なんばスカイオ「茶寮つぼ市製茶本舗」で抹茶スイーツを堪能!メニューや味を口コミします

スポンサーリンク

 

2018年10月にオープンした「なんばスカイオ」の中にある和カフェ「茶寮つぼ市製茶本舗」で、抹茶&スイーツをいただいてきました!

 

堺にある本店は、長い行列が出来る大人気のお店です。

 

とっても楽しみにしていたので、オープンから4日目に早速行ってきました^^

 

「茶寮つぼ市製茶本舗」なんば店のメニューや、実際利用して感じたことを感想として口コミします。

 

テイクアウトのスイーツやお茶、茶飯で作ったおにぎりが入ったお弁当なんかもあって、バリエーション豊かで楽しいお店でした。

 

行ってみたいと思っているあなたの参考になれば幸いです^^

 

スポンサーリンク

 

大人気「茶寮 つぼ市製茶本舗」ってどんなお店?

 

なんば つぼ市製茶本舗

参照:http://www.tsuboichi.co.jp/saryo/

 

「つぼ市製茶本舗」は、1850年(幕末、嘉永三年)に堺に茶問屋として創業した歴史あるお店です。

 

その「つぼ市製茶本舗」が手掛けるカフェが、「茶寮つぼ市製茶本舗」

 

お茶のプロが淹れる味わい豊かな日本茶や抹茶、特製の抹茶を使った「抹茶パフェ」「抹茶かき氷「抹茶スムージー」、「ほうじ茶スイーツ」などがいただけます^^

 

出されるお茶は、もちろんつぼ市の茶鑑定士さんが全国のお茶から選び抜いたこだわりのお茶。でもお茶だけでなく、スイーツなどもお茶に合うように自家製だそうですよ。

 

そんな老舗お茶屋さんのこだわりカフェなので、もちろんお店は大人気!

 

堺にある本店「茶寮つぼ市製茶本舗 堺本館」は順番待ちの長~い行列が出来ることも多く、口コミを見ていたら1時間待ったという声もいっぱいです。

 

そんな大人気の「茶寮つぼ市製茶本舗」が、アクセス便利な難波にオープンした「なんばスカイオ」にお店を出したので、これは行ってみなくちゃ!と早速食べに行ってきました♪

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」に行ってみた!待ち時間は?

 

なんば つぼ市製茶本舗

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」はどんなお店?

 

なんばスカイオ5F「茶寮 つぼ市製茶本舗」は、「お茶やギフト商品などを販売する物販コーナー」「テイクアウトコーナー」「カフェ」の3つがあります。

 

日本茶やお菓子などが売っている物販コーナーも、結構にぎわっていました^^

 

でもやはり混雑していたのは、テイクアウトのコーナーカフェですね。

 

テイクアウト(お持ち帰り)として売っているメニューは、煎茶、抹茶、抹茶スムージーや抹茶ラテなどの飲み物や、アイスクリームなどがありましたよ。

 

なんば店限定の「老舗茶舗のお茶まん(抹茶)」というスイーツもありました^^

 

下の写真の「利休濃い茶生そふとサンデー」「利休濃い茶生ソフト」も、美味しそうですよね~。

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」

 

テイクアウトといっても、お店の横にテイクアウトメニューを食べるコーナーがちゃんと設けられているので、そこで食べて帰ることが出来ますよ。

 

席は10席程度ですが、テイクアウト商品を買ってそこで食べている人も多かったです。

 

カフェは混んでいることが多いでしょうから、カフェで待つ時間はないけど「茶寮 つぼ市製茶本舗」のスイーツを食べた~い!って時は、テイクアウトメニューを頼んでササッとこのスペースで食べるのもいいかもですね^^

 

あと、「利休お結び弁当」というお弁当も限定数で売っていましたよ。京番茶がついて880円でした。

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」のカフェの待ち時間は?

 

茶寮 つぼ市製茶本舗

 

私がお店にうかがったのは、土曜日の13時ころ。

 

その時点で待っているのは2組ほどでした。まだティータイムには早い時間だったからか、予想よりずっとすいている印象です。

 

でも店内は狭くて座席数が26席しかないからか、なかなか順番が回ってこず^^;結局、30分ほど待ちました。

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」のメニューは?

 

30分ほど待ってようやく案内されました。

 

メニューは、今どき?っぽくタブレットで見るようになっていて、そこから注文も自分でします。

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」

 

メニューはテイクアウトメニューとはやはり違うようになっていて、お店でしか食べられないメニューがたくさんありました。

 

お食事系は、「ランチセット茶粥」というメニューだけだったと思います。

 

私はなんばスカイオ6Fにある黒酢レストラン「桷志田(かくいだ)」でランチをしてお腹がいっぱいだったので、夫は「煎茶(特撰 利休の詩) 800円」、私は「プレミアム抹茶三昧セット 1,780円」を頼みました。

 

なんばスカイオの黒酢レストラン「桷志田(かくいだ)」でランチ!待ち時間と味やメニューは?

2018年10月21日

 

私が頼んだ「プレミアム抹茶三昧セット」は、夫と半分こです^^

 

夫の頼んだ煎茶は、「熱・温・冷」からお茶の温度を選ぶことが出来ます。

 

「熱」と「温」がどう違うのかがちょっと分からなかったのですが、夫は熱いのが飲みたい!という事で「熱」を選びました。

 

茶寮 つぼ市製茶本舗」の抹茶やスイーツの味はどうだった?

 

夫が頼んだ「煎茶(特選 利休の詩) 800円」がきました!

 

なんばスカイオ「茶寮 つぼ市製茶本舗」

 

ものすごくシンプル。本当にお茶のみです(笑)

 

ポットにお湯を入れて持ってきてくれるので、結局、湯飲み茶わんに2~3杯くらいは飲めたのではないでしょうか。

 

飲んだ感想は、「普通に美味しい」だそうです^^;

 

温度は「熱」を選びましたが、そんなに熱くないと言っていました。

 

私が頼んだ「プレミアム抹茶三昧セット 1,780円」は、抹茶、抹茶のアイス、抹茶のあんが入った大福、抹茶のテリーヌ、クッキーに抹茶がまぶしてあるようなお菓子がセットになっています。

 

茶寮つぼ市製茶本舗 なんばスカイオ

 

スイーツ全部美味しかったのですが、抹茶のテリーヌにそえられていた生クリームも甘すぎずさっぱりしていて、本当に美味しかったですよ^^

 

あまりに美味しそうで写真を撮るのを忘れて抹茶アイスをパクッといってしまい(笑)、アイスがちょっと欠けてしまっていますが、キレイでオシャレなスイーツで目にも楽しいです。

 

抹茶もコク甘味があって、とても美味しい抹茶で大満足でした。

 

1,780円という値段に最初はとってもびっくりしましたが、本当に美味しいのでこのセットはおススメです!

 

<茶寮つぼ市製茶本舗>

なんばスカイオ5F ほんまもんフロア

営業時間:10:00~22:00
(カフェ・・・LO20:30、テイクアウト・・・LO21:30)

電話:06-6645-1850

 

茶寮 つぼ市製茶本舗」なんば店まとめ

 

なんばスカイオ5Fの和カフェ「茶寮 つぼ市製茶本舗」でのティータイムは、スイーツも抹茶も本当に美味しくて大満足の時間となりました。

 

座席数が少ないのとお値段が高いのがちょっと残念ですが、テイクアウトの方だとお値段ももう少しリーズナブルで気軽に食べられるので、次回はそちらの利用もいいかなぁ~と思っています。

 

抹茶のかき氷がとっても有名なようなので、夏になったら必ずかき氷を食べに行くぞ~!ともう予定しています^^

 

ふわっふわのボリュームあるかき氷のようなので、とっても楽しみ♪

 

歴史あるお茶屋さんの抹茶スイーツ、ぜひ食べにいってみて下さいね!

 

なんばスカイオの中にあるレストランを、下記記事で全てご紹介しています。よかったら参考にしてみて下さい^^

なんばスカイオ 外観

なんばスカイオのレストランを全て詳しく紹介!関西初出店のお店も

2018年8月27日

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です