三浦龍司(順天堂)の経歴や家族・記録は?身長体重・スパイクのメーカーも!

三浦龍司 経歴 家族

高校生の時から、数々の大会で記録を残していて陸上界では有名な三浦龍司さん

2020年11月1日に行われた「全日本大学駅伝」では、三浦龍司さんの通っている順天堂大学は8位でした。

ですが、三浦龍司さんは第1区を走り区間賞を区間新記録にて受賞しています。

そんなすごい走りを見せた三浦龍司さんは、いったいどのような家族に囲まれて生活をしてきたのか?

また、今までの経歴や、身長などの体格、履いている靴などなど気になる点がたくさんありますね^^

ということで今回は、三浦龍司(順天堂)の経歴や家族・記録は?身長体重・スパイクのメーカーも!と題してまとめて行きたいと思います。

 


三浦龍司(順天堂)の経歴や記録・身長体重も!

三浦龍司さんの経歴やプロフィールについて、ご紹介していきます。

テレビや観客席で見ていても、実際の身長や体格までは分かりませんよね。

周りの選手と比較することはできますが、おおよそでしか知ることができません。

いったい身長は何cmくらいなのか?また、併せて経歴についてもご紹介していきます。

 

三浦龍司の経歴!出身中学や高校・プロフィールは?

三浦龍司さんのプロフィールと出身校は、以下の通りです。

  • 名前:三浦 龍司(みうら りゅうじ)
  • 生年月日:2002年2月11日
  • 出身地:島根県
  • 身長:167cm
  • 体重:55kg
  • 中学校:浜田市立浜田東中学校
  • 高校:私立洛南高等学校

2020年12月現在18歳の三浦龍司さんは、小学校の陸上ジュニアスクールから中学や高校と続けて、陸上一筋でこれまでやってきました。

陸上の中でも短距離から長距離、障害などさまざまなものがありますが、始めたころはいろいろな競技に挑戦されていたようです。

中学生の時には長距離が1番好きで得意としていたことから、陸上競技の名門とも言われる京都府の洛南高校から声がかけられて入学をします。

高校に入学後は、3000m障害をメインに練習に取り組んでいました。

1年生の時に出場したユース大会では、大会新記録をだしたりインターハイでは京都府新記録を出したりするなど、輝かしい実績を残しています。

高校では数々の成果を残して、その後三浦龍司さん憧れの選手である塩尻和也さん(富士通)と同じ順天堂大学に進学をしまそた。

 

三浦龍司の陸上の経歴・記録は?

三浦龍司さんがこれまでに残してきた記録は、下記の通りです。

  • 近畿高校ユース:9分10秒78 大会新記録(高校1年9月)
  • インターハイ京都大会:8分52秒27 京都府高校新記録(高校2年)
  • 近畿高校ユース:8分46秒56 U18日本記録(高校2年9月)
  • 日本選手権予選:8分39秒37 日本高校新記録(高校3年6月)
  • 箱根駅伝予選会:01時間01分41秒 第1区区間賞記録更新(大学1年11月)

それぞれの大会で、見事な成績を納めてきているということが分かりますね!

これだけの記録を残すために、日々もの凄い努力を積み重ねてきているかと思います。

直近で行われた駅伝の予選会では、障害以外の競技では初めての挑戦だったそうですが、見事記録を残しています。

元々のポテンシャルも、きっと高いのでしょうね^^

 


三浦龍司(順天堂)の家族は?

順天堂大学のスーパールーキーと言われている、三浦龍司さん。

いったいどのような家族に囲まれて生活をしていたのか?気になります^^

三浦龍司さんは、なんと小学1年生の頃から陸上のジュニアスクールに通っていました。

小さな頃から始めたということで、もしかしたら両親のどちらかが陸上をしていてその影響で始めたということも考えられますね。

後ほど出身校でもご紹介しますが、三浦龍司さんは島根県にある浜田市立浜田東中学校を卒業しています。

海や川など自然に囲まれた環境で育ってきたことが分かるので、きっと沿岸や川沿いの堤防などで小さいころから走っていたかもしれませんね。

ご両親や兄弟などの家族構成の詳細については分かりませんでしたが、情報がまた出てきましたら追記してご紹介します。

 


三浦龍司のスパイクのメーカーは何?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【全日本大学駅伝~1区~】1区で一番印象に残ったのは#三浦龍司 選手! 三浦くんはいつも想像以上の走りをする。見てるだけでわくわくするし、目が離せない🤩ほんとに強い!! スパートが速すぎて新幹線みたいだった笑 こんなに面白い選手はじめて🤣✨ 【1区の感想】城西大の砂岡くんは予選会でも強いなって思ってたけど、1区でも最後まで先頭に喰らいつく走り。やはり粘り強い!駒澤の加藤さんも安定感があってとても良い位置で襷を繋いだ、優勝の立役者。一年生がたくさんいたけど、明治の児玉くんや東海大の佐伯くん、早稲田の辻くんは箱根に期待できるな〜

明日香(@koma_toyo2)がシェアした投稿 –

高校に入学するまでは、ミズノのスパイクを愛用していた三浦龍司さん。

記録を残し始めた高校生の時は、ナイキを主に使用しています。

2020年7月に行われた大会では「ナイキのエアズームビクトリー」を、2020年11月に行われた予選会では「ナイキのアルファフライ ネクスト%」を履いていました。

ナイキのシューズは、駅伝に出場している選手たちの中でも人気の高い物になっているため、軽さや走りやすさなどがいいのでしょうね!

ちなみに11月に行われた箱根駅伝の予選会では、緑のカラーのシューズを履いていましたよ。

 

まとめ

今回は、三浦龍司(順天堂)の経歴や家族・記録は?身長体重・スパイクのメーカーも!と題してまとめてみました。

三浦龍司さんがどんな人なのか?経歴などについて、詳しく知ることができたでしょうか。

小学生のころから陸上を始めていることから、恐らく両親のどちらかがもともと陸上をしていて、その影響で始めたかもしれないということも分かりました。

三浦龍司さんは高校から現在までたくさんの記録を残していて、陸上界ではスーパールーキーと呼ばれるすごい人物でした。

また大学に入学後使用しているスパイクは、ナイキのアルファフライ ネクスト%ということも分かったので、これからランニングや陸上などのスポーツを始める方は参考にしてみてはいかがでしょうか。