名探偵ピカチュウ映画の評価や日本の興行収入は?海外の反応や評判も紹介!

名探偵ピカチュウ 映画 評価 興行収入

アメリカのハリウッドで作られ、2019年に公開された映画「名探偵ピカチュウ」

『ポケットモンスター』シリーズ初の実写映画ということで、いったいどんなお話なのか?面白いストーリーなのか?と気になるところではないでしょうか。

見た目はとってもかわいいけれど、中身がおっさん⁉でしかも人の言葉を話すピカチュウというのも想像がつかないですよね。

予告の段階からネットではピカチュウの姿に“しわしわピカチュウ”とニックネームがつき、注目の高さがうかがえました。

ゲーム「ポケットモンスター」をプレイしていた大人の方やアニメを見ている子どもたちなど幅広い層に愛されているポケモンですが、「名探偵ピカチュウ」実写映画の上映時の評価はどうだったのでしょうか?

またアメリカのハリウッドで作られたという事で、海外での反応や評判がどうだったのかも気になる所です。

ということで今回は、名探偵ピカチュウ映画の評価や日本の興行収入は?海外の反応や評判も紹介!と題してまとめて行きたいと思います。

 


名探偵ピカチュウ映画の評価や日本の興行収入は?

映画「名探偵ピカチュウ」ですが、その評価はどのような声が多く見られているのでしょうか?

ポケモンということで、どちらかといえば「子ども向け」の印象を受けるかと思います。

内容はどんな感じだったのか?ポケモンや世界観のビジュアルは?など見ていない人には、気になる点がたくさんありますよね^^

では映画「名探偵ピカチュウ」を見た方の評価と併せて、さっそく見ていきましょう。

 

名探偵ピカチュウ映画の評価は?

まずは、映画「名探偵ピカチュウ」の評価についてご紹介していきます。

  • それぞれのポケモンの名前くらいしか知らなかったけれど、とても楽しめる映画でした。親子で楽しめるいい作品だと思います!
  • ティムやピカチュウが、ミュウツーに立ち向かっていくところがとてもよかったです。
  • 主人公と相棒の絆みたいなものを感じました!
  • ただただポケモンがかわいかった!リアルにいたら、あんな感じなんだろうなと想像したらさらに楽しくなりました。
  • ストーリーは想像していたものと違ったけれど、そういうものだと思ってみれば全然よかった。
  • ピカチュウがかわいいから見たけれど、ストーリーにひかれて見入ってしまった
  • ピカチュウとティムが協力して謎を解いていく姿に、ドキドキハラハラした。

上記の通りさまざまな声がみられましたが、おおむね見て良かった!という評価でした^^

感想の中で1番多く見られた評価は、ポケモンたちについてです。

賛否両論ありましたが、いろいろなタイプのポケモンがいる中で、ふわふわしていたり水にぬれている感じだったりの表現がすごくリアルだったという声が見られましたよ。

わたしも映画館で映画「名探偵ピカチュウ」を見たのですが、同じようにポケモンたちの描写に驚いたことを今でも覚えています!

 

名探偵ピカチュウ映画の日本の興行収入は?

よく、テレビやCMなどでいわれている興行収入ですが、映画「名探偵ピカチュウ」ではどのくらいだったのでしょうか?

映画「名探偵ピカチュウ」の興行収入は、約30.1憶円でした。

単にこの数字だけを聞くと、ものすごい額に感じますよね!

では、この収入がどのくらい凄いのか?同じく2019年に公開された映画と比較してみましょう。

  • 天気の子 140.6憶円
  • トイストーリー4 100.9憶円
  • ライオン・キング(実写版) 66.7憶円
  • ミュウツーの逆襲EVOLUTION 29.8憶円

2019年に公開された映画で1番の興行収入を得ていたのは、「天気の子」で約140憶円です。

さすが大人気作品となった「君の名は。」に続く新海誠監督の作品「天気の子」は、すごい数字となっていますね。

ディズニー作品も人気があるので、やはり興行収入は高くなっています。

ですが同じポケモン映画である「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」と比較してみると、少しではありますが「名探偵ピカチュウ」の方が興行収入が良い事がわかりますね。

 


名探偵ピカチュウ映画の海外の反応や評判は?

アメリカにて作成された映画「名探偵ピカチュウ」ですが、海外の反応や映画の評価はどのようになっているのでしょうか?

海外の反応としてやはり多くみられたのが、ポケモンたちの見た目についてです。

かわいいという声や、リアルすぎてこわい!という声が多かったですよ^^

アメリカでは、ポケモンシリーズ初のPG指定(子供の鑑賞には、保護者の指導を推奨)となりました(日本では制限なし)。

それでもアメリカでの興行収入は高く、公開から最初の3日間で5430万ドル(約59.6億円)の記録をたたき出し、早い段階で制作費を回収したと言われています。

また「アベンジャーズ/エンドゲーム」の興行収入を一時的に上回った時もあったようで、かなりの人気となった事がわかりますね。

またどうして、映画「名探偵ピカチュウ」を実写版にて製作しようとしたのかも気になりますよね。

この作品のテーマは、私たちが勇気を出して誰かと繋がろうとする時に生まれる人生の魔法なんだ。どんな人間だって、一度はとことん打ちのめされ、立ち上がれない時がある。ティムがライムシティに来たのはまさにそんなタイミングで、彼は誰にも心を開こうとしない。だが希望に満ちた名探偵ピカチュウと友情を築いたことをきっかけに、父親を探す決心をする。実はこの作品は、父と子の関係を描きながら、“いつだってやり直しは効く”というメッセージを含んだ、感動作なんだ。ポケモンカードを集めながら育ったポケモンファンの目には、ポケモンと人間のユニークな関係と絆を描いた作品として映るだろう。つまり、本作は幅広いテーマを掲げつつ、ポケモンの本質をとらえた作品なんだ

引用:https://meitantei-pikachu.jp/pronote/

この映画には、製作した人たちのメッセージが詰まっているということが分かりました^^

父親を捜すためのティムとピカチュウの冒険には、製作側のこんな想いがあったんですね。

世界中のポケモンが好きな人たちに、この思いが届くといいなぁと思います。

海外でも日本と同様に高い評価が得られたため、はやくも続編の製作が決定しているようですよ!

 


名探偵ピカチュウ映画の評価・日本の興行収入・海外の反応・評判まとめ

今回は、「名探偵ピカチュウ映画の評価や日本の興行収入は?海外の反応や評判も紹介!」と題してまとめてみました。

名探偵ピカチュウ映画の中で特に評価が高く得られていたところが、ポケモンたちのビジュアルということがわかりましたね。

たくさんの種類がいるポケモンたちの細部にまでこだわって描かれているその姿は、たくさんのポケモンファンを魅了していました!

日本での興行収入はそこまで高くはありませんでしたが、同じポケモン映画「ミュウツーの逆襲EVOLUTION」と比較してみると高かったです。

このことから、普段のポケモン映画よりもたくさんの方が映画館へ足を運んで映画を見たことがうかがえますよね。

早くも映画「名探偵ピカチュウ」の続編の製作が決定しているので、どのようなお話が展開されていくのか?前作で登場しなかったポケモンたちが登場してくるのか?などたのしみがいっぱいです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です