未満警察ミッドナイトランナー5話ネタバレと感想!

未満警察 5話 あらすじネタバレ

中島健人さん、平野紫耀さん主演の「未満警察ミッドナイトランナー」

警察学校を舞台に中島健人さん演じる本間と平野紫耀さん演じる一ノ瀬が、毎回色々な事件に巻きこまれながらも、リアルタイムで事件を解決していくフルスピードクライムサスペンス。

この記事では、第5話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第5話のゲストキャストは、蓮佛美沙子さん、桜田通さん、高橋努さん、渋江譲二さんの4人!

では早速、2020年7月25日に放送された「未満警察ミッドナイトランナー第5話」のネタバレをしていきたいと思います^^

 


未満警察ミッドナイトランナー5話ネタバレ!

今回の事件は・・・・

とあるクラブの周りで、薬物事件のがさ入れの準備をする刑事丸橋と根本率いる警察たち。

クラブの中では、凜花たちがバタバタと逃げる準備をしています。

警察官たちが突入しますが、もうクラブの中には凜花たちはいないのでした。

警察たちが取り逃がしたことを悔しがっているところに、一ノ瀬と本間がニコニコしながらやってきます。

二人は外出許可を取り、クラブに遊びに来ていたのでした。

警察たちは2人を犯人グループの仲間だと思われ、連行されてしまいます。

その情報は警察学校の及川と片野坂の耳にも入ります。

取調室では、朝、やっと身元が確認できたことを伝えられます。

警察は2人に覚せい剤取引の犯人たちの写真を見せて知らないかどうかを尋ねます。

写真を見たとたん、一ノ瀬は顔色を変えます。

「凜花です・・・俺の幼馴染です。」

 

前代未聞の潜入調査。

凜花が一ノ瀬の幼馴染だと知った丸橋と根本。

警察学校の及川と片野坂に2人に潜入調査をしてほしいと頼みにいきます。

明日の日没に大きな取引があるが、アジトがわかっていないと。

及川はあまりに無謀だと止めますが、これ以上手がないのだろう片野坂と話をします。

本間と一ノ瀬は寮の部屋にいました。

凜花の写真を見ながらため息をつく一ノ瀬。

一ノ瀬は本間に、凜花は初恋の人だったこと、お兄ちゃんの恋人だったことをうちあけます。

本間「・・・・。そしたら、助けてあげたら?」

逮捕することは犯罪者を救うことになるかもしれない。

凜花さんが悪いことをしていたら、一ノ瀬のおかげでまた更生するかもしれない。

悪いことをしていなかったらそれはそれでいい。と励まします。

一ノ瀬は「快君さすがだよ!」といって少し元気を取り戻します。

そこへ、丸橋と根本、及川がやってきて「お見つけ役を条件に許可が下りた。」

2人は潜入捜査に向かうことになります。

一ノ瀬は、凜花に連絡を取り、待ち合わせをします。

バスから凜花が降りて、一ノ瀬を見つけると笑顔になります。

「ジロちゃん久しぶり~~~!!」

2人はばれないように凜花の情報を聞き出します。

凜花は、最近会社を立ち上げた。

物を配達する人が足りていないから、そこに目を付けた。

その話を聞いて、本間は「自分たちもその会社で働かせてほしい。」と頼むのでした。

一瞬不穏な表情をするものの、凜花はすぐ笑顔になり、「人足りてないんだもん!早くいってよ~。」というのでした。

そこで2人は凜花に連れられ、ある倉庫内に連れられます。

そのにはガラの悪い集団の男と女がいました。

キックボードとわたし、入社試験をすることを話します。

15時に配達で、住所を知らされた2人はキックボードをけり配達に向かいます。

一人の女が口をひらきます。

女「凜花さん・・・・。あいつらほんとに信用できんすか?」
凜花「幼馴染だよ。身内みたいなもん。」
女「身内とか家族とか信じちゃいけないって私らが一番わかってるんじゃないですか?」
男「口答えすんなよ。凜花さん信じてやってきたから俺たちデカい仕事さばけるようになったんだろ。」

話しをしていると、バットをもった黒ずくめの男たちがやってきました。

凜花「あいつら殺しにも手を染めたって聞いた。出るよ。」

そのころキックボードで荷物を運んでいた2人。

途中で中身を確認しますが、中身はベビー用品でした。

ほっと胸をなでおろし、荷物の配達を続けるのでした

荷物の配達先に行き、中に入り警戒していると、クローゼットから凜花が「わぁ!」と出てきます。

「時間通り!合格ごうか・・・・。」

凜花はお腹を押さえてうずくまってしまいます。

一ノ瀬「なんか悪い物でも食べた?」
凜花「食べてない・・・。」
一ノ瀬「じゃあ妊娠か!」

笑顔で冗談を言う一ノ瀬でしたが、本間は「あながち冗談でもないみたいだ・・・。」と見つけた母子手帳を一ノ瀬に見せます。

配達先は凜花のおうちで、家の中にはベビー用品がたくさんありました。

 

お腹の子は誰の子・・・?

一ノ瀬は凜花に誰の子か尋ねます。

一ノ瀬はお兄ちゃん、太郎の子供かと聞きますが、凜花は太郎の子供ではないと必死に否定します。

一ノ瀬はお兄ちゃんか何にも聞いてないと少し言い合いになってしまいます。

凜花「今度は北海道に運んで。物はお腹の子。」

この部屋の荷物と一緒に北海道に運んでほしいと。

一ノ瀬と本間はそんなことはできないといいますが、私の会社で働きたかったら文句言わないで運ぶの!と感情的に怒ります。

「・・・。もう私の会社に入るって話もなしだから・・・。」

結果的に潜入捜査できなかった2人。

丸橋と根本になんてことをしてくれるんだと怒鳴られます。

めずらしくとても落ち込む一ノ瀬。

本間と一ノ瀬は退学にはならなかったものの、及川に「お前たちは何もしていない、いや、できなかったんだ。」と怒られてしまいます。

 

落ち込む一ノ瀬、これからどうする・・・・

一ノ瀬はまた寮で凜花の写真を見ていました。

「あんなの俺の知ってる凜花じゃない・・・。逮捕されちゃえばいいんだ・・・。」

一ノ瀬と本間は同期の高木に話を聞きに行きます。

高木はシングルマザーで、子供を預けて警察学校に入っています。

高木からシングルマザーの気持ちを聞いた2人。

「もし、ご両親がいなかったとしたら、だれを頼る?」
「・・・・。友達かなぁ・・・・。」

そのあと、一ノ瀬と本間は2人で話をします。

本間「SOSだったんじゃないかな・・・。」「身の危険を感じているんだ。」

一ノ瀬は、それなら正直に助けてくれって頼めばいい。といいますが、本間はそれなら一ノ瀬は凜花に正直に好きだと言えたことがあるのか?と尋ねます。

本間「俺たちは大事なことに限って正直に言えない。凜花さんのこと守ってあげなよ。」

場面は変わり、またもや縄張り争いでたくさんの未成年が殺されます。

それを調査する柳田。

「こっち方面やばいことになってんな~。」

 

凜花救出作戦開始!!

朝、本間は及川に一ノ瀬が柄にもなく落ち込んでいて、寝込んでいるとうそをつきます。

そして、一ノ瀬はまた黙って寮をでて凜花の家へむかいました。

一ノ瀬はそこで凜花に自分はあのクラブにいたこと、凜花のほんとの仕事も知っていること、そして凜花に足を洗ってほしいと思って居ることを伝えます。

凜花「あの会社はたたもうと思っている。」と話します。

今日大きな取引があり、それで終わりにすると。

ピー――――ンポーーーーン

凜花は立ち向かおうとしますが一ノ瀬が制止します。

そうしていると次々とヘルメットをかぶりバットを持った男たちがはいってきます。

一ノ瀬は凜花に逃げろと言い、たたかいます。

ですが相手はバット。

凜花を逃がしたあとやられてしまいます。

黒い男の一人「行くぞ。凜花さんを逃がすな」凜花は途中までは逃げたものの、一ノ瀬が心配になり戻ってきてしまいます。

凜花が戻ってきてしまい、残りの力を振り絞って男たちを振りほどき凜花を連れて逃げ出します。

何とか逃げ切った一ノ瀬と凜花。

一ノ瀬「凜花、あいつら何?」
凜花「うちらのぶつねらってる。」

この覚せい剤を売ればやっと300万貯まり、この街を出て行って子供をそだてると話します。

太郎が生きてた頃の自分とは違うと泣きます。

そこへ仲間の男がやってきて、今日の取引場所が変更になったといいます。

一ノ瀬はボディガードとしてついていきます。

一ノ瀬は本間に連絡し、本間は潜入調査として外出届けを出しにいきます。

 

裏切者はだれ・・・

変更された取引場所へ向かうと、家で襲ってきたヘルメットのバットの男が出てきました。

そして、おもむろにヘルメットを外すと、それはいままで一緒に物を売りさばいてきた仲間だったのです。

凜花「何これどっきり?」

男は凜花がこれを最後にどこかに行こうとしていたことががっかりだったと話します。

一ノ瀬が来たことで予定が狂ったと。

男「ですよね?」

そういって後ろから出てきたのは何と、この覚せい剤事件の刑事、一ノ瀬と本間を潜入調査をさせようとした根本だったのです。

根本の目的は凜花の会社を乗っ取ることが目的だったのです。

根本は警察がこういう会社と手を取り合うことで何があってもごまかすことができると話します。

そういって銃を一ノ瀬にむけます。

そのころ凜花の家では凜花に頼まれベビー用品を箱に詰めていると、箱の隙間から1枚の紙を発見します。

 

警察が裏切っていた。この事件どうなる・・・

根本が発砲した瞬間球をよけ凜花を連れて逃げる一ノ瀬。

根本と裏切った仲間たちは必死で2人を追いかけます。

ですが、逃げた先は行き止まり。

絶対絶命の一ノ瀬、肩を銃弾がかすめ、一ノ瀬は痛みに苦しみます。

根本「これで終わりだ…。」

「終わったのはお前たちの方だ。」

声の方見ると、本間が助けに来てくれていました。

本間は根本を攻撃し、戦います。

凜花を守るため戦っていると、

パン!!!

と銃声が響き、「警察だ!」と及川と丸橋たちがはいってきます。

丸橋「勘弁しろよ・・いつから汚職刑事やってんだよ。」

一ノ瀬「どうだ、みたか!俺の友達だぞ!」

 

凜花を逮捕するのは・・・・

事件が終わり、パトカーや救急車で騒がしい倉庫。

一ノ瀬「あの・・・自分たちって逮捕できますか?」

一ノ瀬は丸橋刑事に頼みます。

手錠をもらった一ノ瀬は「望月凜花。覚せい剤所持の容疑で逮捕する。」と凜花に手錠をかけるのでした。

凜花は「ヒーロー目指しているってこういうことか。」と笑います。

「太郎の夢を継いだんだね。ジロちゃんは偉いよ。」

「凜花さん!!凜花さーーーん!」

そういってベビー用品を詰めていた仲間の女が凜花を呼びます。

一ノ瀬「少しだけいいですか?」

そういって凜花を連れていく一ノ瀬。

本間はその様子を見ながら及川に「凜花さんはやりなおせるのでしょうか。」と尋ねます。

「そのために警察官がいる。そのために私たちはお前たちを育てている。」

そう話します。

仲間の女は凜花に一枚の紙を渡します。

「凜花さんこれ!おもちゃの箱に挟まってて・・・・。」

そこには、たくさんの名前の候補の中から、花という名前にたくさん丸が書いてあるか身が出てきました。

太郎は、子供の名前までしっかり考えていたのです。

凜花は「この子の名前、花っていうんだ」と泣きながら言うのでした。

一ノ瀬は凜花がパトカーに乗るのを黙って見つめます。

凜花はパトカーの中でまた紙を見つめて涙を流します。一ノ瀬はパトカーが見えなくなるまで見送るのでした。

一ノ瀬「思ってたのと違った。」
本間「何が?」
一ノ瀬「初めて手錠をかけるときのこと。」
一ノ瀬「ぐ~ちょうだい。」

そういって一ノ瀬はこらえていた涙を流すのでした。

一ノ瀬は凜花を救ったんだよと話す本間。

「さぁ。帰ろう。」

 


未満警察ミッドナイトランナー5話を視聴した感想は?

未満警察ミッドナイトランナー5話を視聴した人の感想をご紹介します♪

 


まとめ

未満警察5話ネタバレあらすじ・感想!と題して、ご紹介してきました!

第5話は、平野紫耀さん演じる一ノ瀬次郎が、大切な人を信じて守り抜く姿に感動した!という声が多く聞かれました。

第6話は、解決されたはずの大事件が再び動き出す「逆襲篇」で本格サスペンスになるとの事。

益々楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です