神田明神初詣2021の混み具合は?コロナ対策や参拝時間も紹介!

神田明神 初詣 混み具合 コロナ対策

パワースポットでも有名な、東京都千代田区にある神田明神。

毎年、初詣には大勢の人が集まり大変にぎわいます。

そんな神田明神は2021年の初詣もたくさんの人が参拝に訪れることが予想されますが、2021年は例年通りとはいかないようですね。

全国の神社やお寺は徹底的にコロナ対策にあたると思われ、様々な規制や変更が強いられることも少なくないでしょう。

神田明神初詣2021の混み具合や、空いてる参拝時間帯などをあらかじめ頭に入れておくと安心です。

新年の始まりを安全に安心して出かけられるよう、今回は

  • 神田明神初詣2021の混み具合
  • 神田明神初詣2021コロナ対策
  • 神田明神初詣2021の参拝時間
  • 神田明神初詣2021の駐車場
  • 神田明神初詣2021の屋台

 

について、じっくりまとめてみました。

 


神田明神初詣2021の混み具合は?

神田明神は、毎年30万人もの参拝客が訪れる都内でも有名な人気スポット。

神田明神初詣2021の混み具合は、とても気になるところですよね。

毎年の例を見てみてみますと、神田明神は大晦日の31日は一度閉門され元旦の0:00に門が開門されます。

そのため大晦日の23:00頃から大勢の人が集まりだしそのまま午前3:00頃までが一番混雑する参拝時間帯となっているようです。

混み合う参拝時間帯を避けるのが一番の混雑回避の対策になると思いますので、まずは元旦0時~の参拝は避けることをオススメします。

神田明神では、公式サイトのTOPページで境内と参道の映像がほぼリアルタイムで更新されていますよ。

簡単にスマホで混雑具合をチェックできますので、参拝に出かける前に一度チェックしてみて下さい。

だいたいの人出・混み具合が確認できます。

>>神田明神公式サイト(初詣境内24hライブ配信で確認できます)

今年の初詣の混み具合を見てみると、1月の中旬~下旬には結構人出が少なくなっているようでした。

上記の画像は、1月20日の日中の人出です。

神田明神公式サイトにも「1月8日頃から旧正月の2月3日にかけてご参拝いただければと存じます」という文が掲載されています。

お正月にいかないとご利益がないという事もないと思いますので、1月下旬ころに初詣に行くとかなり混雑を回避できるのではないでしょうか。

 


神田明神初詣2021のコロナ対策は?

神田明神初詣2021のコロナ対策について、まとめてみました。

神田明神で行われる主な対策は、以下の通りです。

  • 月8日頃から旧正月の2月3日にかけての参拝を推奨。
  • 神田明神の公式HP上でオンラインでお札やお守りを授与できるサービスを行う。
  • 企業の昇殿参拝の人数制限:4日・5日に限り御社殿に入れる人数を2人まで、神田明神ホールでの祈祷も1社5人まで。
  • 柄杓(ひしゃく)は撤去(柄杓を使わない手水)。
  • 参拝者の動線をスムーズにするために、一方通行や左右の幅を拡げるなどの対策。

 

神田明神側で行われるコロナ対策はこのような感じですが、私たちも幸先詣(通常より前倒して年内から縁起物の授与を行う)などを取り入れるとよいかもですね^^

年明け前の参拝として、話題になりました。

神田明神初詣2021の混み具合を考えると、幸先詣も選択肢の一つになると思います。

マスク着用や消毒、なども積極的に心掛けたいですね。

 


神田明神初詣2021の参拝時間や参拝期間は?

神田明神初詣2021の参拝時間や参拝期間は、以下の通りです。

<参拝時間>

常時開門。お賽銭箱の前で24時間参拝可能。

<御札・お守り授与の場合>
1月1日(金祝)00:00~22:00
1月2日(土)~3日(日)08:00~22:00
1月4日(月)~5日(火)07:00~22:00
1月6日(水)~7日(木)08:00~22:00
1月8日(金)08:00~19:30
1月9日(土)~31日(日)09:00~18:30

神田明神は境内には「お守り自動頒布機」や「おみくじ自動頒布機」なども設置されています。

少し味気ない感じはしてしまいますが人の手を介さずにお守りなどを入手できるので、「自動頒布機」を利用するのもアリですね。

 

神田明神初詣2021の駐車場は?

神田明神初詣2021は、周辺道路の混み具合も大変心配されます。

神田明神には参拝者駐車場が少しあるのですが、お正月期間は利用できません

有料にはなりますが神田明神から徒歩約5分の所に、

  • 秋葉原UDXパーキング(800台収容・24時間営業・1日料金平日 2,000円)
  • 秋葉原ダイビル駐車場(112台収容・営業時間7:00〜23:00・1日料金 2,000円)

があります。

台数的には一見多く見えますが、電車やバスなどの交通機関を使わずマイカーで参拝に訪れる人も少なくないと思われますので、周辺駐車場も混雑が予想されますね。

スムーズに駐車場を確保するのは難しいと思われるため、出かける前に駐車場を確保しておく事をおすすめします。

駐車場の予約が出来るサイトがあるので、一度そちらをチェックしてみて下さい。

こちらのサイトでは、神田明神周辺で予約できる駐車場が28件ありました。>>予約できる駐車場「タイムズのB」

 

神田明神初詣2021の屋台は?

神田明神初詣2021は混雑が懸念されており、屋台の自粛も検討されています。

例年は神田明神の参道両側にたくさんの屋台が連なって初詣をカラフルに彩り、特に三が日は屋台がにぎわっていてお正月気分を演出していました。

しかし神田明神初詣2021は人と人との密な混み具合を避けるため、屋台などは自粛や縮小が予想されます。

残念ではありますが、たくさんの人が集まるため、コロナ対策を重視するのは仕方ないですよね。

もし屋台が並んでいる場合は例年でしたら22時くらいまで屋台の営業はやっていましたので、屋台が気になる方は22時までに参拝に行ってみてください。

 

まとめ

今回は、神田明神初詣2021の混み具合やコロナ対策、参拝時間、屋台についてまとめてきました。

おすすめする参拝時間は、「お正月3が日に行く場合は、1日〜3日の5:00~8:00の早朝に行く」です。

ですが可能でしたらお正月三が日は避けて、5日以降に参拝に行かれる方が混雑回避にはなるかと思います。

1月下旬ともなれば、かなり快適に参拝できそうですよ^^

神田明神初詣2021では、公式サイトでリアルタイムで初詣の混み具合を見ることができます

ぜひ初詣の人出のチェックをしてから、参拝に訪れてみて下さい。

神田明神の周辺にはわりと大きめな有料駐車場がありますが、お正月期間はとにかく混雑する事が予想されます。

事前に予約をするか、時間をずらして参拝してみてくださいね。

今年は屋台が出ていない可能性も高いですが、例年ですと22時くらいまでは屋台は営業していました。

今はとにかく我慢の時期。

神田明神初詣に出かける時には安心安全を心掛け、良い2021年になるよう乗り越えていきましょう!