小学校の入学準備にはいくら必要?用意するものやいつから始めるのがベストか紹介!


 

「自分の子供もやっと小学生。でも、入学準備っていくらかかるの・・・?」と不安をお感じではないですか?

 

小学校の入学準備っていくらかかるのか、気になりますよね。

 

そこで、この記事では

 

  • 「小学校の入学準備にいくら必要なのか?」
  • 「小学校の入学で用意するものは何なのか?」
  • 「小学校の入学準備はいつからするのがベストなのか?」

 

この悩みを解消できるよう、小学校の入学準備について詳しく説明していきます!

 

 


小学校の入学準備にいくら必要?

 

 

実は、入学準備には15万円ほど必要になります。

 

この金額は、公立の小学校に入学する際の準備費用の平均ですので、私立であればもう少しかかって、15~20万円ほどの出費となります。

 

結構な金額ですよね。

 

義務教育といえど、意外とまとまったお金が出ていくことになります。

 

では次に、入学準備として最低限用意した方がよいものをご紹介していきますね。

 


小学校入学準備を万全に!最低限用意するものは何?

 

 

小学校へ入学する前に用意しておきたいものは、以下のとおりです。

 

 

  • ランドセル
  • 名札
  • 体操着、袋
  • 赤白帽子
  • 上履き、袋
  • 防災頭巾、カバー
  • 文房具一式(筆箱、鉛筆、消しゴムなど)
  • 手さげ袋
  • 子ども用入学式のスーツ・ワンピース

 

 

以上の金額をすべて合わせると、約10万円

 

さらに、保護者用の入学式用の服や、家で使う学習机を買い足すと、15万円ほどになります。

 

小学校の説明会のあとにすぐ購入しに行けるよう、上記の費用を目安に準備しておきましょう。

 

私立小学校の場合は、さらに制服を購入する必要があります。

 

それに加え、学校指定の学習用品を買う場合は公立小学校より高額になることが多いです。

 

中には、筆箱や傘も無地のものと決めている学校もあるので、15~20万円ほどかかると考えておくと良いでですよ。

 

 

子供の安全のために防犯ブザーやキッズケータイなどを持たせる予定であれば、上記にプラス5,000円ほど多めに見積もっておくと安心です。

 

保護者が着る入学式用のフォーマルな服は、入園式のものを使いまわすことができます。

 

もし、新しく買う必要があれば2~4万円ほどかかることになりますが、入学式・卒業式どちらでも着られるデザインのものであれば一着で済みますね。

 

使うものにそこまでこだわりがなく出来るだけ安く済ませたい場合は、おさがりや幼稚園などで使っていたものをそのまま使い続ける方法もあります。

 

たとえば、学校の指定が特にないようであれば、幼稚園で使っていた手さげ袋を使うのも手です。

 

実際私は、子供の手さげ袋にくまの刺繍をしてある手提げ袋を持たせていたのですが、その刺繍をとって、小学校でも使用してもらいました^^

 

また入学式で子供に着用させるスーツは、先輩のママ友からおさがりをもらえるかもしれないので、一度相談してみるのもいいと思います。

 

もし、まわりに小学校を卒業したお友達がいるようなら、体操着や防災頭巾など、だいたいのものをおさがりでもらえることがありますよ。

 

ほかにも、リビングで勉強を見てあげる予定であれば、学習机を購入せずに済むのでその分のお金は浮きますよね。

 

公立でも私立でも、事前の説明会で学校の規定がないか確認することが重要といえます。

 

また、まわりに相談できる相手がいれば、正しい準備をしておくためにもぜひ積極的に聞いてみましょう。

 

小学校の入学準備!いつから始めるのがベスト?

 

 

一般的に入学準備を始めるのは、小学校の説明会が終わってからです。

 

入学準備に必要なものは学校によって異なる場合があるため、不要なものを買ってしまわないためにも、説明会に参加したあとがベストと言えます。

 

小学校の説明会は1月~2月の間に行われることが多いので、入学までの約1ヶ月間でそろえるイメージを持っておくと良いですよ。

 

ただランドセルについては、説明会の時期より早く売り出すことが多いです。

 

人気商品やほしいランドセルが決まっている場合は、夏までに予約しておくのがオススメ。

 

私の周りでは、女の子は赤やピンクより他の色を選ぶ子供が多かったですね。女の子で黒(中はピンク)を選んだ子もいましたよ^^

 


日本製ランドセル 女の子 アリスランドセル in フラワーガーデン 送料無料2020年度モデル A4対応 赤 ピンク 茶色 刺繍 学習院型 キューブ型 クラリーノ[YKKS2] P6010

 

男の子は結構乱暴にランドセルを扱うので^^;丈夫でスポーツのロゴが入っているのが人気でした!

 


[購入特典ネームタグ付き]セイバン PUMA<プーマ> ランドセル スタンダードエディション 2020 3カラー pb19ge

 

早めに購入しておくことで、出費を分散させることも出来ます。

 

特にこだわりがなければ、2月以降に店頭の見本品を買うことも出来ますよ。

 

文房具などは必ず用意するべきものですが、あまり早くから買うことはオススメしません。

 

学校によっては、「キャラクターものは禁止」など説明会で言われることもります。先に購入しておいたものをまた買いなおすのは勿体ないので、注意して下さいね。

 

小学校の入学準備はいくら必要?用意するもの・いつから始めるのかまとめ

 

小学校の入学準備には、意外とお金がかかります。

 

公立か私立かで多少の差はありますが、どのくらい用意しておけばいいのか把握しておくことで、事前に費用を準備しておくことが出来ますね。

 

ランドセルについては、売り出す時期が年々早くなってきています。

 

お気に入りの商品を購入したい場合は、春~夏には費用を準備しておきましょう。

 

ランドセル以外の学用品は、学校説明会が終わったあとに用意すれば十分間に合うので、学校の指定はないか、まわりのママ友と相談しながらそろえていければベストだと思います。

 

直前になって「あれがない!これがない!」と慌ててしまわないように、早くから少しずつ用意をして、小学校入学に備えて下さいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です