MIU404|6話ネタバレと感想!志摩の相棒が死んだ理由は?

MIU404 6話 ネタバレ

星野源さん、綾野剛さん主演のMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)。

MIU404の舞台は「警視庁刑事部 第4機動捜査隊」で、街中で起こった事件を24時間以内の解決に挑む1話完結の物語です。

この記事では、第6話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第6話のゲストは、村上虹郎さんと酒向芳さん。

村上虹郎さんは村上純さんとUAさんのご子息ですが、ハスキーボイスと熱い目力が印象的でした。

MIU404の第6話は、ついに志摩の過去が明らかになる重要な回です。

知りたいような、知りたくないような。。

悲しい過去だったらどうしましょう。

そしてサプライズゲストは、ドラマ「アンナチュラル」です。

では早速、MIU404第6話のネタバレをしていきたいと思います!

 


MIU404 6話のあらすじは?

「志摩(星野源)は、相棒殺し」という噂話を聞いた伊吹(綾野剛)は、志摩から真相を聞き出そうとする。しかし、志摩は一向に話そうとしない。堪り兼ねた伊吹は、九重(岡田健史)から志摩のかつての相棒である香坂(村上虹郎)が不審な死を遂げていた事を聞き出す。

伊吹は九重を引き連れ、香坂の死の真相、そして、同日に起きた連続毒殺事件について調べ始めるが…

そんな中、伊吹は恩師であり元刑事の蒲郡(小日向文世)に会いに行く。今は外国人支援センターで働く蒲郡から外国人労働者の実態を知った伊吹は、思わぬところから事件の真相に迫ることになるのだが…

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 


MIU404|6話のネタバレ!「リフレイン」

よっ、相棒殺し

捜査一課の刑事が志摩のことを「相棒殺しがっ」と言っているのを耳にした伊吹は、なんと直接本人に声をかけてしまう。

「よっ、相棒殺し!」

無神経な伊吹の発言に血の気が引く4機捜。

伊吹は何故みんながそんなに慌てるのか、分かっていない。

だって、「相棒殺し」って、「後家殺し、とか、鬼殺し」とかそういうニュアンスじゃないの?

九重が言う。

「志摩さんの相棒が死亡したのは、本当ですよ。事故か自殺か。分からないんです。」

事件の真相を聞き出そうと執拗に迫る伊吹に、「刑事なら自分で調べろ。聞き方に工夫がない。ばーか」といなす志摩は、給湯器が壊れた桔梗の自宅で工事に立ち合うため帰宅した。

昨日桔梗が休暇の時に来る予定が、業者の都合で急に変更。

4機捜は本日は休暇なのだ。

 

グレングリアン

志摩が教えてくれないので調べてみせると豪語した伊吹だが、自分の捜査能力では無理だと分かっているので九重にヘルプを求める。

一度は断る九重だが「九ちゃんじゃ無理か。」と煽る伊吹に乗せられて事実解明に付き合うことになった。

陣馬に尋ねるも「俺にフルな!」と教えてくれない。

捜査1課で志摩の相棒だった香坂義孝(村上虹郎)が死亡したのは2013年8月8日深夜2時頃。

(伊吹は志摩が元捜査1課のエリートだったことを初めて知り、震える。)

香坂は自宅があった雑居ビルの敷地内での転落死、発見者は志摩だった。

香坂はサンダルを片方しか履いておらず、もう片方は屋上にあった。

近くにはウイスキーのボトルがあったが、香坂は酒が飲めなかったという。

当時志摩達と共にタリウム殺人事件を捜査していた刑事(酒向芳)に話を聞くと、志摩は上から目線で人を馬鹿にしたような奴だった。

香坂が死亡した日は、タリウム毒殺事件の犯人逮捕の日だったと教えてくれた。

 

タリウム毒殺事件:

輸入会社で働く男性職員が相次いで死亡。犯人は2人と不倫関係にあった南田弓子。

逮捕された夕方、志摩と香坂は何か言い争っていて、翌日香坂は死亡。

初動捜査にあたった機捜は、当時3機捜でコンビを組んでいた桔梗と陣馬だった。

陣馬に酒を飲ませ詳細を聞き出そうと陣馬に酒を飲ませるが、なかなか教えてくれない。

無理して酒を飲む九重を見て、ようやく重い口を開いた陣馬。

香坂は転落死だった。香坂の遺体の横で呆然としている志摩を連れて陣馬は屋上を捜査。

そこには「グレングリアン」というウイスキーの瓶とグラスが2つ。

中身は半分ほど飲み干されていた。

 

刑事とは、正義

桔梗の自宅で、ハムちゃんと息子のゆたかとオムライスを食べる志摩。

そこに伊吹から電話が入る。

かなり酔っていて何を言っているのか分からない。

休みなら出なきゃいいのに、と不思議がるゆたかに志摩はこう言った。

「相棒からのSOSだったら、間に合わなかったら困るだろ。」

香坂は最後に手紙らしきものを書いていたことを聞き出した伊吹と九重は、機捜に戻り桔梗に聞いてみることにした。

面白半分で調べるなと怒る桔梗に、伊吹は言った。

「志摩と出会って、2人で犯人追っかけて。その一個一個がスイッチで、人生じゃん。」

伊吹は志摩の大切な人生を左右する、スイッチになりたかったのだ。

真相を調べる理由は十分にある。

真剣な伊吹の想いを受け止め桔梗は、事件についてまとめた資料を2人に見せる。

見つかった手紙とは、香坂の退職願。

 

「刑事とは、正義」

冒頭に書かれている言葉は志摩が嫌う「正義」という言葉だった。

2人はタリウム事件の容疑者の1人、中山詩織を捜査していた。

被害者と同じ会社に勤めている、妖艶な若い女性。

自宅で事情聴取するも、のらりくらりとかわしていく。

中山が犯人だという証拠がなかなか見つからない。

志摩に良いところを見せようと必死な香坂に焦りが見える。

香坂は非番の日も捜査するようになり、証拠を掴もうと中山の部屋に上がってしまう。

出された麦茶を断るも、口移しで無理やり飲まされる。

この麦茶にタリウムは入っているのか?!

志摩には言えない。焦る。

香坂は中山がタリウムを通信販売で購入したという証拠を掴んできた。

不審に思う志摩。一体いつ、どうやって調べた?

志摩:「証拠を捏造したのか?」
香坂:「もしそうだとして、大きな正義の前にそんな些末なこと。こっちは命がけでやってるんだ!」

どうせ犯人は中山だ。

捏造したって捕まえればいい。

必至な香坂からは恐怖すら感じた。

 

失敗も、言えるようになれ

犯人が逮捕された。名前は南田弓子。

中山は同僚の南田が犯人だと知っていた。

捜査を引っ掻き回すために面白がって自分が犯人であるかのように振舞っていたのだ。

証拠を捏造したことを問い詰める志摩に、香坂は何も言えなかった。

死亡解体記録によると、香坂は屋上からではなく非常階段の低い場所からの転落死。

証拠捏造が発覚し、思いつめての自殺だったのだろうか。

「もし自分だったら、志摩さんに言えたかな。自分が使えないやつだって認めるのは怖いですよ。」

九重の言葉に”バカ野郎!”と言わんばかりの陣馬。

「間違いも失敗も言えるようになれ!バーンって開けっ広げによ!」

陣馬と九重も、バディの絆が見えてきた。

伊吹はビルの屋上から志摩に電話をする。

桔梗宅で修理業者の作業に立ち会っていた志摩は、くだらない電話と分かっていても、出る。

事件の真相は全部分かった。事故だった。しかし、一つだけ分からないことがあるから教えて欲しい。

「香坂に最後に会ったのはいつ?なんて声かけた?教えて。」

 

リフレイン

震える声で志摩は言った。

最後は、香坂が肩を落として一人で辞表を書いている時でもなく、警察を辞めることを決意し、一緒に飲みませんかと言われた時でもなかった。

香坂は志摩にメールを送っていた。

「うちの屋上で飲みませんか。志摩さんの好きな酒、買って待ってます。」

志摩は香坂の最後のSOSに眼をそむけ、屋上にはいかなかった。

署内の部屋で辞表を書いている背中を見て、ドアを閉めた。見て見ぬふりをした。

スイッチはいくらでもあった。何度も何度も何度も。チャンスはあった。

「香坂、お前のしたことは許されることでは無い。でも、そうさせたのは俺だ」そう声をかければ良かった。

「刑事じゃなくなっても、お前の人生は終わらない」そう言ってやれば良かった。何度も何度も繰り返す後悔。

実際に志摩がかけた言葉は、「進退は自分で決めろ。」

冷たい一言だった。

香坂は何も言わなかった。そして翌日、香坂は死んだのだ。

悔いても悔いても時間は戻らない。

伊吹は最後に香坂が見た景色を見ながら、志摩の悲痛な心の叫びを電話越しに聞く。

ふと、向かいのマンションのベランダに大きな貼り紙を発見。

「2013年8月8日深夜2時ごろ、110番してくれた人を探しています!」

修理が終わったところで再び伊吹から電話。

めんどくさそうに出る。

「今すぐ香坂のビルに来い!」

 

俺は警察だ

あの日香坂は志摩を待っていた。だが志摩は来ない。

ふと向かいのビルを見渡すと、不審な男が女性宅に侵入しているところを目撃。

香坂は110番の通報をし、ビルの屋上から犯人に向かって叫ぶ。

「俺は警察だ!」

そして犯人を捕まえようと非常階段を降り急ぐ途中で転落してしまったのだ。

自殺では無かった。

伊吹と志摩が向かいのマンションを訪ねると、住人の女性が出てきた。

あの日、通報して助けてくれなかったら自分とお腹の子の現在は無かった。

貼り紙もずっとしていたわけではなく引っ越しをするのでダメもとで最近貼ったのだと言う。

女性:「その人に伝えてください、『あなたのおかげで、元気です!』

はい、必ず伝えます。嬉しさを噛みしめ志摩が応える。

感電が流れる。

香坂は弱い奴では無かった。最後まで正義のある刑事だった。

あれからウィスキーが飲めなくなった。

犯人を捕まえて偉そうなことを言っても、自分こそが裁かれるべき人間じゃないかと思ってしまう。

「お前の相棒が伊吹みたいな奴だったら。。生きて。。。やり直せていたのにな。。」

香坂が倒れていたアスファルトをこすりながら志摩はつぶやく。

伊吹:「刑事辞めたりしないよな?」
志摩:「何度も何度もブーメラン食らいながら続けるよ。」
伊吹:「ま、安心しろ。俺の生命線は長い。」

夜、桔梗の家の前に修理業者の車が止まっている。

どうやらただの業者では、無かったようだ。

 


MIU404|6話を視聴した感想は?

いや~、志摩の過去が絶望でなくて良かった。ホントこれに尽きます。

タイトルの「リフレイン」が、見終わった後にリフレインしております。

今回のキーはリフレインとスイッチでした。

何度も何度も後悔する志摩。

見て見ぬふりをしてスイッチを押さなかった志摩と、いつもあきらめず食らいついて必ず誰かのスイッチになる伊吹。

香坂が最後まで正義を通した刑事であったことは伊吹じゃないと分からなかったことで、それによって志摩も縛られた過去から少し救われたんですよね。

一個一個のスイッチを、人との関わりを大事に大事にする伊吹らしさが素敵でした。

そして、お待ちかねサプライズ出演!

今回は役者としてではなく、「紙面」での登場でした。

香坂の死亡解体書、執刀医の欄に書かれていたのは「三澄ミコト」!

アンナチュラル~♪ 画力すごかったです、ほんの一瞬映っただけなのに。

生命線の長い相棒は、香坂が落ちた非常階段で落ちなかった。(運動神経の良さ?)

野性のバカの相棒だから、志摩のきつい言葉にも凹まず、自分の失敗も隠しもせずに大っぴらにする。

今度の相棒は、思っているより強いですよ、志摩さん!

6話にしてどんどんしっくりくる陣馬と九重のコンビも、泣かせどころでした。

「間違いも失敗も言えるようになれ」からの一連のシーンは保存必須ですね。

九重の博多弁ポイントもお見逃しなく♪

ネット上の感想もご紹介します!

<「MIU404」動画を無料で見る方法>

「MIU404」の動画は、Paraviで配信中!

Paraviで視聴するメリットは、下記の通りです。

  • 登録後2週間無料(2週間以内に解約すれば料金は0円で一切かかりません!)
  • Paraviにある多くの動画が課金なしで見放題(アンナチュラルも無料で視聴可能!)
  • ダウンロードが可能で、スマホなどで外で見てもデータ量の心配なし
  • アカウントの共有OK(1つのアカウントで6つまで追加が可能)

 

Paraviは、日本経済新聞社やテレビ東京、TBS、WOWOW、博報堂、電通などが共同出資している動画配信サービスなので、安心して利用できます。

登録後2週間以内に解約すれば、お金は一切かかりません^^

 

まとめ

MIU404|6話ネタバレあらすじと感想!と題して、ご紹介してきました!

来週は、いよいよ(毎週言ってますけど)ハムちゃんを狙う黒い影が登場しそう。

そしてゲストがこれまた凄い。King Gnuの井口さんってどういうことー!

毎回毎回、ホント見逃せません。

来週も本当に楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です