ムビチケって何?前売り券との違いやメリット・デメリットをまとめてご紹介!


お得な映画前売券である「ムビチケ」について、詳しくご紹介しています。

映画前売り券として一般的になってきた「ムビチケ」ですが、使ったことがなく良く知らない、という人もまだまだ私の周りには多いです。

そこでこの記事では、「ムビチケって何?」「ムビチケと従来の前売り券との違いは?」「ムビチケのメリット・デメリットは?」などを詳しく書いてみました!

ムビチケをよく知って、上手に活用してみて下さい^^

 


ムビチケって何?前売り券との違いは?

ムビチケって何?

ムビチケとは、

  • ネットで座席指定ができる
  • 通常料金より安く買える

そんな「便利」「お得」な映画前売券のことです。

昔からある「前売り券」との大きな違いは、やはり「事前に座席指定が出来る」ことですね。

従来の前売り券とムビチケの違い

事前に座席指定ができれば、「映画館で窓口に並んでチケットを買う必要もない」し、「いっぱいで入れなかった!」なんて事も防げます^^

新しいイメージのあるムビチケですが、現在、劇場の約95%がムビチケに対応していますので、大きな映画館(大手シネコン)の場合ほぼどこでも利用可能です。

ムビチケ対応劇場のチェックはコチラからどうぞ→ムビチケ対応劇場

次に、ムビチケの「メリット」「デメリット」について詳しくご紹介していきますね!

 


ムビチケのメリットは?

 

ネット上で事前に座席指定が出来る!

メリットの1つ目は、なんといっても事前に座席指定できることです。

スマホでサクッと簡単に座席指定ができますよ!

座席指定がいつから出来るのかは劇場によって違いがありますが、「TOHOシネマズ」の場合、鑑賞希望日の2日前0:00~座席指定可能となっています。

たいていの劇場で、2~3日前から予約が可能な感じですね。

マリエ
事前に座席指定しておけば、当日窓口で並ぶことなく家族や友達と好きな場所に座れます!

人気の映画を見に行く時は、私はいつも座席予約して行きますよ♪

座席指定は、ムビチケのサイトではなく鑑賞予定の劇場サイトで行います。

「予定が分からないし、事前に座席指定の予約なんか出来ない!」という場合でも大丈夫!

ムビチケは映画を鑑賞する当日に、「劇場窓口」「映画館の自動券売機」でもモチロン座席指定が行えます。ご安心下さいね。

 

通常の料金より400円ほど安く買える!

ムビチケは映画の前売り券という事もあって、通常の料金よりも安く買うことが出来ます。

例えば、大きなシネコンである「TOHOシネマズ」を例にすると・・・

tohoシネマズ料金表

TOHOシネマズHP

このようにTOHOシネマズだと、大人(一般)は1,900円の料金がかかります。

でも前売り券であるムビチケは、ほとんどの映画が1,400円で購入できるためとってもお得!

TOHOシネマズだと500円も安く見れるという事になりますね。

もちろん子供料金もお得です♪(子供料金は元々お得なので、100円くらい安いだけですが)

ムビチケをさらに安く買う方法がありますので、詳しくは下記の記事を読んでみて下さい^^

ムビチケ 安く買う方法

ムビチケ(ネットで座席指定できる映画前売券 )を安くお得に買う方法をご紹介!ポイントを大量ゲット

2020年9月10日

家族全員で映画を見に行ったりするとトータル金額が大きく変わってくるので、ムビチケの利用は本当にオススメですよ!

 

ムビチケはオンラインで買える!

今までの前売り券といえば、映画館までわざわざ買いに行く手間が必要でした。

でもムビチケはムビチケ公式サイトからオンラインで購入することが出来ますので、買いに出向く手間がかからずラクです^^

登録したメールアドレスに「購入したチケット情報が届くので、その情報を使って座席指定が出来ます。

(他に劇場で買える「ムビチケカード券」とコンビニで買える「ムビチケコンビニ券」もあります。)

 


ムビチケのデメリットは?

 

前売り券なので公開前の作品しか買えない!

ムビチケは便利でお得な映画のチケットですが、なんといっても前売り券ですので、公開日の前日までしか購入することが出来ません。

映画が公開されてから「やっぱり観たい!」と思っても、ムビチケは買えないので通常料金で見る事になります。

興味がある映画は早めにチェックして購入されることをオススメします。

 

一度座席指定するとキャンセルできない

1度座席指定してしまうと、その後のキャンセル払い戻しが一切できません。

なので、混雑していない平日に映画鑑賞に行く時そこまで人気じゃない作品を見に行く時は、当日に劇場で座席指定される方が良いと思います。

人気作品は事前に座席指定しておく方が絶対に良いので、座席指定をするかどうかは「行く日にち」「作品」によって使い分けするのがオススメです。

 

小人券のムビチケがない作品がある

一般券のムビチケは売っているけど、小人券は売っていないという作品があります。

小学生・中学生・高校生はそもそも1,000円で映画が観れますので、座席指定ができるからといって一般券のムビチケを購入すると料金的に損をしてしまいます。

 

サービスデーを利用するならムビチケの方が高くなる

一般でも、

  • 毎月1日の映画サービスデー(1,100円や1,200円くらい)
  • レディースデイ(1,200円くらい)

などの各劇場の割引サービスを利用する場合は、ムビチケの方が料金が高いことになってしまいます。

そのあたりも考えた上で、ムビチケの購入をしてみて下さいね^^

 

ムビチケと前売り券の違い・メリット・デメリットまとめ

ムビチケは公開日よりも前に買う必要がありますが、とてもお得で便利な前売り券です!

メリットデメリットありますが、事前に座席指定できるのは人気作品を見る時にはとても便利なのでオススメ。

ムビチケを使って、ぜひ映画を楽しんできて下さい!

ムビチケを「安くお得に買う方法」あります^^こちらの記事をどうぞ。

ムビチケ 安く買う方法

ムビチケ(ネットで座席指定できる映画前売券 )を安くお得に買う方法をご紹介!ポイントを大量ゲット

2020年9月10日

 

2019年7月、ムビチケから「ムビチケ当日券」「映画GIFT」という新サービスが発表されました。

記事にしておりますので、よろしければ読んでみて下さい^^

新サービス「ムビチケ当日券」と「ムビチケ」の違いを徹底比較!映画GIFTと評判も

2019年7月10日



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です