卒業アルバムは燃えるゴミで捨ててOK?必要ない卒アルの捨て方!

卒業アルバム

 

学校を卒業するたびに増えていく「卒業アルバム」

 

全部保管していますか?

 

「卒業アルバム」は重くて場所をとるものが多いので、「邪魔だな~」「処分したいな~」と思っている人も多いアイテムです。

 

けれども、個人情報がたくさん詰まっていて、燃えるゴミとしてそのまま処分してよいのかどうか、悩んでしまいますよね。

 

この記事では、「卒業アルバム」を安心して処分できる方法をご紹介していきます。

 

処分の仕方に悩んでいるのなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


卒業アルバムはいらない!処分する方法3つ

 

卒業アルバム

 

「卒業アルバム」を見返すことって、あまりないですよね。

 

受け取ったその日に見ただけで、あとは棚や押入れに保管したままだったりします。

 

卒業アルバムを処分したい!と思っているあなたへ、処分する方法を大きく分けて3つご紹介していきたいと思います。

 

燃えるゴミとして捨てる

 

アルバムは金属などでできた金具を取り除けば、燃えるゴミとして処分することができます

 

その際に、写真などの個人情報は消してくださいね。

 

アルバムをバラした後に、個人情報のページを処理していきましょう。

 

個人情報の処理の仕方には以下のような方法があります。

 

1.シュレッダーで細かくする

 

シュレッダーや、シュレッダーはさみを使って、細かくしていきます。

 


サンスター文具 7連刃シュレッダーはさみ 200mm S3711455 ブラック

 

シュレッダーやシュレッダーはさみを使うと、細かく裁断することができるのでオススメです。

 

2.水にふやかしてから切る

 

卒業アルバムは、分厚くて切りづらいです。

 

切り離したページを1日~2日水に入れて放置すると、紙がふやけて切りやすくなります。

 

手でもちぎることができますが、個人情報が分からなくなるよう細かくちぎりましょう。

 

3.紙袋や新聞紙に包む

 

卒業アルバムだと分からないように、新聞紙や紙袋に包んでから、指定のゴミ袋へ入れます。

 

回収後はすぐに焼却処分されるようですが、心配な場合は、個人情報部分をマジックで消してから、捨てるようにして下さい。

 

専門業者に頼む

 

「機密書類の廃棄」をしてくれる、業者に頼むという方法があります。

 

費用はかかりますが、ダンボールに詰めた書類などを無開梱のまま、溶解処理をしてくれるというものです。

 

主なサービスとして、「ヤマトグループの機密文書リサイクルサービス」があります。

 

https://www.y-logi.com/ylc/logistics/kimitsu/

 

1箱(44×32×28cm)1,890円(税抜)

(※料金には、運賃・溶解処理料・溶解完了証明書発行料・専用ダンボール箱代・保険料などが含まれています)

 

リサイクルサービス導入手順

 

  • 申込書またはWEBから申し込み

 

  • 専用ダンボール箱が届けられる

 

  • 廃棄書類を詰める

 

  • 集荷をしてもらう

 

  • 工場へ運び溶解処理される

 

  • 溶解完了証明書が発行される 

 

 

ゴミ処理場に自分で持ち込む

 

個人情報の漏洩が心配な場合は自治体のゴミ処理場に直接持ち込んで捨てる方法もあります。

 

自治体により料金は異なりますが、低料金で捨てることが可能です。

 

私が住んでいる自治体では、ゴミのたまった焼却場のなかに、自分でゴミを投げ入れることができるので、自分の目で確認して捨てることができます。

 


卒業アルバムを処分すると後悔する?

 

卒業アルバム

 

最近は断捨離ブームもあり、「卒業アルバムは見返すこともないので捨ててしまった」という話も聞くようになりました。

 

「卒業アルバム」は一度捨てたら手に入れることはできません。

 

捨ててしまって本当に後悔はしないのでしょうか?

 

後悔しないための処分の仕方を見ていきたいと思います。

 

いさぎよく処分した方が良い場合

 

「学校生活に良い思い出がない」「過去を思い出したくない」「アルバムに写っている自分の写真を見たくない」

 

など、アルバムを見ることによって憂鬱な気分になる場合は、潔く処分してしまったほうが良いかもしれません。

 

「卒業アルバム」という存在がなくなるだけで、重荷から解放されるはずです。

 

捨ててしまっても後悔することはないでしょう。

 

処分したいけれどしない方が良い場合

 

「捨ててしまったら後悔するかも・・・」という気持ちがあるうちは、思い切って捨ててしまったら後悔するかもしれません。

 

一度見返してみて、取っておくか処分するかを決めることをオススメします。

 

それでも判断がつかない場合は、まだ捨てるタイミングではないのかもしれません。

 

処分できる日までは取っておいたほうが、後悔がなくてすみますよ。

 

保管場所がなくなった場合

 

卒業アルバムは、分厚くて重たいことが多く、保育園・幼稚園時代からのものを全て取っておくと、かなりの量になりますよね。

 

置き場所に困っている人も多いです。

 

卒業アルバムを見返すこともなく、とくに思い入れがない場合は、思い切って処分してしまうという方法もあります。

 

必要なページの写真を撮って、保存しておくという保存方法もありますよ。

 

卒業アルバムの全ページを、データ化してくれる業者もあります。

 

アルバムコンシェルジュ(https://www.album-concierge.com/index.html

 

自分で写真を撮ったりスキャンしたりするのが面倒な場合は、業者に頼むと楽ですね。

 

かさばるアルバムは処分したいけれど、思い出を残しておきたい場合にはオススメです。

 

卒業アルバムの捨て方まとめ

 

「卒業アルバム」に対する考え方は、人それぞれですよね。

 

大切な思い出が詰まったアルバムを捨てることなんて出来ないという人は、大事に持っておくことが最良だと思います。

 

たまに見返したりすると楽しいかもしれません。

 

卒業アルバムを見ると嫌な気分になるような場合や、見返すこともないし、置き場所がなくて困るという場合は、処分してしまったほうがスッキリするでしょう。

 

「思い切って捨ててしまって、あとから後悔した」という人もいるので、捨ててしまって本当に後悔しないかどうかを自分に確認してから、処分するようにして下さいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です