淡輪ときめきビーチで潮干狩り2019!開催期間やおすすめポイントを詳しくご紹介

スポンサーリンク

 

淡輪(たんのわ)ときめきビーチ「潮干狩り」情報を詳しくご紹介します。

 

4月~6月まで楽しめる、淡輪ときめきビーチの潮干狩り。

 

GWにも楽しめるし、子供連れでのレジャーにピッタリ!

 

しかも淡輪ときめきビーチの潮干狩りは、潮干狩りだけじゃなくて他にも楽しめるポイントもあるんですよ^^

 

淡輪潮干狩場の「潮干狩りの期間」や「料金」などの基本情報から、「ときめきビーチの潮干狩り以外の楽しめるポイント」「アクセスや駐車場情報」などもお伝えします。

 

ぜひ参考にお出かけくださいね^^

 

スポンサーリンク

 

淡輪潮干狩場で取れる貝の種類は?そのまま持って帰れる?

 

潮干狩り ときめきビーチ

 

広々とした白い砂浜と水がきれいなビーチがある、「淡輪(たんのわ)ときめきビーチ」

 

海水浴場として有名な「ときめきビーチ」ですが、大阪府内にある潮干狩りスポットとしても大人気なんですよ^^

 

淡輪ときめきビーチの潮干狩場で取れる貝は、「あさり」です。

 

ただ自分で採った貝を持ち帰ることは出来ません。というのも、大阪湾を中心にアサリなどの二枚貝で貝毒が広がっているからです。

 

貝毒とは・・・

 

・アサリなどの二枚貝は、餌となる海水中のプランクトンが原因で毒をもつことがあります。
・毒を蓄積した貝を食べると、手足のしびれといった麻痺や下痢などの症状が発生することがあります。
・貝毒の蓄積は外見では判断できません。また、貝毒は熱に強く、加熱調理では分解されません。

引用:大阪府HP

 

大阪湾では2013年から毎年あさりやトリガイから貝毒が検出されているため、大阪府内の潮干狩りスポットすべてで、「潮干狩り用のアサリ」と「持ち帰り用のアサリ」を区別していて、持ち帰り用のアサリしか持って帰れないようになっています。

 

そんなわけで淡輪潮干狩場では、潮干狩りで採ったアサリは採った貝の量に関わらず「砂抜きをした新鮮な貝(あさり) 大人700グラム、小人400グラム」と交換になります(採った貝を返却、砂抜きした貝をもらう)。

 

自分で採った貝を持ち帰れないのは残念ですが、こればっかりは仕方がないですよね。

 

残念ではありますが、貝がすでに砂抜きされているというメリットがあるとも言えます。

 

に帰ったらすぐに調理して食べらますし、そこは嬉しいポイントなのではないでしょうか。

 

淡輪ときめきビーチの潮干狩りの期間と料金は?

 

 

Masatoshi Hamasakiさん(@hama803)がシェアした投稿

 

淡輪潮干狩場の開催期間と開催時間

 

「たんのわ海水浴場ときめきビーチ」の2019年の潮干狩りが出来る期間は、下記の通りです。

 

2019年4月20日(土)~6月2日(日)

 

4月から始まってゴールデンウィークの間も開催され、6月はじめまで楽しめます!

 

淡輪ときめきビーチは、潮の干満(海面が上昇したり下降したりすること)の影響なく潮干狩りが出来ますよ。

 

開催時間は、8:00~17:00まで。

 

早い時間からオープンして、日が暮れる時間まで営業しているのが嬉しいですね^^

 

淡輪潮干狩場の利用料金

 

<入場料>

大人(中学生以上) 1,300円
小人(小学生以下) 700円
団体(大人) 25名以上 1,200円、 100名以上 1,000円(1人あたり)
団体(小人) 25名以上 600円、 100名以上 550円(1人あたり)

 

 

淡輪潮干狩場は手ぶらでいける?グッズのレンタルは?

 

ときめきビーチ 潮干狩り

 

「たんのわ海水浴場ときめきビーチ」では潮干狩りの道具はレンタルできます

 

具体的に何がレンタル出来るのかというと、ざる・くまでのセットはもちろん、テントパラソルなんかもレンタルできますよ^^

 

<レンタル料金>

潮干狩りセット(ざる・くまで) 100円
小型レジャーシート 300円
ビーチサンダル 300円
パラソル(返却時1,000円返金) 2,000円
貸しテント 1張3,000円

 

ざる・くまでのセットが100円でレンタル出来ますし、帰りは袋に入ったお土産用のアサリをもらうことが出来るので、手ぶらで行っても大丈夫です。

 

ただ潮干狩りスポットから家までの距離が遠い時は、貝の鮮度が心配になりますよね。

 

家までの距離が短い時はそのまま持ち帰っても大丈夫ですが、3時間以上かかるなどの長距離の移動の場合は、クーラーボックス保冷バッグなどの持参がオススメ!

 

そこに保冷剤を1つくらい入れて持ち帰って下さい。

 

保冷剤を沢山いれて冷やしすぎると逆に貝を弱らせてしまう事になるので、冷やすというより温度上昇を防ぐくらいの温度調整でOKです。

 

淡輪潮干狩場のオススメポイントは?

 

ときめきビーチ 潮干狩り

参照:淡輪ときめきビーチ潮干狩場

 

たんのわ潮干狩り場のオススメポイント1

 

淡輪潮干狩場では、バーベキューが出来ます♪

 

バーベキューが出来るエリアは、「潮干狩り場内(無料)」「潮干狩り場外(有料)」「公園指定区域内(無料)」の3ヵ所。

 

バーベキューセット(網・釜・鉄板 付き)を、大2,000円,小1,000円でレンタルも可能ですよ。

 

無料のエリアは予約不要ですし、気軽に利用できるのが嬉しいですね。

 

バーベキューの詳しい案内はこちらに詳しく記載されていますので、参考にご覧ください。→潮干狩期間のバーベキュー可能場所(ときめきビーチ)

 

たんのわ潮干狩り場のオススメポイント2

 

遊具がある公園があるので、お子様と「潮干狩り」に「公園遊び」にと、めいっぱい遊ぶ事ができますよ!

 

遊具がある公園は、せんなん里海公園「イルカ遊園」で、すべり台やアスレチックなどがあります。

 

潮干狩りの場所から歩いて行けるので、オススメです。

 

 

広々した公園で、お弁当を食べることも出来ます^^

 

潮干狩りを楽しんだあとに、公園で遊んだりお弁当を食べて帰ったりしてもいいですね。

 

淡輪潮干狩場へのアクセスと駐車場は?

 

淡輪ときめきビーチへのアクセス:電車

 

<大阪方面から>

南海本線「難波駅~淡輪駅」 約50~60分 

<和歌山方面から>

南海本線「和歌山市~淡輪駅」 約15分

<淡輪駅からときめきビーチまでのアクセス>

  1. タクシー
  2. 徒歩(約12分)
  3. 無料シャトルバス(7月と8月の指定日のみ運行。潮干狩り期間中は利用できない。)

 

淡輪ときめきビーチへのアクセス:車

 

 

<大阪方面から>

第ニ阪和国道「箱の浦ランプ」降車、箱の浦東交差点を左折、国道26号線をしばらく進み、淡輪口交差点を右折。すぐに「ときめきビーチ」アーチが見えます。

<和歌山方面から>

国道26号線より淡輪口交差点を左折。大きな「ときめきビーチ」のアーチがあります。そのまま直進すると「せんなん里海公園駐車場」入り口が見えてきます。
※第二阪和国道からは淡輪ランプで降りてください。 

 

淡輪ときめきビーチの駐車場は?

 

約800台の車を停めることができます。

 

利用料金は、普通車620円、大型バス2,060円、単車(無料)/1日です。

 

淡輪潮干狩場の口コミや感想をご紹介

 

「淡輪ときめきビーチ」で潮干狩りをした人の感想を見てみましょう♪

 

 

 

 

淡輪潮干狩場まとめ

 

潮干狩りはもちろんのこと、公園遊びやバーベキューなど、色々楽しめる「たんのわ潮干狩り場(ときめきビーチ)」

 

レンタル品も充実しているので、手ぶらでお出かけする事も可能です^^

 

ゴールデンウィークはさすがに混雑しているようですが、あさりの量が少なくなった時は途中で職員さんが船で来てアサリを撒いてくれるので安心です。

 

大人も子供も楽しめる潮干狩り。

 

ぜひこの春にチャレンジしてみて下さいね。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です