奥様は取り扱い注意の勇輝(西島秀俊)の正体は?菜美の過去や結婚した理由も

奥様は取り扱い注意 勇輝 正体

2020年6月に公開が予定されている、劇場版「奥様は取り扱い注意」

ドラマの最後の終わり方が衝撃的だったので映画で続きが見れると聞いてワクワクしますが、何せ放送されていたのは2017年。

放送されていた時はトリチューと呼ばれて人気のドラマとなりましたが、ドラマで優しい夫だった勇輝の正体や、奈美の過去、勇輝が奈美と結婚した理由は何だったのか?など、「どうだったっけ?」と思い出せない部分もあるのではないでしょうか。

映画公開の前に、復習しておきましょう^^

この記事では、ドラマ「奥様は取り扱い注意」の勇輝の正体奈美の過去勇輝が奈美と結婚した理由などについてご紹介していきます。

 


ドラマ「奥様は取り扱い注意」の勇輝(西島秀俊)の正体は何?


このドラマで重要なカギを握っていた、西島秀俊さん演じる勇輝の正体!

いつもやさしく奈美を支える勇輝でしたが、話が進んでいくにつれてなんだか怪しいところが出てきましたよね。

そのたびに、SNSでは勇輝の謎についての考察がたくさん飛び交っていました。

勇輝の正体は、最終回で勇輝の口から語られることになりました。

なんと勇輝は公安の人間で、工作員である奈美を監視する任務を遂行していたのです。

奈美が中国で死んだことになった半年前から、奈美をずっとカメラを通して見張っていたというのです。

奈美は、ブローカーから戸籍を買ったときに足がついたのね、と納得していました。

奈美がまたほかの任務を遂行するために戸籍を買ったと思い監視していたが、実際はそんなことはなく普通に生活するという不可解な行動取ったため、奈美に実際に近づいて監視しろと命令されていたのです。

勇輝は第6話で警察官と親しげに話しをしているシーンがあったり、伊佐山家に侵入した空き巣を撃退したりと普通の人では無いな?と思われるシーンが多々あったので、やっぱり警察関係なんだと納得しました。

ドラマ「奥様は取り扱い注意」の中で、勇輝は奈美を監視する公安の人間だったという事ですね。

 


ドラマ「奥様は取り扱い注意」の奈美の過去は?


では今度は奈美の過去について、ご紹介します。

奈美は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員です。

ドラマ内での悪者との戦いのアクションはすごくカッコよかったですし、特殊工作員というのも納得できる感じでしたよね^^

奈美がドラマ中で語った過去は、

  • 生まれてすぐ、広島県福山市の福山西教会礼拝堂に捨てられた。
  • 島田優子というのが本名。新しい「片山奈美」という新しい戸籍を取得し、穏やかな生活とあたたかな家庭を手に入れるために足を洗った。

というものでした。

「生きていくために、特殊工作員の道を選ぶしかなかった」と語った奈美。

特殊工作員を選ぶしかなかったなんて、驚きの過去です。

ただ、スリルが大好きな奈美。

自分で望んで手に入れた新しい生活でしたが、ずっと欲しかった穏やかな生活や、あたたかな家庭に飽きてしまうのです。

そしてスリルを求めて、色々なトラブルの解決に乗り出すのでした。

 


奥様は取り扱い注意の勇輝が菜美と結婚した理由は?


勇輝が奈美と結婚した理由は、勇輝が奈美を好きになってしまったからです。

勇輝は面と向かって奈美と会った瞬間一目ぼれをしてしまい、任務ということを忘れてしまうほど惹かれてしまいました。

そして身近で奈美を監視するという名目で上司を説得し、結婚したのです。

しかし奈美を好きになればなるほど、奈美をだましてしまっているという罪悪感から奈美に触れることができなくなりました。

その罪悪感を無くすため、勇輝は結婚して1年を迎えるまでに何もなければ監視を解くという約束をしています。

ですが奈美が友人を助けるため様々な事件に関与してしまったので、いつ拘束されてもおかしくない状況になってしまいました。

だから最終回で、奈美が大事な勇輝はドイツ行きを提案するのです。

最初は任務だったのに一目ぼれをして結婚までしてしまうなんて、勇輝は本当に奈美が好きだったんですね。

私は個人的に西島さんのお顔がタイプすぎるので、「君を幸せにする」という言葉には心臓をぶち抜かれました^^

最終回の最後のシーンでは、勇輝が奈美に銃を突きつけ、パンッと銃声が響いたシーンで終わってしまいました。

勇輝は最終的に任務遂行を選んだのか、はたまた打つふりをして奈美を選んだのか。

そこは謎に包まれています。

 

奥様は取り扱い注意の勇輝(西島秀俊)の正体・菜美の過去・結婚した理由まとめ

今回は、ドラマ「奥様は取り扱い注意」の勇輝の正体奈美の過去2人が結婚した理由についてご紹介しました。

勇輝の正体は、公安警察

奈美の過去は、ある国家の情報機関に雇われた特殊工作員という事でした。

勇輝は奈美の過去を知りつつ一目ぼれし、身近で奈美を監視するという名目で上司を説得して結婚しました。

ドラマの最終回のラストシーンでは、勇輝が奈美に銃をつきつけ銃声が鳴り響くシーンで終わっています。

「いったいどうなったの!?」とスゴク気になる場面で終わってしまったので、映画がどのような展開になるのかとても楽しみです。

映画は2020年6月に公開です。要チェックですね^^




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です