

 

 

ウェルネスナビを始めた時に30万円入金し、自動積立でトータル22万円しているので、現在の投資額52万円に対する結果です。

 

それで今、円ベースで+¥30,701 (+5.90%)、ドルベースで+$403.29(+8.70%)となっています。

 

1年2ヶ月約3万円増えました。

 

結構よい成績だと思うのですが、どう感じられますか?

 

運用成績についての詳細は、こちらの記事で詳しくご紹介しています。参考にどうぞ。

家が3つ並んでいる画像

ウェルスナビで主婦が約1年投資した結果は大損?ブログで実績を公開!

2018年5月12日

 

ちなみに自動積立とは、自分が指定した銀行口座からあらかじめ設定した金額(1万円~)を、ウェルスナビが自動的に引き落とししてくれるサービスです。 引き落とし日は「6日、12日、20日、26日、末日」(休日の場合は翌営業日)の中から、選ぶことが出来ます。

 

ですから、まさに本当に私は何もしていません。

 

私の設定したリスク許容度に合わせて、自動で毎月ETFを購入してくれています。 リバランス(ポートフォリオを最適な状態に調整すること)も半年ごとに自動でしてくれるので、完全お任せですね。

 

最近では、3月にリバランスされていました。

ウェルスナビリバランス画像

 

このように、「値上がりした銘柄は利益確定して、割安になった銘柄を購入する」ということも自動でやってくれるんです。

 

自分で購入する場合は、ポートフォリオを自分で考えることから始まり、購入するETFの選定、購入、運用の最中には自分でリバランスも行わなければなりません。

 

それを全部代わりにしてくれるのが、ロボアドバイザー投資の最大の魅力であり、メリットというわけですね。

 

WealthNavi(ウェルスナビ)に投資して気付いたデメリットとは?

女性が景色を眺めている

ウェルスナビでロボアドバイザー投資をしてみて、気づいたデメリットが2つあります。

  1. 元本割れのリスク
  2. 手数料の高さ

 

詳しくみてみましょう。

 

1.元本割れのリスク

 

ウェルスナビでのロボアドバイザー投資は、ぜひ長期運用してください。1年2ヶ月投資してみて、短期運用には向いていない投資方法だと感じたからです。

 

1年2ヶ月たった今はプラスの運用成績になっていますが、利益がマイナスになったことが何度かあります。

 

2017年3月に始めて、1ヶ月後の4月には、-14,472円という時もありました。つい最近では、2018年の3月に-8,137 円 になったこともあります。

 

これは、「ウェルスナビで主婦が約1年投資した結果は大損?ブログで実績を公開!」という記事に詳しく書いていますが、アメリカの株価暴落為替相場の影響が原因です。

 

でもそれを気にせず、毎月コツコツと投資していたからこそ、今は+3万円の利益となっています。

 

ウェルスナビのホームページにも、長期投資の必要性が書かれています。

 

私もこのロボアドバイザー投資に関しては、よほどの事がない限り長期投資する予定です。

 

全て自動運用ですから自分で何もすることはないですし、細かく結果を見るのではなく、1年単位で利益が増えていればいいや!というつもりで投資していきます。

 

2.手数料の高さ

 

ウェルスナビは、手数料が高いと言う口コミを見かけることがあります。

 

ウェルスナビの手数料は、預かり資産の年率1%3,000万円を超える部分は0.5%です(長期割引というサービスがあって、6ヶ月毎に運用金額50万円〜200万円未満で年率0.01%、200万円以上で年率0.02%手数料を割り引いてくれます)。

 

例えば100万円をウェルスナビで運用していると、年間で手数料として1万円とられるという事です。

 

これを「もったいないお金」と思うかどうかが、判断が分かれるところ。自分でETFの売買をすると、だいたいの場合手数料として1%はかかりませんから。

 

私は割り切ることにしました!

 

確かに毎月引かれる手数料は気になりますが、完全お任せで運用できているので、考えようによっては手数料は決して高くありません。

 

なんといっても、ETFを選ぶ手間も、買い付ける手間も、リバランスする手間も、なにもかも代わりにやってくれるからです。

 

しかもしっかり利益が出ているので、最近では「この手数料で済んで有難い」と感じています。

 

AIが私の代わりに運用してくれているから払うお金です。面倒な事を引き受けてくれているのですから、当然だ!と思うことにしました。

 

まとめ

 

一度始めると、本当に手間がかからず「ほったらかし投資」が出来るので、子育て、家事、仕事と色々忙しい主婦には本当にピッタリですよ。

 

自動積立にしておけば、本当に貯金感覚で出来ます。

 

デメリットとして、元本割れのリスクやAIに代わりに運用してもらう「高めの手数料」がありますが、長期投資をすればそのリスクは大きく下がります

 

ウェルスナビは、ホームページで簡単に無料で運用シミュレーションができます。

 

ぜひ、一度無料診断(所要時間、最短1分)をやってみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク

アーカイブ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です