天気の子は君の名はの売り上げ超えた?興行収入や観客動員数を徹底比較!

天気の子 君の名は 比較

新海誠監督作品の「天気の子」は、2019年7月19日に公開された作品です。

社会現象となった大ヒット作品「君の名は。」から3年、新作「天気の子」に対する期待度は高く、公開3日で興行収入が約16億4,000万円に達したと発表されました。

この興行収入は、前作「君の名は。」を上回る勢い。

そこで両作品のファンから聞かれるのは、「結局「天気の子」は「君の名は。」の売り上げを超えたの?」という声です。

確かに気になりますよね。

そこでこの記事では、「天気の子」と「君の名は。」の興行収入や観客動員数を徹底比較

「天気の子」は「君の名は。」の売り上げ超えたのか?を詳しくご紹介していきたいと思います。

 


「天気の子」「君の名は。」の興行収入・観客動員数を徹底比較!

では早速、映画「天気の子」が「君の名は。」の売り上げを超えたのかどうか、両作品の興行収入観客動員で確認してみましょう^^

 

天気の子の興行収入や観客動員数は?

ではまず、「天気の子」の観客動員数興行収入がどうだったのかを見ていきましょう。

「天気の子」は2019年7月19日に公開しました。

日にち観客動員数興行収入
7/21日まで約115万人約16億円
7/28日まで約287万人約39億円
8/4日まで約440万人約60億円
8/11日まで約584万人約78億円
8/18日まで約717万人約96億円
8/25日まで約800万人約107億円
9/1日まで約875万人約116億円
9/8日まで約913万人約121億円
9/15日まで約955万人約127億円
9/22日まで約982万人約130億円
9/29日まで約997万人約132億円
10/13日まで約1,022万人約136億円

 

映画公開から1週間ごとの観客動員数と興行収入を追ってみたところ、このようになっています。

「天気の子」は、公開から3か月ほどで135億円を突破するというメガヒットとなりました。

公開5か月目の2019年12月には、興行収入は140億2,000万円となっています。

 

君の名はの興行収入や観客動員数は?

次に、「君の名は。」の観客動員数興行収入がどうだったのかを見ていきましょう。

「君の名は。」は、2016年8月26日に公開しました。

日にち観客動員数興行収入
8月26〜28日まで約59万人約7億7000万円
8/28日まで約96万人約12億7800万円
9/4日まで約300万人約38億円
9/11日まで約481万人約62億円
9/22日まで約774万人約100億円
10/3日まで約1,002万人約130億円
10/16日まで約1,184万人約154億円
11/3日まで約1,354万人約176億円
11/27日まで約1,539万人約200億円
12/5日まで約1,354万人約176億円
12/11日まで約1,578万人約205億円

途中からの伸びがスゴイですね^^

「君の名は。」は多くの映画館で2017年5月頃まで上映され続け、一番長い映画館だと2017年8月頃まで上映されていました。

公開して4か月目で興行収入は約205億

最終的な興行収入は、250億3000万円となっています。

 


天気の子は君の名はの売り上げ超えた?

「君の名は。」は301スクリーンで公開し、好評から徐々に拡大上映されました。

351日間にも及ぶ異例のロングランとなり、最終興行収入は上にも書きましたが250億3000万円

これは歴代映画の興行収入ランキング4位にランクインするほどの、超大ヒットの数字です(2019年7月現在)。

「ハリー・ポッターと賢者の石」の興行収入をも抜かし、まさに映画史に残る作品となりました。

「君の名は。」は、DVD・ブルーレイも2017年7月26日に発売され、初動で約63万枚もの売り上げを達成。

売上金額は43.6億円となりました。

今は動画配信サービスが便利で主流となってきており10万枚超えることが難しい中、初動で63万枚売れたのはスゴイことです!

一方で「天気の子」は「君の名は。」のヒットを受け、「君の名は。」を超える448スクリーンで公開。

2019年7月26日(公開してから1週間)で19.5億円を記録しましたが、これは「君の名は。」を超えるペースでした。

また2019年邦画興行収入では、映画「天気の子」が年間ナンバーワンを獲得しました。

ですが上の表の通り「天気の子」は「君の名は。」の興行収入と観客動員数を比較してみたところ・・・。

公開して1か月目と3ヶ月目の興行収入・観客動員数は、このように違います。

興行収入・観客動員数比較

★公開から約1か月

天気の子 約717万人、約96億円

君の名は 約774万人、約100億円

★公開から約3ヶ月

天気の子 約1,022万人、約136億円

君の名は 約1,539万人、約200億円

★最終興行収入

天気の子 約141億円(予想)

君の名は 約250億円

映画公開後の初動は「天気の子」の方がよかったのですが、日にちを追っていくと「君の名は。」の方がヒットしている事がわかりますね^^

「君の名は。」はリピーターが多かったことも、関係しているのかもしれません。

最終興行収入は、「君の名は。」の方が100億円は多いですね。

ただ「天気の子」はDVD・ブルーレイの発売が、まだこれからです。

興行収入と観客動員数では「君の名は。」の方に軍配があがりましたが、2020年5月27日に発売される「天気の子」のDVD・ブルーレイの売り上げによっては、最終的に「天気の子の方がヒットした!」という事になるかもしれません。

 


天気の子は君の名はの売り上げ超えた?興行収入・観客動員数徹底比較まとめ

「天気の子」と「君の名は。」の興行収入や観客動員数を徹底比較し、「天気の子」が「君の名は。」の売り上げを超えたのかどうかをご紹介してきました。

「君の名は。」の新海監督待望の次回作として注目された、「天気の子」

新海アニメらしいビジュアルや、前作に引き続きタッグを組んだRADWIMPSの音楽、そして叙情的な物語世界などもあり、多くのリピーターを獲得しました。

「君の名は。」派と「天気の子」派がいらっしゃるとは思いますが、どちらも素晴らしい作品ですしどちらも誰が観ても楽しめる映画ですよね^^

両作品を比較してみると、「君の名は。」の方が「天気の子」より興行収入と観客動員数は上回っている事がわかります。

ですがこれから発売される「天気の子」のDVDブルーレイの売れ行き・売り上げによっては、「天気の子」が上回るかもしれません。

どうなるのか、引き続き注目していきたいと思います!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です