浅草寺のおみくじがひける時間や良い順番は?凶の割合も知りたい!

スポンサーリンク

 

「浅草寺のおみくじって、凶ばっかり出るんだって!」

 

そんな話を耳にした事ありませんか?

 

浅草寺でおみくじを引いた人がよくウワサするのが、「凶が多い!」っていう話です。

 

浅草寺でおみくじを引いたら、自分を含め一緒に行った人みんな凶だったという話も・・・!

 

そこでこの記事では、これから浅草寺のおみくじを引きに行こうと思っているあなたに、

 

  • 浅草寺のおみくじがひける時間帯
  • 浅草寺のおみくじの良い順番
  • 浅草寺のおみくじの凶の割合

 

をご紹介したいと思います。

 

ぜひ最後まで読んでみてくださいね^^

 

スポンサーリンク

 

浅草寺のおみくじが引ける時間は?値段は?

 

 

東京の観光名所、浅草

 

そして浅草といえば、都内で最古のお寺である『浅草寺(せんそうじ)』が有名ですよね。

 

おみくじが良く当たると有名なのですが、なんと凶ばかり出るというウワサ。そんなおみくじが引ける時間帯や値段をまず見て行きます。

 

浅草寺のおみくじが引ける時間は?

 

お寺には、開堂時間閉堂時間があります。

 

これはお店でいう営業時間です。

 

浅草寺では午前六時に開堂し、午後五時に閉堂となります(ただし、10月~3月は午前六時半に開堂)。

 

公式ページでは先述したように記載がありますが、実際は午後六時に閉堂している事もあるようですよ。

 

普通のお寺ではおみくじはこの開堂中にのみ引けるのですが、浅草寺ではなんと24時間おみくじが引けます

 

ですので、平日の仕事終わりや運勢を急に占いたくなった場面でも引けるんです。

 

 

場所は、「宝蔵門」から「本堂」へ向かう途中にあり、雷門からまっすぐ行けばすぐ分かります!

 

浅草寺のおみくじの値段は?

 

そして浅草寺のおみくじですが、値段は100円です。

 

では次に、そんな浅草寺のおみくじの良い順番をチェックしておきましょう!

 

浅草寺のおみくじの順番と種類は?

 

 

おみくじを引くと大吉や中吉などいろいろありますよね。

 

吉と凶だと吉の方が良いというのはわかりますが、では中吉と吉、小吉と吉、どっちの方が良いのでしょうか。

 

まず、浅草寺のおみくじは次の7種類です。上から順番にお伝えしますね。

 

 

浅草寺では、このような順番になります。

 

・大吉

・吉

・半吉

・小吉

・末小吉

・末吉

・凶

 

 

おみくじの順番はお寺によって若干異なる場合がありますのでお寺ごとに確認することをオススメしますが、浅草寺の順番はこうです。

 

また、お寺によっては凶の種類も数種類ある所もあり、浅草寺のおみくじは種類の少ない部類に入ると思われます。

 

浅草寺のおみくじは凶が多い?入っている割合は?

 

 

浅草寺のおみくじは、凶が多いといわれてます。

 

その理由は、おみくじの起源となる良源(りようげん)上人の「元三大師御籤帳(がんざんだいしみくじちょう)」に記された割合をほぼ忠実に引き継いでいるからなのです。

 

日本のお寺や神社では、

 

  • 参拝客の気分が晴れるように
  • 凶が多いとおみくじを引いてくれなくなる

 

などの理由から、凶を少なくしている所も多くあります。

 

そういう事から、おみくじの起源をほぼ忠実に引き継いでいる正統派の浅草寺のおみくじが「凶が多い」と言われるようになったのです。

 

では、実際どのくらいの割合で入っているか見ていきましょう。

 

割合は次の通りになります。

 

 

  • 大吉(17%)
  • 吉(35%)
  • 半吉(5%)
  • 小吉(4%)
  • 末小吉(3%)
  • 末吉(6%)
  • 凶(30%)

 

 

実際に見てみると、凶が30%もあります。

 

でも、言い換えると吉(末吉含む)が70%もあるということですよね。しかも凶の30%よりも吉の35%の方が確立も高いんです。

 

ほかの神社やお寺と比較して、凶が出やすいという事なんでしょうね。

 

浅草寺のおみくじで凶が出ても大丈夫?!

 

 

浅草寺のおみくじの凶の割合は30%と分かりました。

 

結構な割合で入っているので引いてもおかしくないのですが、出来れば凶は引きたくないものです。

 

なんか運が悪いみたいで、なんとなく気分的にスッキリしないですものね。

 

でも、凶がでても大丈夫なんですよ^^

 

むしろ開運の兆し!?かもしれません。

 

浅草寺からも、以下のように言われています。

 

凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、吉に転じます。凶の出た人は観音様のご加護を願い、境内の指定場所にこの観音百籤を結んで、ご縁つなぎをしてください。

 

つまり凶がでたからといって落ち込むのではなく、誠実に過ごせば凶が吉になるという事です。

 

私の好きな考え方で「落ちたら上るだけ」といった考え方がありますが、開き直って基本に立ち返れば物事は良い方向に転じると考えています。

 

似た感じですかね^^

 

一方で大吉や吉が出たからといって驕(おご)っていては、運気も下がってしまうといわれています。

 

つまり、大吉が出たからといって油断してはいけないという事ですね。

 

凶を引いた時こそ、気持ちを引き締めて生活を見直してみると良いことがあるかもしれません。

 

おみくじを結ぶ場所や結ぶ理由は?大吉でも結ぶ?願いが叶う結び方も!

2019年12月5日

 

浅草寺のおみくじまとめ

 

浅草寺のおみくじの引ける時間おみくじの順番凶の割合などについてお伝えしました。

 

「たかがおみくじ。されどおみくじです。」

 

浅草寺のおみくじは「凶が多い」という話以上に、「よく当たる」という噂もあります。

 

ちなみに浅草寺のご利益には、「金運アップ」「開運」「縁結び」「先祖供養」があります。

 

ただ浅草寺は煩悩(ぼんのう)を祓うために修行するお寺で、そう言ったお寺では自分のお願いごとはあまりしないほうが良いとされています。

 

手を合わせて、最後に願い事を少し付け足すくらいがちょうど良いかもしれません。

 

この記事が、これから浅草寺に行くあなたにとって少しでもお役に立てると幸いです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です