市販のお菓子の代わりに!簡単で子供が喜ぶおやつとは?

スポンサーリンク

 

お子様はおやつタイムに、どんなお菓子を食べていますか?

 

我が家の子供は幼稚園のころ、もっぱら市販のスナック菓子やチョコレート菓子を食べていました。

手軽に食べられるし、何より美味しくて大好きだったからです。

 

だけど市販のお菓子って、どうしても添加物や砂糖の量が気になるんですよね。

 

そこで我が家は、市販のお菓子を食べるのを減らすべく、「自然のもので、砂糖や塩分、添加物が少ないおやつ」を家に常備することにしました。

 

手作りは大変なので、手作りではなく、「スーパーで買ってきて、少し手を加えるだけで出来るもの」というのがポイント!

 

これらは沢山食べても私が怒らないので、子供たちは家で市販のお菓子を食べる回数がグッと減りました。

 

大きくなった今は、「市販のお菓子は美味しくない」といってほとんど食べません。

 

「市販のお菓子を出来るだけ食べさせたくないな・・・」、「何かおやつタイムに良い食べ物はないかな?」とお考えでしたら、この記事を参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

市販のお菓子って身体に悪いの?

市販のお菓子

 

市販のお菓子って袋をあけるだけですぐ食べられて、便利ですよね。

 

でもその多くには美味しいと感じるように、糖分、塩分がたっぷり入っていたり、長期間の保存が出来るように添加物が入っていたりして、積極的には子供に食べさせたくないものです。

 

私が市販のお菓子の代わりに常備することにしたおやつのポイントは、以下の通りです。

  • 出来るだけ自然のもの
  • 簡単ラクチン
  • 子どもが自分で準備して食べられる

時間がかかる手作りのおやつは大変なので、買ってきたものがベースになります。

 

市販のお菓子の代わりにおススメのおやつ3つ

イチゴジュースとイチゴ

 

我が家でよくおやつに登場したのは、下記の3つです。

1.焼き芋

 

家でやきいもを作るの?作るのが面倒なのでは?と思われるかもしれません。

 

でも本当に簡単に出来るんです!

 

さつまいもを洗ってトースターに入れて、そのまま焼くだけ。

アルミホイルに包んだりする必要もありません。

 

参考に、我が家のトースターで焼き芋を作る時のレシピを書きます。

 

  1. 200g(中サイズのさつまいも1本分)の洗ったさつまいもを、そのままトースターに入れ、1000Wで15分焼く
  2. ひっくり返し、さらに30分焼く

 

これだけです!

 

合計45分かかってしまいますが、これでホクホクのしっかり火が通った焼き芋の完成です。

 

私一押しのさつまいもの品種は、「シルクスイート」

 

これは本当に美味しいですよ。

 

なめらかで甘くて、我が家の子供たちは大好きです。

 

焼き芋は冷蔵庫に入れておけば3日は日持ちしますし、冷凍庫で保存もできます。食べる時はレンジでチンすれば、すぐに食べることが出来て便利です。

 

一度に沢山作って冷凍しておくと、いつでも食べることができて楽ですよ。

 

沢山作る場合は、トースターで焼く時間を長くして、爪楊枝などをさしてスッと通るか出来上がりをしっかり確認して下さいね。

 

2.レーズン

 

小さいので腹持ちは今一つかもしれませんが、うちの子の場合、甘いので結構満足感があったようです。

 

だからか、一度に大量に食べたがることはありませんでした。

 

普通のスーパーで有機栽培(オーガニック)のレーズンが売っているのも、嬉しいところです。

 

有機栽培のレーズンは基本オイルコーティングされていないようですが、買う時は原材料のところをしっかり見ていただきたいと思います。

 

「植物油脂」という文字が入っていれば、オイルコーティングされていますので、避けた方が良いですね。

 

レーズン同士をくっつきにくくするために食用油でコーティングすることがあるようですが、余分なものが無いに越したことはありません。

 

レーズンはお皿に出すだけなので、本当に手間なし!です。栄養的にもすぐれていますし、オススメですよ。

 

3.冷凍フルーツ

 

もちろんフルーツをそのまま食べてもいいのですが、夏などにはうちの子は冷凍したフルーツを喜んで食べました。

 

あまりに簡単なので、ご紹介するほどのものではないとも思うのですが、そんな食べ方をしたことないな・・・という方もいらっしゃるかもしれないので、ご紹介してみます!

 

  • バナナ
     

    買ってきたバナナを包丁かスプーンなどで小さくちぎって保存袋に入れ、冷凍しておく(バナナが重ならないように)。子供が食べる時は、凍ったバナナをお皿に出して、はちみつきなこをかけて、出来上がり! (1 歳未満の赤ちゃんには、はちみつは与えないで下さいね)

 

  • キウイフルーツ

    皮をむいてスライスしたら、重ならないように保存袋に入れ、冷凍する。子供が食べる時は、凍ったキウイフルーツヨーグルトにまぜ、はちみつをかけてどうぞ!

 

他にもスーパーで手軽に冷凍フルーツが買えますので、それらをアレンジすれば、おやつとして色々楽しめると思います。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

子供の健康に気を使いつつ、喜んでくれるおやつを出すのって結構難しいものですよね。

 

我が家の子供たちは、「さつまいも」「レーズン」「冷凍フルーツ」を特に喜んで食べました!

 

手作りは面倒だけど、市販のお菓子ではなく自然の食べ物をおやつにしたいという時にはオススメです。

 

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です