未満警察2話ネタバレと感想!上白石萌音が誘拐された理由は?

未満警察 2話 ネタバレ あらすじ

中島健人さん、平野紫耀さん主演の「未満警察ミッドナイトランナー」

警察学校を舞台に中島健人さん演じる本間と平野紫耀さん演じる一ノ瀬が、毎回色々な事件に巻きこまれながらも、リアルタイムで事件を解決していくフルスピードクライムサスペンス。

この記事では、第2話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第2話のゲストキャストは、上白石萌音さん、加藤雅也さん!

では早速、2020年7月4日に放送された「未満警察ミッドナイトランナー第2話」のネタバレをしていきたいと思います^^

 


未満警察ミッドナイトランナー2話あらすじは?

<第2話あらすじ>

とある廃ビルの一室で、若い女性・里佳(木﨑ゆりあ)がベッドの上に拘束されている。スーツ姿の謎の男・柴本(加藤雅也)は部下の小暮(松永拓野)に「やれ」と告げ、卑しい笑みを浮かべながら怯える里佳に近づいていく小暮。その手には注射器が握られていた——。

警察学校に入校以来、初めての外泊日を目前に控えた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)は、同期の黒岩純哉(葉山奨之)がマッチングアプリで出会った美女と付き合っていることを知る。

寮の部屋に戻り、すぐさま自分もマッチングアプリに登録する一ノ瀬。すると早速かわいい女子から連絡が届き、一ノ瀬は本間と共にダブルデートを申し込む。

そして迎えた外泊日当日、2人は待ち合わせ場所でデート相手が来るのを待つが、約束の時間から2時間経っても相手は姿を現さず、連絡も取れない。結局デートは諦めて2人で遊ぶことにした本間と一ノ瀬はビリヤード場に向かうことに。

その道中、2人はたまたますれ違った美女・亜未(上白石萌音)に目を奪われる。さらにその直後、亜未が何者かに車で連れ去られる姿を目撃した本間と一ノ瀬は犯人の車を懸命に追う。

だが、あと少しのところで振り切られてしまい、すぐに110番通報をして状況を説明する一ノ瀬。本間は犯人の車のナンバーを伝えるが、ナンバー照会には時間がかかると言われ、直接警察に話した方が早いと思った2人は近くの警察署へ駆け込む。

するとそこには、ちょうど別件の捜査に向かおうとしていた刑事の柳田晋平(原田泰造)と稲西結衣(中村ゆり)の姿が。警察学校258期片野坂(伊勢谷友介)教場の学生だと名乗る本間と一ノ瀬から事件の内容を聞き、すでに110番通報はしていると知った柳田は、2人に「ここにいろ。すぐ戻る」と言い残して別件捜査へ出動してしまう。

柳田が戻るまで待っていたら手遅れになると感じた本間は、一ノ瀬と共に亜未が誘拐された現場に戻る。そして現場に残されていた亜未の所持品を見つけた2人はその所持品をヒントに聞き込み捜査を始めるが…。

引用:https://www.ntv.co.jp/mimankeisatsu/story/

 


未満警察ミッドナイトランナー2話ネタバレ!

 

物語のはじまり

ある薄暗い部屋で涙を流しながらベッドに縛り付けられおびえる一人の女性。

中年の男性が薄ら笑いを浮かべながら涙を手で拭っている。

「悪くない・・・。やれ。」

そういいうと周りにいる怪しい男たちが注射器をもって女性に近づきます。

「いやぁぁぁぁぁぁぁ。」

 

初めての外出許可日を前に浮かれる一ノ瀬と本間

警察学校では、誘拐に関するテストと授業が行われていた。

片野坂が、講義を始める。

「誘拐の捜査で最も重要なのは、時間だ。時間がたてばたつほど、被害者の生存率は急激に低下する。」

被害者が殺される時間はクリティカルアワーといい、失踪後12時間がクリティカルアワーでそれを越すと生存率が7割も減少すると学ぶ未満警察たち。

その後、実技の授業を受けますが、経験あるなしにかかわらずことごとく負け、がっくりしてしまう本間(中島健人)。

そんな時一ノ瀬(平野紫耀)は、「大丈夫!どんな時も俺たちは助け合えばいいんだよ。」と励まします。

 

訓練終了後、夕飯を同期たちと食べながら外出許可日について話す一ノ瀬と本間。

そんな中、同期の黒岩がとってもかわいい彼女とデートに行くことを知ります。

それに嫉妬した一ノ瀬は黒岩がマッチングアプリで彼女と知り合ったことを聞き出し、その日のうちに登録。

そうこうしていると、一ノ瀬がかわいい女の子とマッチングが成立します。

はじめは「卒業するまで彼女は作らない」と強がっていた本間も、「ダブルデート申しこもっか??」という一ノ瀬のお誘いに「お願いいたします。」と即答します。

その後、二人は理由を「青春活動」として外出泊届を片野坂に提出。

「上から目をつけられていることを忘れるなよ。」と警告される二人。

 

誘拐の目撃で事件が動き出す

外出の日、準備満タンで待ち合わせ場所に向かうも、いつまでたっても約束した女の子たちが来ることはありませんでした。

ショックを受けた二人は気を取り直して、ビリヤードに行こうと場所を移動し始めます。

ビリヤード場まで歩いて向かう途中、電話をしながら反対方向に歩いてくるかわいい女の子(上白石萌音)に二人は目を奪われました。

「ウフフ。うん。わかった。まってて。今帰ってる。」

 

そういいながら歩く女の子が振り向いたら声かけるからと、おまじないをする一ノ瀬。

「それセクハラだから。」と冷めた目で見ていた本間でしたが、女の子が偶然にも振り返り興奮した二人は女の子の後をついていきます。

どちらが声をかけるかじゃんけんで決めていると、女の子が車に乗せられ誘拐されてしまいました。

必死で追いかけるも車には追い付くことができず、見失ってしまいます。

一ノ瀬が急いで110番通報。

 

誘拐を目撃したこと、車のナンバーが「横浜375 5 8338 緑のバン」だったことを伝えると、ナンバー照会に時間がかかるのでその場で待つように言われます。

ですが二人はそれでは間に合わないと、近くの警察署まで走って向かいました。

その時、本間は授業でクリティカルアワーとされる12時間のタイマーを付け走りだすのでした。

 

捜査開始!未満警察が挑む誘拐事件!

警察署についた二人は刑事課を訪ねますが、ちょうど別件で出動要請が出ていた柳田らに出会います。

二人は自分たちが片野坂の教え子であると伝えると、片野坂と同期の柳田は気になるようですが、本部の要請の方に向かってしまいました。

困った一ノ瀬と本間は、自分たちで捜査することにします。

授業で習った捜査の三要素「被害者 証拠 現場」に沿って調べ始め、被害者の情報や証拠が残っていないことから現場に戻ることにした二人。

そこで誘拐現場に、女の子が持っていたトッポギが落ちていることを発見。

トッポギはおもちで時間がたつとふやけてしまうことから、女の子の家とトッポ屋さんはこの近所にあると推理します。

 

本間「家はわからないけど、トッポギを売っている店は珍しいからすぐに見つかるはずだ。」と走って探しに向かうのですが、ついた先には数えきれないくらいのトッポギの店が並んでいるのでした。

一ノ瀬「トッポギばっかりだ・・・・。」

そのころ誘拐された車内では、怪しい男が電話で話しています。

「300では渡さん。今回からは400だ・・・。いや、500だ。500なら出す。3分で決めろ。」

 

女の子の手がかりを発見!捜査は一歩前進!

数あるトッポギ店でお持ち帰りできるお店をあたる、一ノ瀬と本間。

いろんなお店を当たるもなかなか手がかりがつかめず、聞き込み調査の難しさを実感する二人。

本間が座り込んでヘタっていると、一ノ瀬が「こんな時に何なんだけどさ、捜査の三要素俺なんて書いたと思う?情熱・根性・本気」

(正解は、被害者 証拠 現場)

それを聞いて、少し笑って元気を取り戻した2人。

「よし、行こう!」

そして、やっとの想いで女の子が買ったトッポギの店を見つけ出し、職場を突き止めることができます。

なんと、彼女の職場は耳かき屋さんだったのです。

 

一ノ瀬は捜査に行こうとしますが、二人は警察手帳をまだ持っていない未満警察。

中に入っても、普通にお客さんとされてしまうと悩みます。

そこで潜入調査をしようと同じく外出中だった同期の高木を呼び出しますが、高木は子供とあっていて、お母さんにそんなことさせられないと本間が潜入調査をすることに!

しかし店内に入った本間は、案の定耳かきルームに連れていかれてしまいます。

しかしその潜入捜査をしているときに、その耳かき屋さんにがさ入れが入ろうとしてしまい、本間が見つかるのを防ぐため一ノ瀬は警察の帽子を奪い走って逃げます。

 

そのころ耳かきルームでは、捜査を忘れて気持ちよさそうに耳かきをされている本間。

ハッと我に返り、従業員の女の子に誘拐された女の子のことについて聞き込みを開始します。

「それ・・・あみ。」

本間「あみさんがどこに住んでいるか知っていますか?」

そう聞かれると、言葉を濁す従業員の女の子。

その様子を見た本間は、「もしかしてあみさんて高校生だったりします?高校生で家出してここで働いてる?
あみさんのこと、なんでもいいから教えてください。」

従業員の女の子は絶対秘密だからね、と言いながら、「この近所で家出してる子たちと一緒に住んでるって聞いたけど・・・ほかの子に聞いてみる。」と捜査に協力してくれます。

 

耳かき屋さんで聞き出した住所を訪ねた、一ノ瀬と本間。

インターフォンを押すと、中から金髪の男性が出てきた。

金髪「どなた?」

本間「ここってあみさんのご自宅ですよね?自分たちは警察学校の学生でして、あみさんが誘拐されるのを見たんです。」

金髪「今・・・開けますね。」

そういって扉を閉めると、窓から逃げ出してしまいます。その部屋の中には2人の高校生くらいの女の子がいました。

窓から逃げた金髪男を手分けして追いかける、本間と一ノ瀬。

本間が駐車場で金髪男を見つけますが、金髪男はナイフを持って攻撃してきます。

金髪男をとらえた一ノ瀬と本間は携帯の暗証番号を聞き出し、携帯の中を見て小暮という男にあみを売ったことを知って問い詰めました。

小暮とは何者だ?と問いただすと、小暮はスペインバルに入り浸ってる知り合いだと白状します。

あみが他の子を連れて家を出るといったので、あみを売ったと。

 

誘拐事件の捜査 刑事課も動き出す

調査を終えた柳田が戻ると、誘拐事件を相談に来た一ノ瀬と本間がいないことに気が付き、片野坂に電話をします。

電話をもらった片野坂は、感電洗脳事件を解決した二人が該当者かもしれないと柳田に答えるのでした。

金髪男から話を聞いた一ノ瀬と本間はハンバーガーを買ってあみの自宅にもどり、2人の高校生に話を聞きます。

そこでSNSで金髪男と出会い、ここに住んでいいと言われたと打ち明けました。

あみが家出した理由は新しいお父さんに殴られ気を失ったことがある事が理由で、あみとここを出る予定だったことも。

「あみさんのこと絶対助けてください。」2人の高校生は泣きながら訴えるのでした。

 

そこで、一ノ瀬と本間は金髪男から聞いたスペインバルへ向かいます。

本間「犯人は身代金が欲しいわけじゃない。あの子たちの家族からお金は取れない。」

一ノ瀬「じゃあ犯人の目的は・・・・・」

本間「売春か・・・人身売買・・・。あの子たちは誰にも探してもらえない。これは警察が気づけない誘拐事件なんだ。」

一ノ瀬「でも、俺たちは気づいた。」

本間「俺たちの事件だ。」

セットしたタイマーは残り9時間。

「無事でいてくれよ・・・・。」そういって2人は走り出します。

 

大きく動く事件の真相 犯人の目的は?

薄暗い廊下を歩く、怪しい中年男性。

部屋の中では女の子に注射器を向ける男が。

「やめろ!」「きゃあ!」

あみは股間をけって応戦しますが、平手打ちされてしまいます。

「何やってんだ。」

そこに怪しい中年男性がやってきて、あみを殴った男を殴ります。

「大事な商品に手を出すな。悪かったな。大丈夫か?」そういって口をハンカチで拭いてあげるのでした。

そのころ一ノ瀬と本間は、金髪男に教えてもらったスペインバルに到着します。

中に入ると、怪しい雰囲気のお店が広がります。

 

ですが、だれが小暮という男かわかりません。

そこで金髪男の携帯から小暮の携帯を鳴らし小暮を見つけますが、かけなおしてきた電話が鳴ってしまい、小暮にばれてしまいます。

絡まれた一ノ瀬と本間は男たちと戦い、小暮を捕まえます。

そして小暮にあみの居場所を聞き出します。

しかしバルの店員が隅の方で誰かに電話をして、報告をしていたのです。

 

小暮を連れてあみがとらえられている、あの薄暗い部屋へたどり着いた二人。

そこであみを見つけることができますが、あみは熱をだしぐったりしていました。

あみを早く病院に連れて行かなくてはと一ノ瀬が焦っていると、あみが小さい声で「ほかにもいる・・・。」とつぶやきます。

ほかの部屋を見てみると、ほかにもたくさんの女の子がとらえられていました。

「うそだろ・・・。」

まずはあみさんを連れ出そうと抱きかかえて外に出ますが、そこにはたくさんの男たちが待ち伏せしていたのです。

本間「次郎チャンは先に行け!あみさんを早く!」

そういってひとり戦いに挑むのですが、後から現れた怪しい中年男性にボコボコにやられてしまいます。

一ノ瀬はあみを少し離れた木の側に寝かせ本間を助けに向かいますが、そこにはボコボコにやられた本間の姿が。

怪しい中年男に殴り掛かりますがあまりにも強く、一ノ瀬もボコボコにやられてしまいました。

そして気を失った本間と一ノ瀬は、男たちに連れていかれてしまいます・・・。

 


未満警察ミッドナイトランナー1話を視聴した感想は?

ツイッターでは、高評価の感想がいっぱいです♪

 

未満警察ミッドナイトランナー3話予告あらすじ

誘拐された家出少女・亜未(上白石萌音)の行方を追い、監禁場所を突き止めた本間快(中島健人)と一ノ瀬次郎(平野紫耀)。だが、犯人の柴本(加藤雅也)に阻まれ、亜未を助けることができなかった。

2人は、教官の片野坂譲(伊勢谷友介)と助教の及川蘭子(吉瀬美智子)、刑事の柳田晋平(原田泰造)に、亜未の他にも複数の少女が拘束されていることを報告する。そして共に監禁場所の廃ビルへ向かうが、時すでに遅し。そこに亜未たちの姿はなく、部屋には使用済みの麻酔の注射器が残されていた。

柳田は犯行現場の様子から、誘拐犯の目的は少女たちを海外へ売り飛ばす人身売買だと確信する。一刻を争う状況の中、今すぐにでも自分たちが捜しに行くと訴える本間と一ノ瀬。だが、片野坂から「お前らはまだ学生だ!」と制止され警察学校に連れ戻されてしまう。

寮に帰った後も、誘拐された亜未たちのことが気になって仕方ない本間と一ノ瀬。熟考の末、2人は再び柳田に会いに行き、あることを懇願する。

さらに本間は、体力面で自分より秀でている一ノ瀬に「俺を鍛えてほしい」と頼み、筋トレ、柔道、剣道、護身術などの特訓に励む。

その頃、柴本と柴本の部下・小暮(松永拓野)によって別の廃ビルの一室に監禁されていた少女たちは、体力的にも精神的にも追い詰められ憔悴しきっていた。そんな極限状態の彼女たちを励まし続けていた亜未は、思いもよらぬ行動に出る。

引用:https://www.ntv.co.jp/mimankeisatsu/story/

 

まとめ

未満警察2話ネタバレあらすじ・感想!上白石萌音が誘拐された理由は?と題して、ご紹介してきました!

第2話は、韓国の原作映画「ミッドナイトランナー」のストーリーに沿った内容となっていました^^

>>最高に面白い!韓国映画「ミッドナイトランナー」のあらすじネタバレ・キャスト

3話以降も益々楽しみです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です