映画「万引き家族」は実話が元ネタ!あらすじや配役は?カンヌで最高賞受賞!

スポンサーリンク

 

2018年の第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督の作品である「万引き家族」が、最高賞となるパルムドールを受賞しました。

 

日本人としては、21年ぶりの快挙となります!

 

「万引き家族」は、是枝裕和監督の“この10年間考えつづけたことのすべてが詰め込まれた渾身の一本”であるとのこと。

 

ちなみにこの映画は、実話に着想を得て製作されました。

 

いったいそれはどんな事件だったのか?映画の配役は?など、気になることをまとめました。

 

スポンサーリンク

 

映画「万引き家族」のあらすじは?

 

 

2018年のフランス・カンヌで開催された「第71回カンヌ国際映画祭」のコンペティション部門授賞式で、日本人としては21年ぶりに、是枝裕和監督の作品万引き家族」最高賞にあたるパルムドールを受賞しました。

 

この作品のテーマは、「家族を超えた絆」。

 

高層マンションの谷間に今にも壊れそうな平屋に治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活費は、万引きで稼いでいた。

社会という海の底を這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲よく暮らしていた。冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かねた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが明らかになっていく。

引用:TOHOシネマズ

 

このようなあらすじとなっていますが、父親役のリリーフランキーさんが「作品を通じて、今までの人生のなかで一番家族を持ちたいと思った」と語っているように、家族の絆や幸せとは何かを考えさせられる作品となっています。

 

親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続けていた、ある家族の実際にあった事件をもとに製作された作品です。

 

映画「万引き家族」の配役(キャスト)は?

 

  • リリー・フランキー

息子と協力して万引きに精を出す日雇い労働者、柴田治役

是枝監督作品に過去3回出演。監督は「映画「そして父になる」のあんなリリーさんをもう一回撮ってみたい」との気持ちで、またオファーしたとのこと。

 

kaori_murai 村井香さん(@muraikaori)がシェアした投稿

 

  • 安藤サクラ

リリー・フランキー演じる治の妻・柴田信代役

是枝監督が「想像をはるかに超えてすばらしかった」と絶賛するほどの演技を披露。

 

安藤サクラさん(@sakuraando)がシェアした投稿

 

  • 松岡茉優

信代の妹の柴田亜紀役

是枝監督作品には初出演で、この作品では風俗で働く役です。

 

@mayuketchupがシェアした投稿

 

  • 城桧史

リリー・フランキー演じる治の息子・柴田祥太役

「座った瞬間にほぼこの子でいこうとピンと来ました。いつまでも見ていられると思いました」と監督が言うように、オーディションで選ばれました。

 

  • 樹木希林

年金暮らしの祖母、柴田初枝役

是枝組の常連で、是枝作品の「顔」ともいえます。

 

Senyum Japanese Magazineさん(@senyum_my)がシェアした投稿

 

  • 池松壮亮

松岡茉優演じる柴田亜紀が働くJK見学店の常連客「4番さん」役

 

sxsxke1990さん(@sxsxke1990)がシェアした投稿

 

他に、緒方直人さん、森口瑤子さん、山田裕貴さん、片山萌美さん、高良健吾さん、池脇千鶴さん、柄本明さん、佐々木みゆさん、がキャストとして出演されています。

高良健吾さんと池脇千鶴さんは、主人公一家の「仕事」を捜査する刑事役。柄本明さんは、一家の子供たちを見守る駄菓子屋の店主役です。

 

 

映画ランド(公式)さん(@eigaland)がシェアした投稿

 

映画「万引き家族」は実話が元ネタ!どんな事件?

 

「万引き家族」は、実際にあった事件を元に製作されたそうです。

 

「親の死亡届を出さずに年金を不正に貰い続ける」という事件は相次いで起こっており、是枝裕和監督が着想を得たという事件は、具体的にどの事件とわかっているわけではありません。

 

過去には86歳の女性が、50年もの間両親の死亡届を出さず、総額5千万円ものお金を不正に受け取ったという事件もありました。

 

「年金を不正に貰い続ける」という事件に、「東京の下町で暮らす平凡で貧しい家族が実は犯罪で生計を立てている」というストーリーが組み合わさって、家族の絆ってなんだろう?と問いかける作品となっています。

 

まとめ

 

是枝裕和監督が10年間考え続けてきたことが全部込められているこの作品は、人と人との繋がりが希薄な今の時代に向けた、真の“つながり”を問う感動作となっています。

 

家族とは何か、少年の成長の物語、色々な目線で見れる作品です。

 

配役もすばらしくキャストがかなり豪華なので、内容もさることながら見ごたえのある作品といえるのではないでしょうか。

 

映画「万引き家族」の一般公開は、2018年6月8日(金です。

 

ぜひ見に行ってみて下さい!

 

是枝裕和監督が自ら小説化した、映画ノベライズ版の「万引き家族」の本が出版されます。こちらも楽しみですね。


万引き家族【映画ノベライズ】

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です