ジュラシックワールド炎の王国の吹き替え声優は誰?評判はどう?

スポンサーリンク

 

2018年7月に公開される「ジュラシック・ワールド炎の王国」。

 

2015年に公開された「ジュラシック・ワールド」の続編で、ジュラシックシリーズ史上最多の恐竜が暴れまわり、大迫力で相当面白いらしい!と話題の作品です。

 

前回の主要キャストが引き続き出ていることも話題になっていますが・・・、あなたは覚えていますか?

 

前作「ジュラシック・ワールド」がテレビで放送された時に話題になった、「日本語吹き替え問題」のことを。

 

劇場版の日本語吹き替えの声が、テレビで地上波放送された時には別の声に変更になった!という、あの問題です。

 

劇場版とテレビ版でキャストの声が変更となったため、当時のネットニュースでも、「新作(炎の王国)の製作関係者が、劇場版の日本語吹き替えをどうするか頭を抱えている」と話題になっていました。

 

今回の新作「ジュラシック・ワールド炎の王国」では、いったい誰が「日本語吹き替え」の声を務めることになったの?と、とても気になりますよね。

 

調べてみましたので、早速見てみましょう!

 

スポンサーリンク

ジュラシックワールドの日本語吹き替え問題とは?

 

ジュラシックワールド炎の王国参照:ジュラシックワールド/炎の国公式サイト

 

2015年6月に全米をはじめ世界各国で公開された「ジュラシック・ワールド」は、世界興行収入16億7000万ドルを記録し、日本でも95億円を超える記録的な大ヒットとなった作品です。

 

2017年8月には日本テレビ系列の「金曜ロードSHOW!」で、本編ノーカットで地上波初放送されました。その時、劇場版の日本語吹き替えから番組オリジナルの日本語吹き替えへ変更となったことが、大きく話題になりました。

 

いったい何があったのでしょうか?

劇場版の日本語吹き替えは、あまりの出来の悪さとミスマッチ感にネット上ではバッシングの雨アラレ。

出典元:東スポWEB

 

このような声がネット上で多く見られました。多くは主演キャストの吹き替えを担当された俳優さんに向けられたものだったようです。

 

こういう声の影響で、テレビの地上波放送では声が変更になったものと考えられます。

 

超人気シリーズの作品というだけあって、日本語吹き替えへの意見もかなり多かったのでしょう。声でキャストのイメージも随分変わりますから、仕方がないのかもしれないですね。

 

ジュラシックワールドの「劇場版」と「テレビ版」の声優は?

 

恐竜が炎の中にいます参照:ジュラシックワールド/炎の王国公式サイト

 

前作「ジュラシック・ワールド」に出演していて、今回の新作「ジュラシック・ワールド炎の王国」にも出演するキャストを写真付きでご紹介します。

 

そして、前作では「劇場版」「テレビ版」を誰が吹き替えをしていたのかを比較してみましょう。

 

オーウェン・グレイディ(俳優名:クリス・プラット)

元ヴェロキラプトルの訓練を試みるパークの恐竜監視員。

 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿

 

劇場版:玉木宏さん(俳優)
テレビ版:山本耕史さん(俳優)

 

 

クレア・ディアリング(俳優名:ブライス・ダラス・ハワード)

元インジェン社の科学者で、パークの運用管理者。

 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿

 

劇場版:木村佳乃さん(俳優)
テレビ版:仲間由紀恵さん(俳優)

 

 

ヘンリー・ウー(俳優名:B・D・ウォン)

一作目にも登場していた「ジュラシック・パーク」の元遺伝子学者。

 

Jurassic Worldさん(@jurassicworld)がシェアした投稿

 

劇場版:近藤浩徳さん(声優)
テレビ版:堀内賢雄さん(声優)

 

さて、この3人は新作にも出演されるので、日本語の吹き替えを誰が担当するのか気になるところですね。声の変更はあるのでしょうか?

 

現時点ではまだ発表されていないので、あくまでも予想になりますが誰になるのか見てみましょう。

 

2018年5月28日、日本語吹き替えキャストが発表されました!

 

ジュラシックワールド炎の王国の吹き替えは誰?

 

ジュラシックワールド炎の王国のロゴ参照:ジュラシックワールド/炎の王国公式サイト

 

まずは、「ジュラシックパーク歴代シリーズ」の主要キャストの日本語吹き替えは、誰が声優を務めていたのでしょうか。

 

  • ジュラシック・パーク(1993年)

アラン・グラント:富山敬さん(声優、俳優、ナレーター)
エリー・サトラー:弥永和子さん(俳優・声優)

  • ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年)

イアン・マルコム:大塚芳忠さん(声優、ナレーター)
サラ・ハーディング:勝生真沙子さん(声優)

  • ジュラシック・パークⅢ(2001年)

アラン・グラント:小川真司さん(声優、俳優、ナレーター)
ポール・カービー:納谷六朗さん(声優)
アマンダ・カービー:渡辺美佐さん(声優)

  • ジュラシック・ワールド(2015年)

オーウェン・グレイディ:玉木宏さん、山本耕史さん(俳優)
クレア・ディアリング:木村佳乃さん、仲間由紀恵さん(俳優)
ヘンリー・ウー:近藤浩徳さん、堀内賢雄さん(声優)

 

1993年の「ジュラシック・パーク」と2001年の「ジュラシック・パークⅢ」両方にアラン・グラント博士が登場していて、同じ役者さん(サム・ニール)が演じています。日本語の吹き替えは、それぞれ別の方が担当されていますね。

 

ジュラシック・パークでアラン・グラント博士の声を担当した富山敬さんは、1995年にお亡くなりになっているので、2001年のジュラシック・パークⅢでは別の方が吹き替えを担当するしかありませんでした。

 

そういう理由があるものの、事実として、同じ役者さんが演じていても日本語の吹き替え版は違う人が担当しているわけです。

 

ジュラシックワールドでも劇場版とテレビ版で変更したぐらいですから、前回に引き続き同じ俳優さんが演じる「オーウェン・グレイディ」や「クレア・ディアリング」の声も、玉木宏さん、山本耕史さん、木村佳乃さん、仲間由紀恵さん以外の人が担当する可能性が大ですね。

5月28日の公式発表、前作「ジュラシック・ワールド」で主人公オーウェンの吹き替え声優を務めた玉木宏さんと、クレアの吹き替え声優を務めた木村佳乃さんの続投が発表されました。

主演キャストの声に「違和感を感じる」と話題になった前作のままとは、驚きです!テレビ版で声を変更したのは、いったい何だったのでしょうか^^;

今作では、違和感なくピッタリはまるといいですね。

 

 

ジュラシック・ワールドでは玉木宏さん、木村佳乃さん以外にも、松岡茉優さん、オリエンタルラジオの藤森慎吾さん、中田敦彦さんなども声優として日本語吹き替えを担当されていました。

 

「ジュラシック・ワールド炎の王国」では、DPG(恐竜保護団体)のシステムスペシャリストであるフランクリンの吹替えを満島真之介さん、DPGの恐竜獣医ジアの吹替えを石川由依さん、物語の鍵を握る少女メイジーの吹替えを住田萌乃さんが日本語吹き替えを担当すると発表されました。

 

ヘンリー・ウーというキャラクターも前回に引き続き同じ役者さんで登場しますが、こちらは元々劇場版もテレビ版も声優さんが担当されていました。ですから続投もあり得るのではないでしょうか。

 

発表があれば、また追記します!2018年5月29日に追記しました!

 

まとめ

 

「ジュラシックワールド炎の王国」のオーウェンとクレアの吹き替えは、前作の劇場版「ジュラシック・ワールド」の玉木宏さん、木村佳乃さん続投となりました!

 

前作の日本語吹き替えの評判がイマイチでしたので、今作の「ジュラシックワールド炎の王国」では、俳優さんではなく声優さんが主要キャストの声を務めるかも?と予想していましたが、まさかの同じキャストのままとの発表。

 

意外でしたが、でもお二人ともお芝居が上手な俳優さんですし、「ジュラシックワールド炎の王国」ではきっと素晴らしい日本語吹き替えを聞かせてくれるはず!

 

個人的には満島真之介さんの吹き替えも楽しみですし、日本語吹き替えがどうなっているか映画が公開されたら見てみようと思います。映画の公開がとても楽しみですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です