コロナウイルス対策にスマホの消毒は必要?除菌方法やタイミングは?

コロナウイルス スマホ 消毒

外出先や電車の中などでも触ることが多い、スマートフォン

家に帰ってきたら手洗いうがいはするけど、スマホには何もせずそのまま触っているという方も多いのではないでしょうか。

でも考えてみて下さい。

外出先で色々な所を触った手でスマホを触っているはず。

スマホにもウイルスがついていても、おかしくありません。

せっかく手を洗っても携帯電話やスマホにウイルスがついていたら、またすぐに手指にウイルスがついてしまう事になりますよね。

そこでこの記事では、コロナウイルス対策にスマホの消毒は必要なのかスマホの除菌の仕方消毒のタイミングをご紹介していきます。

 


コロナウイルス対策にスマホの消毒は必要?

まず初めに、スマホやスマホカバーにウイルスがつくのか?という事なのですが、やはりくっついてしまいます。

スマホは細菌やウイルスの温床だという話は前に聞いたことがあったのですが、調査結果では細菌に関しては便座の約10倍もの量がくっついていたのだとか。

専門家もこのように言っています。

電車の中でウイルスがついている手すりやつり革を触った手でスマホを触る人が多いです。
その状態でスマホを触るとスマホにウイルスがついてしまう。家に帰ってご家族がもし、その物を触れば家族の人にも感染する可能性がある。

参照URL:https://www.fnn.jp/posts/00050338HDK/202002181918_livenewsit_HDK

しかもツルツルしている物の方がウイルスは長生きする(最大48時間)ようなので、スマホに長い間ウイルスがとどまっている可能性もあります。

スマートフォンは今では生活の一部となっていますし、肌身離さず持っている人も多いもの。

外出先と自宅のスマホの2台持ちで使い分けとか出来たらいいのかもしれないですけど、それは無理な話ですよね(>_<)

ですのでコロナウイルス対策としては、外で使っていたスマホを自分が手を洗うのと同じように、消毒、除菌が必要という事になります。

次にスマホの消毒・除菌の方法をご紹介していきます。

 


コロナウイルス対策にスマホを消毒!除菌の仕方は?

スマホを消毒、除菌するといっても、当たり前ですが手と同じように石けんなどでジャブジャブ洗えるわけではありません。

スマホは高価なものなので、消毒や除菌は慎重にする必要があります。

新型コロナウイルスの対策として効果があるのが、アルコール消毒だと言われていますよね。

ですからスマホの消毒にも、やはりアルコール消毒が一番だと思います。

といっても、スマホにシューッとスプレーでアルコール消毒液をかけるのはNGです。

コットンや柔らかい布にアルコール(エタノール)消毒液を含ませて、やさしくスマホの画面やカバーなどを拭いてくださいね。

ただ今はアルコール(エタノール)消毒液がどこも売り切れていて、なかなか手に入りません(T_T)

私は自宅で作っていますが(>>アルコール除菌スプレーの簡単な作り方!)、ネットでは価格はあがっているものの購入できるようです。

こちらの商品は、アルコール濃度が75%

コロナウイルス対策に効果があると言われている濃度です(コロナウイルスの除菌に効果があるのは、70%以上のアルコール(エタノール)と言われています)。

こちらは手指専用のものではありませんが、使用している人の口コミで手指に使っているという声もありました。

ですので、スマホの消毒をする際に少し手にかかる分には問題ないと思われます。

もっと手軽に拭きとりたい場合には、アルコールタイプの除菌シート(ウエットティッシュ)を使用してもよいかもしれません。

ただアルコールタイプの除菌シートのアルコール濃度は50%未満のようなので、アルコール消毒液に比べると除菌効果は落ちると思われます。

でも手軽にコロナウイルスの消毒・除菌対策ができるので、何もしないよりはよいのではないでしょうか。

 

ただ注意していただきたいのが、アルコール(エタノール)は一部の樹脂やプラスチックを劣化させてしまう可能性があるので、ご使用の際には使用量や拭き方に注意して下さい。

スマホカバーが、革製の方もいらっしゃると思います。

変色してしまう可能性もありますので、使用にはくれぐれもご注意くださいね。

 


コロナウイルス対策にスマホを消毒!タイミングは?

肌身離さず持っている人も少なくない、スマートフォン

アルコール消毒液で拭くのが良い事はわかったけど、いつやればいいの?と思いますよね。

一日のうちに自宅や職場・学校、色々なところに出たり入ったりしますので、スマホの消毒のタイミングが難しいです。

ですがいつスマホに新型コロナウイルスが付着するか分からないので、自宅に帰った時だけスマホの消毒をするというのも何だか心配ですよね。

私のオススメは、外出先でスマホを消毒目的で拭く時は、市販のアルコール除菌シート

自宅に帰ったら、アルコール消毒液で拭くです。

アルコール除菌スプレー

除菌シートで拭くだけでしたらサッとできますので、職場についた時などでもすぐに出来ますよね。

目に見えるものではないのでどれだけ効果があるかは分かりませんが、スマホにウイルスがつく事は事実です。

しかも長い時間とどまっている事もあると言われているので、何もしないよりはした方が安全だと思います。

 

コロナウイルス対策にスマホの消毒は必要?除菌方法・タイミングまとめ

スマートフォンには、自分が思っていたより多くの細菌やウイルスが付着していることが分かりました。

せっかくキレイに手を洗っても、そのあとに外で触っていたスマホをさわったら、ウイルスがまた手に戻ってきます。

外出先から自宅へ帰ってきた時はもちろん、外出先でもスマホを頻繁に触る機会があるのなら、コロナウイルス対策に除菌シートなどを利用して消毒した方がよいかもしれません。

コロナウイルス対策として、スマホの消毒は必要かと思います。

気にしすぎるのもよくないですが、アルコール消毒液で拭く」「除菌シートで拭く」というのは簡単に出来る事ですので、ぜひやってみて下さいね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です