MIU404|10話ネタバレと感想!久住の正体は?

MIU404 10話 ネタバレ

星野源さん、綾野剛さん主演のMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)。

MIU404の舞台は「警視庁刑事部 第4機動捜査隊」で、街中で起こった事件を24時間以内の解決に挑む物語です。

この記事では、第10話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

9話ではラスト5分、いや2分の展開に度肝を抜かれたMIU404。

爆弾テロの犯人が明かされる?!

またしても監督は#4「ミリオンダラー・ガール」#5「夢の島」#8「君の笑顔」で指揮を取った竹村監督です。

今回のサプライズゲストは、小日向春平さん。ガマさんこと小日向文世さんの息子さんが登場。

あー、またしてもラスト3分でやられました。

合言葉は、「了解相棒!」

では早速、MIU404第10話のネタバレをしていきたいと思います!

 


MIU404 10話のあらすじは?

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)が追っていたエトリが、ドローンに仕掛けられた爆弾で死んだ。司法解剖の結果、エトリの正体は5年前に起きた殺人事件の容疑者であることが判明。誰が何の目的で彼を殺したのか? 1機捜の糸巻(金井勇太)の調べで、エトリはいつも、システム開発に詳しい若い男の指示を受け行動していたことがわかる。

志摩はその若い男こそ、久住(菅田将暉)という男ではないかと考える。久住と面識があるのは留置場にいる高校生の成川(鈴鹿央士)だ。桔梗(麻生久美子)は、成川から久住について聞き出すよう九重(岡田健史)と陣馬(橋本じゅん)に指示。そして、伊吹と志摩にはその裏付け捜査をするよう指示し、4機捜が一丸となって爆弾犯の行方を追うが…

一方、ナウチューバー・REC(渡邊圭祐)は、逮捕された成川に代わり「浜田」と名乗る情報源から、ドローン爆発事件に関する極秘ファイルを受け取る。

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 


MIU404|10話のネタバレ!「Not found」

メケメケフェレット

エトリが死んだ。

護送車で移動中に、何者かが操る爆弾を積んだドローンに衝突され炎上。

本名は鴻上悟。

過去の殺人事件の容疑者で、逮捕前に投身自殺したとされていたが目と鼻を整形し生き延びていた。

影のドンのような存在だったが、側近の話によるとエトリはいつも誰からか指示を受けていたようだ。

その男は20代の男性で、仮想通貨の知識が豊富。

以前は大手のシステム会社に勤めていたという。

その男は、久住なのか?

成川の話によると久住は池袋のシェアハウスを拠点にしており、「人脈つくって、金つくれば生きていける」そう言っていた。

シェアハウスを捜査。

受付の店員に久住の話を聞くが、既に引き払った後だった。

シェアハウスの店員も利用客も、ほとんどがドーナツEPに気楽に手を出していた。

久住は大阪の天王寺出身で不遇な環境で育ち、母親はごみのように死んでいったという。

シェアハウスに身を寄せる若者は似たような弱みや社会からの疎外感を持った者が多く、そこにつけ入りクスリを広めていった。

隠し金庫には数冊のパスポートや印鑑、複数のSIMカードを使い人の魂を奪う悪魔。

志摩:久住は”メフィストフェレス”のような奴だ。

伊吹:むじーよ。メケメケフェレット?何語?

 

真実を見抜け

ナイトクローラーチャンネルに、エトリの死亡事故の真相をUPするREC。

この事件は警察の悪事を隠蔽(いんぺい)するための自作自演と、勝手な推測をさも真実のように流している。

さらに4機捜について調べると、機動捜査隊のHPは”404 Not Found”と表示され警察の悪事を隠すための秘密部隊だと言い始めた。

視聴回数はすぐに50万回を越えた。

RECの家を訪ねる伊吹と志摩。

自分がUPした情報は真実だ、と言うREC。

伊吹:あんたの情報源、”浜田”ってのは存在しねーよ。

浜田の正体は爆弾を落とした犯人、久住。

RECが真実だと拡散している情報は、犯罪者によって造られた嘘の情報だったのだ。

志摩:あなたは点と点を強引に結び付けてストーリを作っているだけだ。自分が騙されているとも考えず、与えられた情報を調べもせずに拡散する。

桔梗はハムちゃんを匿っていたことがネットで拡散され、記者に囲まれる。

警察を叩くことで盛り上がるネット民の誹謗中傷は止まらない。

警察の闇を暴け

真実を見抜け

ちょっと前までは”美人すぎる隊長”ともてはやされていたのに、手のひらを返したように”感じ悪い” ”シングルマザー””育児放棄してそう”

SNSが勝手に作り上げた人物像が拡散される。

反論しない相手は叩きやすい。

みんな誰かを裁きたくてしょうがない。

 

死んだ奴には

九重が機捜ではなくなった。

キャリアに傷がつくことを心配した九重の父が、警視庁に戻すことを命じたのだ。

九重:勝手に入れて今度は戻すなんて、だれの人生やとおもっとーとや!

陣馬:警察庁で登って行くためには経歴は大事、お前は俺たち兵隊とは違うんだ。

陣馬:「その分、お前は俺たちとは違うことができる」

九重:「俺って。うんざりするほど恵まれてますよね」

桔梗が帰宅した。

留守番を頼まれていた志摩が機捜うどんを作って待っていた。

晩酌をする志摩と桔梗。

こっちは働いてんだよ。古臭い男社会でめげずにきっちりやって来た人の努力を何だと思っているんだ。

悔し涙がこぼれる。

警察は正義だ。

正義は弱い。弱いからこそみんなで応援して戦っていかないと消えてなくなって行くのかもしれない。

すっかり酔った桔梗は、亡くなった夫の写真を抱きかかえる。

志摩の恋心?はまたしても報われずだ。

「死んだ奴には勝てねーよ。」

 

Soon

ドーナツEPは、辰井組のルートからも外れていて未出所が掴めない。

国内で生産されている?

成川の話によると大田区の”65”ってところに久住所有の工場があるらしい。

陣馬が動く。

志摩にRECから電話が入る。

警察が嘘をついているのか、情報源の”浜田”と名乗る男が嘘をついているのか。

自分には判断がつかなくなったという。

SOONというソフトを使えば、ID登録なしで身元を明かさずに通話のやりとりできる。

それを使って浜田と連絡を取るというのだ。

カメラをOFFにして、志摩と伊吹もその場に立ち会った。

浜田(久住)はSOONでのやり取りを承諾。

RECは”護送車を爆破したのは警察だ”と発信した根拠を警察に説明しなければならないので、爆弾の出所、確証のある情報源を教えてくれと浜田(久住)に答えを求める。

REC:情報が間違っていたら、罪に問われるのはネットに流した自分ですから情報の担保が欲しい。

久住:今頃気づいたんですか?

情報の正確さを調べもせずに、不特定多数に安易に情報を流した自分にハッとするREC。

志摩の筆談により、久住を追い詰めたように見えた。

しかし久住は最後に言った。

久住:底辺ナウチューバーが私を騙そうとしても無駄です。そや、また爆弾落とすで。あんたのせいやで。あんたと、あんた”ら”と。

久住からはカメラをOFFにしていても、RECと志摩、伊吹の姿は見えていた。

RECが初めにファイルをクリックしたあの時、PCを乗っ取るウィルスが仕込まれていたのだ。

またしても久住は、クズを見捨てた。

久住:俺は人間やないんやから、人間がどうなろうと、どーでもええ。

久住の後ろで、出前太郎が配達に来ている。そのわずかな音声に気付いた伊吹。

場所は中目黒のシェアオフィス。久住の居所が判明した。

爆弾犯を、捕まえろ!

 

Not found

久住はRECのPCを遠隔操作し、都内12か所に爆弾を落とすと予告メールを各所に送信。

予告時間は23時。あと3分。

RECのチャンネルから動画が配信される。

爆弾を積んだ12台のドローンが飛び立つ。

渋谷、スカイツリー、歌舞伎町、各所で爆発が起こり人々の悲鳴が上がる。

ニュース速報やツブッターでは爆発のニュースが瞬く間に広まった。

同時多発テロ?

目黒区北目黒病院でも爆発の通報が。

久住の居場所まであと少しの404、北目黒病院も近い。

久住確保を取るか、爆発現場急行を取るか。ハンドルを握る志摩は迷う。

どうする、、

どうする、、

伊吹:死んだ奴には勝てないって言ってたけど、生きてりゃ何回でも勝つチャンスがある!

その言葉で決意を固めた志摩。

志摩:了解、相棒

生きていれば久住は必ず捕まえられる。今は病院に向かい命を救う正義を取る。

伊吹と志摩、2人で導いた答えだった。

病院に到着した404。

まさかの光景だった。

病院は無傷。静寂した外観を車内から唖然として見つめる伊吹と志摩。

感電が流れる

やられた。

テロは現実には起きていない!

存在しない!

見えない敵に手も足も出ない。

ネットに上がっている情報、動画、ニュース速報はフェイク。

久住の作ったニセの映像。

全てがフェイク、Not found。

ツブッターでは、引き続き嘘か本当かも分からない情報が飛び交う。

”テロの犯人はメロンパン号に偽装!情報求む!!”

#MIU404 のタグをつけ、ツブッターに投稿が上がった。

道行く人たちがメロンパン号を撮影する。

”テロ実行犯の車発見”

ツブッターに拡散。早々にまとめ記事がUPされている。

#MIU404 のタグをつけて、トレンド入りだ。

久住:便利やなぁ、親切さんもおるで。

情報の真意を確かめず、次々にメロンパン号の足取りを教えてくれるツブッター。

その軌跡と逆の方へ、ゆっくりと歩く後ろ姿が夜の街に消えていった。

 


MIU404|10話を視聴した感想は?

もうここ数話はおふざけ要素が全くなく、画面にクギ付けにさせられてしまいます。

10話のキーワードは、フェイク。

Not Found をフェイクと見立て、存在しないもの、存在を確かめないことを揶揄した内容で、ネット社会で生きる私たちには胸の痛いお話でしたね。

ネット上で作り上げられたソースも、不確かな情報や人物像。

それを瞬間的に信じ、共感し良かれと思って拡散する。

RECのセリフにあったように、あまりにも日常過ぎてそれが悪いことなのか、悪い人の手助けになっているのか、もはや判断がつきません。

そんなことを思いながらも劇中でトレンド1位になった#MIU404はリアルにもトレンド1位となって、それに喜んでタグを追いかけ興奮する自分がいるんですよね。

MIU404の言いたい事ってなんなんだろう、ラスト1話を残しそんなことを考えてしまいます。

ルールを守る正義の強さ

犯罪を犯すものの憂い

犯罪を起こさざるを得ない社会

不確かな情報に踊らされるネット社会

無責任な正義が、他人を傷つける

テーマが沢山ありすぎて、これが最後にきれいに収まるのでしょうか。

伊吹が発した”メケメケフェレット”

もしこのシーンが3、4話あたりの前半だったら「伊吹かわいい~!」と話題になっていたと思います。

しかし緊迫した10話で登場したこのワードは、「実在しない動物、これもフェイク?」と見事に視聴者を10話の世界観に導いていました。

10話の”感電”が流れる場面。

いつもは”泣き”ポイントとして流れるのに今回は希望から ”絶望” ”唖然” そんな心情に切り替わった、なんとも言えない悔しさと「またやられた」感を演出してくれる入り方でしたね。

ネット上の感想もご紹介します。

<「MIU404」動画を無料で見る方法>

「MIU404」の動画は、Paraviで配信中!

Paraviで視聴するメリットは、下記の通りです。

  • 登録後2週間無料(2週間以内に解約すれば料金は0円で一切かかりません!)
  • Paraviにある多くの動画が課金なしで見放題(アンナチュラルも無料で視聴可能!)
  • ダウンロードが可能で、スマホなどで外で見てもデータ量の心配なし
  • アカウントの共有OK(1つのアカウントで6つまで追加が可能)

 

Paraviは、日本経済新聞社やテレビ東京、TBS、WOWOW、博報堂、電通などが共同出資している動画配信サービスなので、安心して利用できます。

登録後2週間以内に解約すれば、お金は一切かかりません^^

 

まとめ

MIU404|10話ネタバレあらすじと感想!と題して、ご紹介してきました!

次週、最終話のタイトルは《  》 MIU404の世界、”2019年”は、この《  》と、どうつながって行くのでしょうか?

”伏線回収” ”隠しアイテム” そんなことを気にせずに、ただ画面に集中して何も考えずに見届けようと思います!

来週も本当に楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です