ノンアルコール除菌シートは新型コロナウイルスに効果なし? 予防や殺菌は可能?

新型コロナウイルス 除菌シート

ノンアルコールの除菌シート(ウエットティッシュ)が、新型コロナウイルスに効果があるのかどうか気になっていませんか。

新型コロナウイルスにはアルコール消毒が有効と言われています。

でも今って、アルコール消毒液が全然売っていないですよね。

「あっ、そうだ!家に除菌シートがあったな。」と思ってみてみたら、全てノンアルコールのウエットティッシュ・・・。

今は除菌シートもアルコールタイプは中々手に入らないので、ノンアルコール除菌シートでもコロナウイルスの対策に使えるのなら利用したいところ。

ネット上では、「ノンアルコールの除菌シートだったら薬局やスーパーでまだ売っている。買うべきなの?」という声も聞かれます。

そこでこの記事では、「除菌シート」と名のついているノンアルコールの除菌シートがコロナウイルスに効果があるのか買ってストックしておくべきなのかという事についてご紹介していきますね。

>>スマホにコロナウイルス対策が必要なのか?消毒の方法は?の記事はこちら

>>アルコール除菌スプレー簡単手作り!作り方はこちら

 


ノンアルコール除菌シートは新型コロナウイルスに効果なし?

結論から申し上げますと、ノンアルコールの除菌シートは新型コロナウイルスにはあまり効果はないようです(T_T)

コロナウイルスのようなエンベロープのあるウイルスには、アルコールが膜を壊してウイルスにダメージを与えられる事がわかっています(アルコール濃度は70%~80%必要)。

やはり重要なのは、アルコール消毒という事。

ノンアルコール除菌シートは名前の通りアルコールが含まれていませんので、アルコールによる効果は期待できないという事になりますね・・・。

ウエットティッシュタイプの除菌シートを購入するなら、やはりアルコールタイプの必要があるようです。

 

アルコールはもちろんですが、厚生労働省からは「次亜塩素酸」も有効と発表されていますね。

手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0.1%)が有効であることが分かっています。

引用:厚生労働省WEBサイト

次亜塩素酸を使った、家の中のウイルスや花粉を除去できるサービス(次亜塩素酸水溶液+小型噴射機のレンタル)もあります。

無料お試しできるようなので、一度試してみてもよいかもしれません。→ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

次亜塩素酸は、アマゾンなどでも購入できます。


次亜塩素酸 たっぷり大容量 2500mL 高濃度 500ppm ジアニスト 除菌 消臭

 

ノンアルコール除菌シートの成分は?

でも我が家にあるノンアルコールタイプのウェットティッシュには、99%除菌と書かれています。

もしかしたら少しは効果があるのかも?と期待して、調べてみました。

ネット上にも、このような声がいっぱいあります。

ノンアルコール除菌シートの効果を知りたいですし、もし少しでも新型コロナウイルスの対策が出来るなら買っておきたい所ですよね。

我が家にあるウエットティッシュの裏面に書かれている成分を見てみると、

水、フェノキシエタノール、BG、グリセレス-26、安息香酸Na、ベンザルコニウムクロリド、クエン酸、ヒアルロン酸Na

こう書かれています。

このノンアルコールの除菌シートの成分の中で除菌として効果があると思われるのは、「フェノキシエタノール」「ベンザルコニウムクロリド」

「フェノキシエタノール」はエタノールという名前がついていますが、一般にアルコールと呼ばれているエタノールとは別の成分だという事です。

化粧品にもよく含まれている成分で、殺菌というより防腐剤の役割で使われているよう。

これはウエットティッシュにおいても同じようです。

ですから、ノンアルコールタイプの除菌シートで除菌として役割を果たすのは「ベンザルコニウムクロリド」という成分のようですね。

我が家にはシルコットというノンアルコールタイプの除菌シートもありますが、こちらにも「ベンザルコニウムクロリド」が含まれていました。

ネット上にも

このような声がありましたので、「ベンザルコニウムクロリド」がコロナウイルスにの除菌に効果があるのか調べてみました。

 

ノンアルコール除菌シートの成分は新型コロナウイルスに効果あり?

この「ベンザルコニウムクロリド」ですが、新型コロナウイルスの除菌はできるのでしょうか?

ちなみにこの「ベンザルコニウムクロリド」ですが、化粧品成分表示名称が「ベンザルコニウムクロリド」で、医薬部外品表示名称が「塩化ベンザルコニウム」です。

調べてみたところ、花王のホームページの「ビ○レu 手指の消毒液」の紹介ページにこう書かれていました。

エタノール(アルコール)も含まれておりますが、有効成分はベンザルコニウム塩化物です。なお、新型コロナウイルスへの効果は確認できておりません。

参照url:https://www.kao.com/jp/soudan/topics/topics_105.html

愛知県のホームぺージの「感染症対策に関する県民の皆様へのお願い」というページにも、

消毒薬の一つである逆性石けん(塩化ベンザルコニウム)は、一般的にウイルスに対して十分な効果が得られないとされています。

参照url:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenkotaisaku/kansensyou-kenmin.html

こう書かれています。

ノンアルコールの除菌シートの成分では、現時点では新型コロナウイルスへの効果は期待できなさそうですね。

ですので、99%除菌とは書かれていますが新型コロナウイルスの菌の除菌には期待できない可能性が高いという事がわかりました。

 


ノンアルコール除菌シートで新型コロナウイルスは予防や殺菌できない?

上記に書いたとおり、ノンアルコール除菌シートに含まれている成分は新型コロナウイルスの除菌はあまり期待できないという事が分かりました。

じゃあコロナウイルスの予防や殺菌が出来ないなら、ノンアルコール除菌シートは買う必要なし?というとそうでもないように思います。

この季節はインフルエンザも流行っていますし、衛生的にも周辺のものを清潔に保つことは大事です。

ウエットティッシュは手軽にサッと使えるものですから、子どものおもちゃを拭いたり、電車のつり革を持った時に自分の手を拭いたりとノンアルコールの除菌シートも使ってみて下さいね。

 

ノンアルコール除菌シートは新型コロナウイルスに効果なし? 予防や殺菌は可能まとめ

ノンアルコール除菌シートは、新型コロナウイルスに効果がない可能性が高い事がわかりました。

アルコール成分が入っているものはコロナウイルスの外膜を破れるので効果があるようですが、ノンアルコールは名前の通りアルコール成分が含まれていないからです。

ですからやはりアルコール除菌シートが売っていたら、そちらを買って下さいね。

ですがこの季節気にするべき病気は、新型コロナウイルスだけではありません。

風邪も流行っていれば、インフルエンザも流行っています。ノンアルコール除菌シートで清潔に保ち、他の病気をもらわないようにする事も大切ですよね。

体が弱っていれば、新型コロナウイルスの菌をもらってしまう可能性も増えてしまいますから。

一番大事なのは手洗いうがいだと言われていますのでまずはそれを徹底して、アルコール消毒液やアルコール除菌シートが買えたらそれを利用する。

買えない時には、他の病気をもらわないように、清潔に保てるように「ノンアルコール除菌シート」を利用してみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です