BG身辺警護人続編1話ネタバレあらすじ・感想!私設ボディーガードとして再出発

BG身辺警護人続編 1話 ネタバレあらすじ

2020年に新しく放送される「BG~身辺警護人~続編1話」が、拡大スペシャルで放送されました!

このドラマは木村拓哉さんをはじめとする豪華キャストが、武器を持たない民間人の立場でクライアントを守る「民間ボディーガード」の世界を描き出す作品です。

前作では木村拓哉さん演じる島崎章は組織に属していましたが、今作では「弱き者の楯になる」という信念を再び守るため私設ボディーガードとなって登場。

BG~身辺警護人~続編、注目の第1話のあらすじやネタバレ、感想をご紹介していきます!

 


「BG身辺警護人続編」1話のネタバレあらすじ!

やり手の経営者・劉光明(仲村トオル)が率いるIT系総合企業「KICKS CORP.(キックスコーポレーション)」に買収された「日ノ出警備保障」。

名前を「KICKSガード」身辺警護課と改め、島崎章(木村拓哉)、高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)は民間ボディガードとして働いていた。

ある日、章たちは与党議員・桑田宗司(小木茂光)が開催する、後援会パーティーを警護することになった。

♦♦♦

章が腕を負傷したものの、見事なチームプレーを発揮して会場に紛れ込んでいた不審者を撃退。

ただボディガードの仕事はここまでと、不審者を追いかけることは出来なかった

マスコミからも注目され賞賛されるが、身辺警護課課長の小俣(勝村政信)には

「被害届を出さなかったか?それでいい。流血事件があった事がもれたら桑田先生の20周年にケチをつけてしまうからな。」

「(犯人を追いかけなかった事に対して)ボディガードの仕事は犯人逮捕じゃない。線引きは明確にしろ」

と言われてしまう。

♦♦♦

そんな時、「関東工科大学 女性研究員窒息死事件」で千葉刑務所に服役中の松野信介(青木崇高)から、章に出所後のボディガードの依頼が来た。

松野信介は、今から3年前に実験室で研究員の伊丹綾子を窒息死させたと容疑がかかり、業務上過失致死罪で禁錮刑に処された人物。

話を聞いてみたい章だったが、小俣に「必要はない。クライアントはVIPに限る。劉社長の方針だ。」と反対される。

章は刑務所に出向いて松野に会って依頼を断るが、松野の言葉に気持ちが動いていた。

♦♦♦

その後パーティ会場で対峙した不審者を見かけ、後をつける章。

そこで不審者が、桑田先生の秘書から現金を受け取っているのを目撃する。

不審者を追いかけて問いただすと、不審者に「絵をかいたのはテメェの所の社長だろう」と言われてしまう。

つまり桑田は「暴力に屈しない政治家」という事で支持者が激増(票集め)、劉社長にとっては桑田を守ったことで「依頼が殺到(会社の宣伝)」に。

不審者に襲わせるというのは、自分たちで仕組んだ事だったのだ。

この事がキッカケで章は会社を退職し、私設ボディーガードに転身。

一方KICKSガードでは、章のあとのリーダーとして高梨が選ばれると思っていたのに、菅沼(菜々緒)が選ばれていた。

♦♦♦

私設ボディガードとなった章は出所する松野を迎えに行き、松野の依頼である「関東工科大学」までの道中の警護を担当。

松野は、迷惑をかけてしまった教授の坂上司(神保悟志)に謝罪したいという事だった。

向かう道中の行程がマスコミに漏れている様子で、章が借りた事務所に宿泊する事になる。

でもなぜか松野は頻繁に携帯電話の操作をしており、様子や行動がおかしい。

そんななか事務所に高梨(斎藤工)が訪れ、章は反対したものの松野の警護を章と一緒にすることになった。

♦♦♦

次の日に「関東工科大学」へ移動する。

大学の前にはマスコミが沢山おり、情報が洩れていることが明らかだった。

松野の様子がおかしく携帯電話を頻繁に触っていたことから、章は松野が自分自身でマスコミにリークしていたんだろう?と問い詰めた

松野は走って逃げ、教授の坂上の研究室へ。

章は追いかけて一緒に研究室へ入る。そこで明かされた真実は、教授の坂上が綾子を殺したという事実だった。

♦♦♦

実は液体窒素をまくように指示したのは坂上だったが、事故だと思った松野は研究を守るために教授の罪を背負って服役。

でも警察に捕まった後に警察から見せられた写真で、実は事故ではなく坂上が綾子を殺したという事に松野は気づいたのだ。

坂上は亡くなった綾子に交際をせまっており、訴えると言われたために事故に見せかけて殺したのだった。

マスコミの前で坂上に自白させるため、亡くなった彼女に謝ってもらうため、松野はわざとマスコミを呼んだ。

「でもマスコミに真実を言わないなら死んでもらいます」、と坂上に襲い掛かる松野。

章が必死にとめるなか坂上は綾子が死亡した実験室に逃げ込み、それを追いかけた松野と章も実験室に入った。

しかし坂上が事前に行ったパソコン操作でロックがかけられ、外に出られなくなってしまった。

♦♦♦

坂上は最初からこうなる事を予想し、真実が明らかにされるくらいなら松野を道連れにこの実験室で死を選ぶつもりだ。

実験室の中には液体窒素が充満しだし、30分もすれば眠くなって死に至る。

章が高梨に連絡を試みるが、実験室の中からは通信は通じない。

万事休すと思われた中、高梨が研究室に到着。

凍ってしまった実験室からの脱出は大変だったものの、高梨と章の協力でなんとか実験室の扉があき、脱出に成功した。

♦♦♦

その後坂上は警察に連行され、この警護は無事に終了。

松野から、警護料を受け取る章。

松野は章に「あなたは僕の未来を守ってくれました。ありがとう止めてくれて。」と感謝し、事情聴取のため警察と一緒に去って行った。

その場を劉社長とつながっている不審者が遠くからジッと見ており、一部始終を劉社長に報告。

劉社長は、「これがあの2人にとって最後のボディガードの仕事になるでしょう」と言うのだった・・・。

♦♦♦

警察から出てくる、章と高梨。

「社長と何があったのか教えろよ」という高梨に、章は何も答えないのだった。

高梨に、菅沼(菜々緒)から電話が入る。

「服務規程違反で切られちゃうよ。どうして私に黙って行ったの?」

「知りたかった。」

「何を?こんなんだったら付き合ってる意味ないじゃん。もう終わりだね。」

「わかった。ガキの御守はしなくてもいいぞ。」

「うそでしょ?絶対ゆるさないから。」

 

発進した章の車を停めて、章の問いかけに答えず車に乗りこむ高梨。

タクシーじゃないんだよ、と言いつつ、車を発進させる章。

<1話おわり>

 


「BG身辺警護人続編」1話の感想・評判

 


「BG身辺警護人続編」1話まとめ

ついに放送が始まった、「BG身辺警護人続編」。

第一話のネタバレあらすじ・感想や評判をご紹介してきました^^

ハラハラドキドキ、木村拓哉さん演じる章の真っ直ぐな感じが素敵でしたね。

これから高梨がどんな形でかかわっていくのでしょうか?会社をやめて仲間になるのかな?

2話も目が離せない展開になりそうです。

楽しみですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です