難波とらや(布地店)の代わりのお店どこ?近隣の手芸店や閉店の理由を紹介

難波 とらや 閉店

大阪の難波で1952年(昭和27年)から営業していた老舗手芸店「とらや」が、2020年12月20日で閉店することになりました。

難波の手芸店「とらや」といえば、難波の駅から近い上に安くて品ぞろえがよく、私も何度もお世話になった事がある手芸店です。

Yahoo!ショッピング内にあったオンラインサイトも、2020年9月27日17時で注文受付を停止します。

長くにわたって愛されてきた老舗手芸店「とらや」は、なぜ閉店するのでしょうか?

また、「とらや」がなくなってしまったらどこに布地を買いに行けばいいの?という声も多く聞かれました。

難波とらや(布地店)の代わりのお店として近隣の大きな布地・手芸店を3つご紹介しますね。

 


とらや(難波手芸店)が2020年末に閉店するのはなぜ?

独特の雰囲気でザ・大阪という感じの店がまえなのに、生地が豊富に置かれていて人気があった難波のとらや。

昔からある老舗手芸店で、1~3Fまでびっしりと記事や手芸用品が置かれており、多くの関西人に愛されてきたお店です。

最近訪れたことはありませんでしたが、そんな私でも「難波とらや」が閉店するというニュースにはとてお驚き、寂しく感じました。

昭和27年に創業した歴史あるお店が、なぜこの2020年に閉店することになったのでしょうか?

 

外国人旅行客が大幅に減少したため

海外からの旅行客が難波とらやで買い物するのか?とちょっと疑問に思ったのですが、一定の需要があったのでしょうか。

このご時世のため、海外からの旅行客が来ないことでお客さんの数が減ったことが閉店の理由の1つになるようです。

 

コスプレイベントの開催が中止のため

難波周辺では日本最大級のコスプレイベント「日本橋ストリートフェスタ」などが開催されており、コスプレイヤーが難波のとらやで生地を買って手作りする事も多かったようです。

ですが、2020年はコスプレイベントが相次いで中止に。

今年はマスクの生地や関連する手芸用品は売れたと思いますが、コスプレイベントはもちろん、他のイベント系はほとんど中止となっているため、衣装系の生地はあまり売れなかったのかもしれません。

外出する機会が減っている分、自宅で手芸を楽しむ人が増えていてもおかしくない気はしますが、なかなか厳しかったんでしょうね。

 

手芸愛好家の人口が減少したため

このご時世、洋服や布製小物が安くてすぐに手に入るので、自分で布から手作りする人が減っているそうです。

確かに、安いのにデザインがよく、品質もバッチリな洋服も沢山売っていますよね。

このご時世+時代の流れで、手芸愛好家が減っているのもうなづけます。

 


とらや(難波手芸店)の代わりのお店は?近隣の他の手芸店を紹介!

今まで難波のとらやを愛用していたら、とらやが閉店すると本当に困ると思います。

とらやに代わるお店とまでは言えないかもしれませんが、難波の近隣地域にある大きな手芸店を3つご紹介しますね。

 

ABCクラフトあべのキューズモール店

難波から電車で10分の天王寺、ショッピングセンター「あべのキューズモール」内にある、「ABCクラフト あべのキューズモール店」。

かなり大きな店舗で、

  • アクセサリー材料
  • 手芸売場
  • 毛糸売場
  • 布地売場
  • 服飾売場
  • アート&クラフト売場
  • フラワー・ブライダル売場

があって、色々なものが揃います。

講習会やイベントなども開催されており、手芸やハンドメイドがお好きな方にとってはたまらないお店ですよ^^

ABCクラフト あべのキューズモール店
  • 住所:大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモールQ-301
  • 電話:06-6649-5151
  • 営業時間:10:00~21:00(施設に準ずる)
  • アクセス:各線天王寺駅から徒歩すぐ

 

ユザワヤ なんばCITY店

上でご紹介した、ABCクラフトより店舗の規模は小さくなりますが、難波の「なんばCITY」にユザワヤがあります。

  • 婦人服地
  • コットン
  • 服飾雑貨
  • 和洋裁材料
  • ミシン
  • 手芸材料
  • 毛糸
  • 工芸材料

が置かれており、たいていのものは揃うのではないでしょうか。

ユザワヤ なんばCITY店
  • 住所:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 なんばCITY本館 地下2F
  • 電話:06-6649-4141
  • 営業時間:10:00~21:00(※当面の間11:00~21:00の営業)
  • アクセス:大阪市営地下鉄御堂筋線・南海電鉄「なんば」駅より徒歩数分

 

大阪サンセイ

梅田の大阪駅前第4ビル の中にある、大きな手芸店です。

卸値で買えるとなっているだけあって、値段は良心的だと思います。

店内に入るには防犯上の理由でカバン等を預けることになっていますので、お店に行ってどうすればよいか分からない時は確認してみて下さいね。

手芸用品だけでなく、フラワーデザイン資材やアクセサリー、トールペイントなどの資材も扱っています。

大阪サンセイ
  • 住所:1号店:大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル B2-39・40 2号店:大阪駅前第4ビル B2-36
  • 電話:06-6341-0951
  • 営業時間:10:00〜18:30(※定休日、日・祝・正月・盆・7月末営業日(棚卸し日))
  • アクセス:大阪駅(梅田駅)各線より徒歩5分

 


まとめ

「難波とらや(布地店)の代わりのお店どこ?近隣の手芸店や閉店の理由を紹介」と題して、ご紹介してきました。

大阪のみならず関西の手芸愛好家に愛されていたお店だったので、とらやが閉店するのは本当に寂しいですね。

とらやは唯一無二とう感じで、代わりというお店はないのかもしれませんが、難波にある「ユザワヤ」、天王寺にある「ABCクラフト」、梅田にある「大阪サンセイ」をご紹介しました。

難波のとらやが閉店したあとは、これらのお店に訪れてみてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です