キングオブコント2020の審査員がひどい!コメント内容や評判・なぜこのメンバーなのか紹介

キングオブコント 審査員 ひどい

今年2020年で13回目となる、キングオブコント。

毎年話題になるのですが、今年も「審査員のコメントがひどい」「審査員の審査方法がおかしい」という声が多く聞かれました。

今年は特に特定の人の名前が挙げられていましたので、その人のコメントやTwitterでの評判、なぜ今このメンバーなのかについてご紹介していきます。

 


キングオブコント2020の審査員がひどい!どんなコメントをした?

今年の審査員の中では、特にさまぁ~ずの三村さんと、バナナマンの日村さんが「審査員としてひどい」「審査員としておかしい」と、やり玉にあがっていました。

いったいどんなコメントをして、審査員として批判されているのでしょうか?

 

さまぁ~ず三村

三村さんは1stステージ時の空気階段への審査の時に、審査員の中で⼀番低い点数をつけました。

審査なので低い点数をつけられる事はもちろんあると思いますが、「空気階段」につけた点数の理由を聞かれたときに三村さんは、

「ちょっと今まで似た点数だったから変えてみた」

という発言をしました。

こういう理由でこの点数を付けました、ではなく、今までと似た点数だから・・・という理由に、「おかしい」という意見が続出。

また他にも、三村さんの採点の基準がわからなかった、という声も多く聞かれました。

 

バナナマン日村

バナナマンの日村さんにも、審査員としての姿に違和感を覚えた人が多かったようです。

日村さんは「ネタ書いてないのでよく分からないですけど」という発言をや、コメントが普通過ぎるという理由などで、やり玉にあがっていました。

お二人ともコンビの中でネタを書かれていないという事なので、それで審査員をしているというところに違和感を持たれているようです。

ネタを書いていなくてもお笑いのプロですし、ネタを書いていない方から見たコントの評価というのも必要な気もするのですが、ネタを書いている人が審査員をやって欲しいという声は多いですね。

 


キングオブコント2020審査員の視聴者の評判は?

今年の審査員に対する評判を見てみましょう。

毎年審査員の言動などにコメントは集まりますが、今年はいつも以上に「ひどい」「おかしい」と話題となっていました。

 


キングオブコントの審査員はなぜこのメンバーなの?

現在の審査員のメンバーは、2015年から

  • ダウンタウンの松本人志さん
  • さまぁ~ずの大竹一樹さん、三村マサカズさん
  • バナナマンの設楽統さん、日村勇紀さん

の5人です。

審査員の選出基準は「コント芸人が尊敬するコント芸人であること」とされており、上記の方々がそれに該当するという事で選ばれたようです。

ですが今の審査員に納得がいっていないキングオブコント視聴者も多く、ツイッターではこの芸人さんなら良いのでは?という、具体的な名前も聞かれました。

いったいどんな人の名前があがっているのでしょうか?

多かったのは、サンドウィッチマンさん、ロバート秋山さん、東京03飯塚さん。

沢山の人が、次の審査員に・・・と名前をあげていました。

今の審査員のメンバーも5年たちました。

もしかしたら今年の評判を聞いて、来年変更があるかもしれないですね。

 

まとめ

キングオブコント2020の審査員がひどい!コメントや評判・なぜこのメンバーなのか紹介と題して、ご紹介してきました。

キングオブコントの審査員のメンバーには様々な意見が聞かれますが、ネタを作っている人がやって欲しいという声が多く聞かれました。

今回2020のキングオブコントでは、さまぁ~ずの三村さんは決勝ステージで3組に同点で点数をつけたことで、やる気がないという風にみられたりもしています。

たまたまだったとは思うのですが、全て90点というキリがよい数字だったのもそう思われてしまう理由となっているようです。

来年も同じ審査員のメンバーになるのか変更があるのか、注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です