大阪のミラクルエッシャー展に行ってきた!待ち時間はあった?混雑や感想をお伝えします

スポンサーリンク

 

大阪の天王寺にある「あべのハルカス美術館」で行われている、『ミラクルエッシャー展』に行ってきました。

 

大阪のミラクルエッシャー展にこれから行こうかな?と思っている時に気になるのは、「混雑状況」や「待ち時間」ではないでしょうか?

 

そこで、私が行った時の混雑や待ち時間、エッシャー展に行って鑑賞した感想をご紹介します。

 

バカリズムさんの音声ガイドも借りて聴きながら回ってきたので、その感想も^^

 

ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク

 

大阪のミラクルエッシャー展の開催場所は?

大阪 ミラクルエッシャー展

 

東京に続き、2018年11月16日(金)~2019年1月14日(月・祝)の期間で、大阪でもミラクルエッシャー展が開催されています。

 

場所は、大阪の天王寺にある「あべのハルカス美術館」

 

地上300m日本一の超高層ビル「あべのハルカス」地上16階にある美術館で、鉄道各線「天王寺駅」からすぐに行ける場所にあります。

 

行き方は下の地図を参考にしてみて下さいね^^

 

あべのハルカス美術館 行き方参照:あべのハルカス美術館

 

あべのハルカス美術館の「開館時間」「休館日」「チケット代」「エッシャー展のみどころ」などは下記記事で詳しくご紹介していますので、参考にどうぞ。

 

エッシャー展大阪

ミラクルエッシャー展大阪の混雑や待ち時間は?見どころやグッズも紹介

2018年8月18日

 

大阪ミラクルエッシャー展に行ってきた!混雑や待ち時間は?

 

大阪ミラクルエッシャー展 待ち時間

私が大阪「あべのハルカス美術館」で行われている『ミラクルエッシャー展』に行ったのは、ミラクルエッシャー展が始まってから5日ほどたった、平日のお昼間(12時半頃)です。

 

東京の混雑ぶりが凄かったようなので、「どれくらい待ち時間があるんだろう・・・?」「1時間待ちとかだったら帰ろうかなぁ・・・。」などと思いつつ、ドキドキしながら向かいました。

 

エレベーターで16Fに到着すると、あべのハルカスのキャラクター「あべのべあ」と「エッシャー展の看板」がお出迎え。

 

あべのハルカス美術館

 

ちなみに「あべのハルカス美術館」がある16Fは、外に出て景色を眺めることも出来るんです。

 

久しぶりだったので、私も外に出て16階からの景色を眺めてきましたよ^^

 

エレベーターを降りたらすぐに、あべのハルカス美術館の「チケット売り場」「エッシャー展の入口」があるのですが・・・

 

チケット売り場は、この通りガラ~ン。誰も並んでいません。

 

エッシャー展 チケット売り場

 

ちょっと驚きです。

 

エッシャー展の入口も上に写真を貼り付けてありますが、行列どころか誰も待っておらず、入口にいるスタッフさんにチケットを渡してすぐに入れました。

 

というわけで、平日12時半ころに行った時の「チケット売り場の行列」「入館の行列」ゼロ

 

待ち時間があると覚悟して来たので驚きましたが、嬉しかったです。

 

次に、「会場内に入ってからの混雑はどうだったのか?」「作品はゆっくり見れたのか?」を書いていきますね。

 

大阪ミラクルエッシャー展はゆっくり鑑賞できた?音声ガイドは?

 

大阪 ミラクルエッシャー展 出品目録

 

ミラクルエッシャー展はゆっくり鑑賞できた?

 

美術館の中に入ると、どんな作品が展示されているのかが分かる「出品目録」が置いてありますので、それをもらいました。

 

すぐに音声ガイドを借りるところもあり、私は音声ガイドを借りました。

 

音声ガイドについての感想はのちほどご紹介しますので、ここでは中に入ってからの「エッシャー展」の混雑具合や感想について書いていきますね。

 

東京の時は美術館の中に入るまで行列が出来ていなくても、いざ中に入ったら中は大混雑!

 

「作品の前に人がいっぱいいて、全然ゆっくり見ることが出来なかった」という感想を見かけました。

 

エッシャーの作品は版画ですし、そりゃあもう、どうなったらこんな作品が作れるんだ?と不思議で不思議でじっくり見てしまうので、作品の前で長く立ち止まってしまう気持ち分かります^^;

 

分かりますが、でも近くでじっくり見たいですよね~。

 

作品の前に人がいっぱいいたらどうしよう?と思いましたが、そんな心配をする必要はありませんでした。

 

中もすいていたんです!!

 

さすがに最後の方の作品のあたりは人が少し多くいましたが、それでも一つの作品をじっくり見ることが出来る感じでしたよ。

 

バカリズムさんの音声ガイドや音楽を聴きながら、ゆっくり見て回れました。

 

所要時間は、約1時間と少しというところでしょうか。

 

大阪のミラクルエッシャー展が始まってまだ間もない平日の昼間だったので、これくらいの人の数だったのかもしれません。

 

間違いなく後になれば後になるほど混雑してくると思いますので、エッシャー展に行かれる際は、早目の日程で行かれる事をオススメします。

 

ミラクルエッシャー展の音声ガイドの感想は?

 

550円で音声ガイドを借りました♪

 

音声は、芸人活動にとどまらず、ナレーションや役者などの多方面で活躍されている「バカリズム」さん。

 

終始おだやかな口調でありながらハッキリと聞きやすく、とても良かったです^^

 

音声ガイドの機械は携帯電話みたいになっていて、音声ガイドが聴ける作品の前でその番号を入れ、耳に当てて聞きます。

 

エッシャー展 音声ガイド

 

もちろんボリュームも自分で調整できますし、何回でも解説が聞けて便利でした。

 

「エッシャーがこんな事を言っていた」とか、「エッシャーがこの作品を作った時の時代背景はこうだった」とか、興味深い話が沢山聞けて嬉しかったです。

 

「エッシャーは勉強があまり得意でなく、高校は2度落第した」とか。

 

こんな素晴らしい作品を作る天才でも、勉強はまた別だったのでしょうか。不思議です(笑)

 

ところどころ音楽つきの解説もあってそれも楽しめましたし、サカナクションさんの展示会公式ソング『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』を聴きながら作品を見るのもまた楽しかった。

 

とても良かったので、ぜひぜひバカリズムさんの音声ガイドを聴きながら「ミラクルエッシャー展」を楽しんでいただきたいと思います^^

 

ミラクルエッシャー展はどうだった?感想は?

 

エッシャー展の中には座れるソファーがあって、そこに販売されているエッシャー展の図録が見本で置いてありました。

 

買おうかどうか迷っている人も多いと思うので、見本が見れるのは嬉しいですよね。

 

ソファー席に座りながら作品を眺めたり図録を見たり出来て、とっても良かったです。

 

実際エッシャーが彫った版木が展示されていたのですが、1つの版画に何枚もの版木が彫られていて、興味深かったです。

 

1番の目玉作品である「メタモルフォーゼⅡ」は幅4mもの超大作ですが、圧巻の一言。

 

とても素晴らしい作品で、見入っちゃいました^^

 

どの作品も本当に素晴らしかったので、ぜひゆっくり鑑賞していただきたいと思います。

 

大阪ミラクルエッシャー展まとめ

 

始まって間もない平日の昼間に行ったからか、会場内は予想外にすいていて、ゆっくり作品を楽しむことが出来ました。

 

バカリズムさんの音声ガイドは、とてもオススメです。

 

時にユーモアを交えながら、作品の話やエッシャーの話など、色々と聞くことが出来ますよ。

 

普通に回るより、楽しさが2倍くらいになったなと、私は感じました^^

 

ミラクルエッシャー展はとても見応えがありましたので、ぜひ楽しんできてくださいね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です