MIU404|1話ネタバレあらすじと感想!星野源×綾野剛W主演

MIU404 第一話 あらすじ ネタバレ

星野源さん、綾野剛さん主演のMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)

MIU404の舞台は「警視庁刑事部 第4機動捜査隊」で、街中で起こった事件を24時間以内の解決に挑む1話完結の物語です。

この記事では、第1話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第1話のゲストは、西田ふみこ役の平野文さん!

では早速、2020年6月26日に放送されたMIU404第1話のネタバレをしていきたいと思います^^

 


MIU404 1話のあらすじは?

<第一話あらすじ>

警視庁の働き方改革の一環で、刑事部・機動捜査隊(通称:機捜)の部隊が3部制から4部制に変更となった。

臨時部隊として新設された“第4機捜”の隊員として招集された志摩一未(星野源)だったが、とある人事トラブルからバディとなる隊員が見つからないという事態に。やむを得ず、候補段階で落としていた奥多摩の交番勤務員・伊吹藍(綾野剛)を招集し、バディを組むよう命じられる。

伊吹がどんな人物なのか、不安になった志摩は情報を集めるが、「とにかく足が速い」というだけで、短期間で次々と部署を異動していたり、かつての同僚刑事たちが「彼については話したくない」「二度と顔を見たくない」といい、調べれば調べるほど不安になる。

そして、ついに迎えた第4機捜任務初日。初対面の伊吹は意外にも礼儀正しく、好印象を抱く志摩だったが…!?

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 


MIU404|1話のネタバレ!「激突」

「俺たちの仕事は99%無駄だ」

「タイムリミットは24時間。誰よりも早く犯人にたどり着け!」

1話完結のノンストップエンタテイメント「MIU404」(ミュウヨンマルヨン)。

星野源と綾野剛のW主演で大注目のドラマが、遂にスタートしました。

気になる第1話のネタバレをさっそくご紹介致します。

  • 伊吹 藍(いぶきあい):綾野剛
  • 志摩 一末(しまかずみ):星野源

 

激突

「警視庁の働き方改革を実施します。」

「4月よりの働き方改革一環で、機動捜査隊の全部隊をが3部制から4部制に変更します。 これまで3日に1度だった24時間の当番勤務が、4日に一度になります」

報道陣に囲まれ記者発表する第1機動隊 隊長 桔梗(麻生久美子)の映像を見ながら、車内で待機する志摩 (星野源)。

機動捜査隊=MIU(ミュウ)

「担当地域を24時間体制で見守り、事件発生時には一早く現場に急行し初動捜査に当たります。」

記者会見し発表したは良いものの、予算不足で人員が足りない「機捜4部」。

志摩は隊長桔梗の信頼の元配属された、元捜査1課のエリート。

機捜4部のメンバーは、志摩を含む4人。

かつて桔梗と同じ班だった陣馬(橋本じゅん)、父親が警視庁事務局長のキャリア新米九重(岡田健史)

そしてもう一人、候補の段階で一度は落とした伊吹(綾野剛)

周りの評判は芳しくないが、ただ一つ良い評価が。それは、「足が速い」。

 

よろしく、バディ

機捜4部初顔合わせ。志摩と陣馬は同僚だったこともあり旧知の仲。

キャリアの九重が志摩に挨拶。

「元捜査1課の志摩さん。優秀『だった』と聞いています。」

過去形かよ。。。

朝9時、2台の車に分かれ、いざ出動。おや?もう一人伊吹がいない。

遅刻かと思いきや、一早く車の前でしゃがみ込んでいた。サングラスにパーカー、ランニングシューズとなんともラフな格好。

「はじめまして、伊吹藍です。機捜初めてなんで色々教えてください!」

あれ、意外とちゃんと挨拶できるじゃん。

2人の車は404号車。

 

安全運転

伊吹が運転し、巡回する404。

後ろから赤い車が404をあおってくる。「先に行かせましょう」と指示する志摩を無視して、笑顔で幅寄せする伊吹!

「こうゆうのは、なめられちゃいけない。」

パトライトを光らせ犯人を追う404。

赤い車は、逃走途中で歩道のおばあちゃんを転倒させてしまう。ついにキレた伊吹は、華麗なるサイドターンで赤い車を停止させ、運転手を引きずり出す。

乱暴な伊吹にあきれながら、歩道で転倒したおばあちゃんに駆け寄る志摩。

幸いけがは無いが、孫に買ってあげたおもちゃを無くしてしまったと言う。

「たまたま車間が近づいただけだ!」と伊吹と言い争う運転手の男。

志摩は男の車にドライブレコーダーを発見。

「納得できないならドライブレコーダーの履歴見ましょうか?」と冷静に詰め寄り、その言葉に運転手は引き下がっていく。

いつの間にかおばあちゃんはその場からいなくなり、道にはおもちゃの袋が落ちていた。

中には魔法のステッキ。

拾った志摩は伊吹に袋を渡す。「後で墨田署に届けておけ」

 

機捜名物『機捜うどん』

一旦署に戻り、4人で昼食。

「始末書を書くコツは、おっきな字で書く」そう話しかける伊吹を怪訝な目で見る九重。
 
慣れたコンビネーションで陣馬が麺をゆで、志摩がネギをキザむ。

陣馬は志摩に、桔梗からの言葉を伝える。「伊吹に適性があるのかは志摩の判断にゆだねる」

「俺の判断でいいんですか?」「桔梗はお前の見る目を買っている、今でもな」

機捜名物「機捜うどん」を食べる間もなく、通報が入る。

「墨田署管内で通行中の男性が男に殴打され転倒している」

機捜4部、再び出動!

飛び出そうとする伊吹に、「戸締り。規則だ。」

「もしかして、規則にがんじがらめになっちゃうタイプ?」そう言いながら戸締りをする伊吹。

 

今でも優秀

現場到着。

伊吹は車道を通る車に何か違和感を覚えるが、気にせず路地に入る。

カレー屋さんで食事をし、店を出た直後にいきなり殴られたという。目撃者に聞き込み開始。

犯人の服装はスーツ。被害者はカレー屋の常連。いつも持ち物は小銭入れか鍵のみ。

被害者は店内で誰かと電話をしていた。内容はしょうもない痴話げんか。

犯人は店を出た被害者を看板で殴り、血が流れる。胸ポケットから何かをまさぐり何かを握ると逃走。膝には血が付着していた。

目撃者の情報から犯人を絞り込む4人。

九重:被害者は電話でケンカ。何かのトラブルからの事件?
伊吹:いやいや、その電話は関係ない。
陣馬:目撃者はなんて言ってた? 
伊吹:好きとか、嫌いとかー内容?とにかく事件とは関係ない。

目撃者からの証言をメモにも取らず、「俺の勘当たる」という根拠のない自身で捜査する伊吹。 

そんな伊吹を横目に、目撃証言を的確に整理し推理を進める志摩。

「被害者はいつも身軽で、小銭入れか鍵だけを持って来店していた。近くのパーキングに車を止めて来店していた可能性が考えられる。

犯人が胸ポケットから盗んでいったのは車のキー?目的は車?それとも車の中に何かが?パーキングを捜査します。」

パーキングに向かう、志摩の後ろ姿。

「今でも一応、優秀なんだな」独り言をつぶやく九重。

目撃者の証言をメモに取っていない伊吹は、この後の報告書をどう書けばいいか考えていた。

そこで志摩は、伊吹のパーカーのフードに車を降りるときに仕掛けたレコーダーを取り出す。

おどろく伊吹。

「勝手に録ってたのかヨ。信用ねーな。」「俺は他人も自分んも信用しない」

 

ドライブレコーダー

パーキングを捜査すると、そこにはなんと昼間404をあおってきた赤い車が止まっている。

鍵は開いており、助手席に血の跡が。

免許証から持ち主は「水島」と判明。車内に財布の入ったかばんはそのままにされていたが、ドライブレコーダーが取り外されていた。

駐車場の防犯カメラから、水島の車を追ってきた不審な白い車を確認。

白い車のプレートは「足立ナンバー」

昼間のあおり運転時の404のドライブレコーダーを確認すると、後ろからあおってくる赤い車の更に後ろに、白い車を発見。

「足立ナンバー」。

水島にあおられた犯人は、その仕返しに水島を追っていた。その証拠を消すために水島ドライブレコーダーを盗み出した・・?

ここからは、所轄の刑事に状況を引き継ぐ。

この先の捜査をさせてもらえないことに不満そうな、伊吹。

犯人をつかまえたいという正義感に、張り合いがないと苛立つ伊吹に志摩は一言。

「機捜は検挙率をあげるためのパーツ。俺は自分の事を『正義』だと思ってる奴は一番嫌いだ」

 

人探しは機動捜査隊の仕事じゃない

車内に徘徊老人の通報が流れる。

服装から、昼間のおばあちゃんだと気付く志摩。

おばあちゃんがいなくなった、と少女が交番を訪ねる。おばあちゃんがおもちゃを買ってくると言ったが、それから戻ってこないと言う。

車内で考え込む志摩の横を、白い車が通りすぎる。

犯人の車じゃないかと言う伊吹に「今のは多摩ナンバー。犯人は足立ナンバー。」と違いを指摘する志摩。

白い車のナンバー照会に、回答が戻ってきた。ナンバーは偽造。

犯人はあおり運転の常習者だった。

偽装ナンバーをいくつも取り換えてはあおり運転を繰り返し、あおり返した車の持ち主には、家まで後をつけ車をぼこぼこにしていたことが分かる。

この事件は「あおり運転のやり合い=マウントの取り合い」が生み出した事件だったのだ。

 

エンジン音

今日一日を思い出す伊吹。

違和感を感じたカレー屋、おもちゃ屋の前で見た車。どの場面にもあの白い車は居たのだ。その根拠は。。

「なんとなく」「感覚?」

根拠のない推理をする伊吹に、あきれる志摩。

再び伊吹が言う。

「分かった。」「エンジン音が同じ」

根拠は今一つだが、伊吹の推理をもとに「当番勤務が終わる朝9時まで」に犯人を挙げることを決めた機捜4部。

それがルールに則ったやり方だ。

周囲の防犯カメラをかたっぱしから集め、解析のプロに委ねる。

その間4人はひたすら車を走らせ、捜査を続ける。

志摩:「犯人を見つけても、手荒な行動に出るな」
伊吹:「がってんしょうちのすけ~」
志摩:「古っ。」

以前の勤務地で犯人タコ殴りにし、拳銃まで出しちゃったと語る伊吹。

あきれる志摩。 

「『あぶない刑事』『銭形警部』」憧れなかった?」
「拳銃を抜かない、それが日本の警察だ。」
「もっと楽でいいのにね」
「いいのにねぇ~、じゃない」

時々伊吹の口調をマネする、志摩。勤務明けまで、あと一時間。

8時。2手に別れ犯人を捜す機捜4部。

陣馬、九重の401号車。

初めての現場に緊張している九重。これまでに犯人と対峙したことは、無い。

車内でハンバーガーを食べる404、志摩と伊吹の前に世田谷ナンバーの白い車が通りすぎる。

同時刻、401の横を品川ナンバーの白い車が通過。どちらかが犯人?!

追跡中に、解析結果が入る。現在の犯人のナンバーは「品川ナンバー」。

401が追っていた車が犯人だ!追いかける401。激しいカーチェイス。

404も別方向から犯人を追う。運転は、志摩。

エンジン音で白い車を発見する伊吹。犯人の真後ろまで追いついた。

ドリフトでトラックをパスする志摩のアグレッシブなテクニックに、興奮する伊吹。

 

足は速い

止まろうとしない犯人。目の前の信号は赤。

渡り始める歩行者に目もくれず突破しようとする犯人。

志摩は犯人を追い越し、伊吹と一瞬目を合わす。

志摩は軽く微笑むと、今朝のあおり運転を止めたとき伊吹が見せたサイドターンで犯人の車を止めた。

横転する404。

犯人は車を立て直し、そのまま逃走して行く。

「生きてるかーぁ!」と声をかける志摩を横目に、軽々とジャンプし車を走って追う伊吹。

確かに、足は速い。

「良かったな」

犯人を倉庫に追い込む伊吹。対峙する志摩。

つかみ合いの末、犯人に拳銃を抜こうとする伊吹を後から追ってきた志摩が止める。

「発砲の要件に適っていない、やめろ」

「誰も見てない」

許してくださいと命乞いをする犯人。命乞いを許さない伊吹。

ついに拳銃を抜くのか、、、と思いきや、伊吹の胸元から勢いよく出されたのはおばあちゃんが買ったおもちゃの魔法のステッキだった。

高々と振りかざすステッキから、鳴り響くピコピコ音。

ふざけた伊吹を殴り、犯人を逮捕する志摩。9時ジャスト。

公務執行妨害 道交法違反、器物破損と色々。

米津玄師のミディアムポップなBGMが流れる中、なんとも言えない表情で「良かったな、誰かを殺す前に捕まって。」とつぶやく伊吹。 

 

廃車

犯人車両解析の過程で、無事おばあちゃんも見つかった。

再会するおばあちゃんと子供をほほえましく見守る、404。

「誰かが最悪の事態になる前に止められる仕事、チョーいいじゃん♪」

犯人の車から大量のマリファナが見つかり、桔梗隊長よりお褒めの言葉がもらえるか?と思いきや、どうやらお怒りモード。

桔梗:「何をどうやったら1日で車が廃車になるの?」
伊吹:「でも、犯人は捕まえましたよ。。」
桔梗:「今それ言う?バカなの?」
志摩:「すいません、めっっちゃくちゃバカなんです。」

事件は解決。解散する志摩を引き留め桔梗が問う。

「志摩から見て、伊吹はどう?」
「ただのバカだと思ったら野生のバカでした」
「適性が無いのなら外すけど?」
「うーん」

今日1日を振り返る志摩。

「ひとまず、保留でお願いします。ひとまず。」苦笑いするその表情は、何を意味する?

 


MIU404|1話を視聴した感想は?

綾野剛さん演じるお調子者の伊吹と、規則を守り冷静に判断する星野源さん演じる志摩のコンビは思った以上にコミカルでした^^

一見クールに見える志摩が、暴走した伊吹のマネをするちょっとしたシーンが見ものです♪

志摩にも伊吹にも、過去に何かがあったんだろうなーと思わせるセリフが何度か出てきますが、伏線を気にしすぎるとドラマを純粋に楽しめなくなるので、頭の片隅程度に置いておきましょう^^

米須さんの新曲は、このドラマで初お披露目です。

早くもトレンド1位を獲得した「MIU404」! 早くも2話が待ち遠しい~♪

ツイッターでも高評価の感想がいっぱい!

MIU404|2話予告&あらすじ

伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)がパトロールをしていると、伊吹が隣を走る車に違和感を抱く。

そんな中、警視庁から殺人事件の容疑者が凶器のナイフを持って逃走しているという無線が入る。

容疑者の特徴から伊吹は、隣の車に容疑者が乗っているかもしれないと察知し、追跡する。

一方、殺害現場の初動捜査にあたる陣馬(橋本じゅん)と九重(岡田健史)は、第一発見者の証言から凶器のナイフを持って逃走した人物が、加々見崇(松下洸平)だということを知る。

加々見は、事件現場となったハウスクリーニング会社では真面目に働く社員だったという。

殺害された会社の専務との関係性を疑う中、陣馬は遺体周辺には血の掌紋が多数ついているにも関わらず、加々見が飛び出した部屋のドアノブには血が付着していなかったことを不可解に思う。

疑惑の車を追尾する伊吹と志摩は、運転する田辺将司(鶴見辰吾)と助手席の妻・早苗(池津祥子)が怯えていたことから、車内で夫婦を脅す加々見による“移動立てこもり事件”と見立て慎重に様子を伺うが、接触した田辺夫妻の妙な態度から事件は予期せぬ方向へと転がっていく…。

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 

まとめ

MIU404|1話ネタバレあらすじと感想!星野源×綾野剛W主演と題して、ご紹介してきました!

キャストが豪華なのはもちろん、脚本は『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』の野木亜紀子さん、監督は『中学聖日記』『グランメゾン東京』を担当した塚原あゆ子さん。

放送前からかなり話題になっていますし、面白い事まちがいナシのドラマになりそうです^^

毎話違うゲストキャストも楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です