太陽は動かないWOWOWドラマキャスト相関図や出演者は?画像つきで全員紹介!

太陽は動かない ドラマ キャスト

吉田修一さんの人気小説「太陽は動かない」「森は知っている」を映像化した映画『太陽は動かない』の公開に合わせて、WOWOWで吉田修一さんが書き下ろすオリジナルエピソードのドラマが放送されます。

原作者の方が書き下ろすエピソードなのでストーリーの完成度も高そうですし、映画が気になる方は要チェックですよね。

ドラマオリジナルのキャストもいるということで、ドラマ版の方はどんな登場人物がいるんだろう?と気になった方も多いのではないでしょうか。

今回は「太陽は動かない」WOWOWドラマ版のキャスト相関図や、メインキャストの名前や役どころについて画像付きでご紹介していきたいと思います。

 


太陽は動かないwowowドラマキャスト相関図全員画像つき一覧で紹介!

WOWOWドラマ版での「太陽は動かない」では、どのようなキャストが物語をつくり映画と関連していくのでしょうか。

主演の藤原竜也さんをはじめ竹内涼真さん、市原隼人さん、佐藤浩市さん、日向亘さんは映画、ドラマともに出演アリということです。

こちらの5名については映画版の記事で紹介しているので、そちらのほうをチェックしていただきたいと思います。

>>「太陽は動かない」映画キャスト一覧

ではドラマ版オリジナルキャストを、多部未華子さんから見ていきましょう^^

 

多部未華子:落合香役

日本政界の闇を追いかけ主人公・鷹野らが所属する諜報組織「AP通信」にたどり着くNPO法人の職員を演じているのが、多部未華子さんです。

多部未華子さんは1989年生まれの女優で、2002年に人気ロックバンドのJanne Da Arcの「Rainy ~愛の調べ~」のPVに出演してデビューし、そこでの演技が評価され本格的に女優進出。

昨年、写真家の熊田貴樹(くまだたかき)さんと結婚を発表したことでも話題になりました。

2005年には「第48回ブルーリボン賞新人賞」を獲得しており、数々の作品で存在感を放ち続ける演技派でもあります。

ドラマでの代表作には、「デカワンコ」、「山田太郎ものがたり」などがあり、2020年4月期TBS系新火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』での主演も決まっています。

 

柿澤勇人:桐野研次郎役

若手二世議員の筆頭候補として注目されており、巨大利権のディーラーを目指している桐野を演じているのは柿沢勇人さんです。

柿澤勇人さんはなんと元劇団四季のミュージカル俳優さんで、劇団四季退団後はホリプロに所属されています。

舞台映えするようなお顔立ちですよね。

舞台では「ロミオとジュリエット」や「デスノート The Musucal」、「ウエストサイドストーリー」に出演しており、映像作品では『軍師官兵衛』などにも出演されていました。

3/30からNHK系列で放送される朝ドラ『エール』の出演も発表されており、今注目の俳優さんです。

 

酒向芳:周役

酒向芳さんが演じているのは、巨大利権を乗っ取ろうとしている中国企業勢力の先兵で、通信会社の役員として暗躍することになる周です。

酒向芳さんは、1958年生まれの俳優さんです。

23歳年下の奥様がいらっしゃるということを、『踊る!さんま御殿!!』で公表しました。

また演技面では、木村拓哉さんと二宮和也さん主演の映画『検察側の罪人』の重要参考人松倉役で見せた怪演が大きな反響を呼びました。

特に取り調べのシーンでの、二宮さんとの演技のぶつけ合いは迫力があり、”パッ”が不気味で印象的でしたね。

今回はどんな怪演を見せていただけるのか、期待です。

 

安藤政信:桜井修役

連続ドラマ版の副題でもある「-THE ECLIPSE-(ジ・エクリプス)」=“日食”が象徴するように、主人公・鷹野の過去に大きな影を残した重要な人物を演じているのは、安藤政信さんです。

安藤政信さんは、1975年生まれの俳優。

デビュー作の映画「キッズリターン」で日本アカデミー賞や報知映画賞をはじめとする数々の映画賞の新人賞を総ナメにし、その確かな実力とルックスで一躍有名になりました。

その後も映画「バトルロワイアル」など数多くの話題作に出演。

一時期映像作品などで姿を見せることが少なくなっていましたが、近年再び「あなたの番です」「テセウスの船」「NHK大河・麒麟がくる」などのヒット作に立て続けに出演しています。

 

石橋蓮司:中尊寺信孝役

「AN通信」を利用して日本政界に多大な影響力を持つ中尊司信孝役は石橋蓮司さんです。

石橋蓮司さんは1941年生まれで、現在(2020年3月現在)78歳。

1974年のNHK大河ドラマ『勝海舟』がテレビ初出演であり、その後も『独眼竜政宗』や『花子とアン』などのテレビドラマに出演なさっているベテラン俳優です。

私生活では、女優の緑魔子さんとご結婚されています。

4/24より公開の映画『一度も撃ってません』では、約18年ぶりに主役で出演されますよ。

それにしても今回のキャスト陣はこのドラマ映画だけでなく、2020年に様々な作品に重要な役として出演が決まっている方が多いですね。

とても豪華なキャスト陣だと改めて感じる方も多いのではないでしょうか。

 

吉田鋼太郎:永島徹役

表では中尊司を支えながらでも、裏では反逆を虎視眈々とねらっている永島徹を演じているのは吉田鋼太郎さんです。

吉田鋼太郎さんといえば、重厚な芝居もコミカルな姿も演じる俳優であり、演出家でもあります。

2010年ごろまでは舞台を中心に活躍なさっていましたが、社会現象にもなった大人気ドラマ『半沢直樹』出演後は映像作品にも多く出演なさっているようです。

ベテラン俳優のような雰囲気に見えますが、ドラマ映画に多く出演されるようになったのは最近なんですね。

2018年4月期に放送された、田中圭さん主演のドラマ『おっさんずラブ』(テレ朝系)での仕事ができる理想の上司・ 黒澤武蔵役も大きな話題になりました。

 


太陽は動かないwowowドラマのあらすじは?

そんな豪華キャストが出演する『太陽は動かない』のwowow版ドラマですが、いったいどんな物語になっているのでしょうか。

今回のドラマは「太陽は動かない」「森は知っている」をもとに原作者吉田修一さんが監修したオリジナルストーリーとなっており、映画版とは全く異なる事件を扱います。

舞台は3年後に東京での開催が迫っている、国際都市博覧会の建設現場。

映画と同様に表向きはニュース会社、裏では産業エージェント組織の「AP通信」に所属する主人公・鷹野とバディの田岡は、都市博建設地の選定を巡って様々な謀略が動くこの場所で、政界を裏で操る男・中尊寺信孝(石橋蓮司)とその秘書である永島徹(吉田鋼太郎)からの依頼を受けてその情報戦に一役を買っていました。

しかしその建設現場が、鷹野らの眼前で何者かによって爆破されてしまいます。

それをきっかけとして本格的に爆破事件の首謀者の調査を始めると、浮かび上がってきたのは建設地誘導工作を乗っ取ろうとたくらむ中国企業勢力と、かつて新人であった鷹野とバディを組み任務遂行中に鷹野の目の前で死んだはずだった桜井修(安藤政信)の存在…。

様々な思惑、そして都市博開催を遥かに超える巨大利権の存在までも明らかになる中鷹野と田岡はこの諜報戦に勝つことができるのか、そして桜井との対決の行方は!

とても気になるストーリー内容ですね。

 


太陽は動かないWOWOWドラマキャスト相関図・出演者まとめ

今回はwowowで5/24より放送される、『太陽は動かない』ドラマ版のキャストや相関図あらすじについてご紹介しました。

どのキャストも、今まで多くの話題作に出演している実力派な顔ぶれとなっていました。

映画と合わせて珠玉のエンターテインメントになりそうな今作が、とても楽しみですね。

ドラマは原作にないオリジナルストーリーとなりますが、壮大で興味深い内容になりそうです。

5月15日から公開される映画と合わせて、ドラマ『太陽は動かない』についての情報も引き続きチェックしてみてくださいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です