ごくせんの時は松潤と小栗旬の仲は超悪かった?不仲の理由や今の仲良しエピソード紹介!

ごくせん 松本潤 小栗旬

大人気ドラマ『ごくせん』

日本テレビ系列で放送された『ごくせん』は2002年4月17日から始まった第1シリーズを皮切りに、第3シリーズまで放送されてた最高視聴率30%を超える大ヒットドラマです。

ブレイク直前の松山ケンイチさんや上地雄輔さんらが多数出演していたことが話題になり、「あ~もう一回見たい!」と再放送を望む声が多かった作品。

生徒役が豪華すぎる事でも有名なドラマですよね。

そして何と言ってもごくせんでは、今となっては超貴重映像となった松本潤さんと小栗旬さんの学ラン姿も見れます^^

ドラマの中ではクラスを仕切るリーダー格の2人ですが、なんとこの時の2人は両者ともに認めるほど仲が悪かったそうなんです。

「噂は本当?」「松本潤と小栗旬って今も仲が悪いの?」など、気になる点がちらほら。。。本当なのでしょうか?

そこで、ごくせんの時に松潤と小栗旬さんの仲は本当に悪かったのか不仲の理由今の関係を仲良しエピソードを交えてご紹介していきます!

 


ごくせんの時に松潤と小栗旬が超仲が悪かったって本当?

まずは、『ごくせん』での二人の役柄をおさらいしておきましょう。

 

  • 松本潤さん・沢田慎役

成績優秀なのに不良グループもまとめるクラスのリーダー格。

んー、先生が一番手こずる生徒ですよね。人望が厚く仲間思いのナイスガイです。

 

  • 小栗旬さん・内山晴彦役

熱い男ウッチー。

慎が転校してくるまでは、学年でトップを張っていてリーダー格でした。

現在はNo.2的な存在。

役柄では共にクラスの中心となる仲の2人。

画面上ではとても仲が悪そうには見えませんが、実際はどうだったのでしょうか。

 

ごくせんの時に松潤と小栗旬は仲が悪かった?

2019年の『嵐にしやがれ』では松潤が、

「小栗くんとは『ごくせん』の時、超仲悪かったから」

と言っています。

更に、

松潤:「俺の事嫌ってたでしょ?」

小栗:「うん、誤解してた」

という会話もあるので、『ごくせん』の時には仲が悪かったというのは本当の事だったのです。

いったいどうして?何かあったのでしょうか?

 

松潤と小栗旬の不仲の理由は?

理由は、お互いの勘違いだったようです。

2人は『ごくせん』が初共演で、松潤が18歳、小栗旬さん20歳の時でした。

他の共演者も、年齢も芸歴もまだまだ若い時なので、みんな尖っていたのでしょう。

「誰が一番目立てるか!」で、結構バチバチ火花を出していたようです。

そんな中でも際立っていたのが、松潤。

「俺は他のヤツとは違う」というオーラが出ていて、小栗旬さんは「いけすかねぇ野郎だな」という印象を持ってしまったんですね。

小栗旬さんは嫌だと思った人には口もきかないハッキリとした性格だったので、松潤に話しかけたりしませんでした。

その様子を見て松潤さんも「俺嫌われてんだな」と思い、もともと人見知りする方だったのでこちらも自分から話しかけることは無かったのです。

松潤の印象は、小栗旬さんだけが感じたわけではありません。

主要メンバーの一人である「熊」役の脇知弘さんも、「最初はちょっとツンケンしている印象でした。近寄りがたい雰囲気があったので困りましたね(笑)」

と言っています。

そんなこんなで撮影中の雰囲気は決して良くは無く、2人が会話することは殆ど無かったとか。

いやー、周りが気を使ったでしょうね(^^;

 

松潤と小栗旬の仲直りのきっかけは?

松本潤さんと小栗旬さんはごくせんから3年後のドラマ『花より男子』で再び共演したことをきっかけに、不仲にピリオドを打ちます。

2人の共演に対して「また不仲のまま撮影が進むのか。。?」と心配するスタッフも居るほど、2人の不仲は結構有名だったようですね。

役どころはまたしても高校の同じグループ、しかも親友という設定です。

大丈夫なのでしょうか?

しかし、元はと言えば第一印象だけで始まってしまった不仲です。

ちょっとしたキッカケで、事態は変わりました。

撮影前のポスター撮影の時に、松潤が「よろしく」と小栗旬さんに声をかけたのです。

その時に小栗旬さんは「相変わらず輝いてるな」と思い、これをきっかけに2人は打ち解けるようになりました。

そして撮影が進むにつれ小栗旬さんは松潤の演技に対する真剣な姿勢に、好感を持つようになっていきます。

ある日、撮影が深夜までかかり泊まりになった時の事。

小栗さんが松潤の部屋に行くと、そこには全巻揃った原作漫画が

少しでもドラマを良くしようと勉強熱心な松潤に感心し、朝まで語り合ったそうですよ^^

こうして2人の仲は、更に深まっていったのです。

『ごくせん』から3年後の『花男』でようやく二人の誤解が解け、今となっては「兄弟レベル」と言われるほど強い絆の2人。

ごくせん第1シリーズでは、「貴重な不仲だった時の2人が見られる!」と喜ぶファンもいるようです。

 


松潤と小栗旬の今の仲良しエピソード紹介!

「花男が無かったら俺たちはこうなってない」とお互いが認めるほど、花より男子をキッカケに急激に距離を縮めた2人。

今では、家族ぐるみのお付き合いをしています。

 

松潤と小栗旬は家族?

その仲の良さと言ったら、想像を超えるレベルです。

  • 小栗旬さんのお父さんと松潤が飲みに行ったり、親戚の誕生会に出席する。
  • 松潤のお父さんの還暦祝いに、小栗旬さんが参加する。
  • 同じマンションの同じ棟に住んでいた。
  • 結婚式で介添え人として参加する。
  • 結婚式で、『A・RA・SHI』『One LOVE』を完コピで歌う。

マンションは松潤が先に住んでいて、その後小栗旬さんに勧めたそうですよ。

 

松潤と小栗旬はライバル?

お互い年も近いし、役者としても活躍しているお2人。

『ビビット』に松潤が出演した時、国分さんが「友達なの?それともライバル?」とたずねると、松潤は「刺激は受けているけど、ライバルとは違います。」と答えました。

いやー、なんか素敵な関係です。

お互いを認め合い刺激は受けるけれど、尊敬を通り越して信頼し合っているって感じですね^^

 


まとめ

『ごくせん』の時に、松潤と小栗旬さんの仲が悪かったというのは本当の話でした。

理由は、お互いの第一印象が良くなかったことからの勘違いだったんですね。

しかし今は家族ぐるみ兄弟レベルの仲で、お互い信頼し合っている素敵な関係です。

松潤と小栗旬さんがホントにかっこよくて眼福な『ごくせん』。

ぜひ視聴してみて下さいね^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です