MIU404|7話ネタバレと感想!KingGnu井口理がドラマ初出演

miu404 7話 ネタバレ

星野源さん、綾野剛さん主演のMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)。

MIU404の舞台は「警視庁刑事部 第4機動捜査隊」で、街中で起こった事件を24時間以内の解決に挑む1話完結の物語です。

この記事では、第7話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第7話のゲストは、King Gnu井口理さん!コスプレのりょうさんというサービスショットもあります。

映画監督であり役者でもある塚本晋也さんも、出演です。

そして、再び登場”謎の男”菅田将暉。

九重父も登場で、謎がまた1つ明らかになりますよ!

今回は、九重と陣馬の絆がほっこりさせてくれます。

では早速、MIU404第7話のネタバレをしていきたいと思います!

 


MIU404 7話のあらすじは?

トランクルーム内に男性の遺体があると通報があり、初動捜査に駆けつけた伊吹(綾野剛)と志摩(星野源)。現場で2人が目にしたのは、トランクルームの中で猫砂の山に埋まり、微笑むような穏やかな顔をしている死体。

一見、自殺のように見える状況だが、ただの自殺とは思えない2人は、他のトランクルームの利用者であるジュリ(りょう)と、家出少女のスゥ(原菜乃華)とモア(長見玲亜)の聴取を行うことに。さらに、トランクルームに違法に住んでいる男・倉田(塚本晋也)の証言で、死亡した男についてある事実が分かる。

一方、結婚が決まった長男の両家顔合わせに出席するため会場に向かっていた陣馬(橋本じゅん)は、その道中で偶然にも指名手配犯と遭遇し、急遽後を追うことに…!?

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 


MIU404|7話のネタバレ!「現在地」

送信

今日もメロンパン号で市中を巡回する404。

昼食のデリバリーを待つ。

”出前太郎”で注文したのは9つのメロンパン。

メロンパン号にメロンパンを届ける配達員(井口理)は、「ライバル店のリサーチですか?」とまさかこの車がパトカーとは想像もしていない。

メロンパンの写メをハムちゃんに送信する伊吹。

伊吹の相手をする必要は無いとあきれる桔梗だが、ハムちゃんは嬉しそうだ。

401は非番。

陣馬は息子の結婚相手との顔合わせ、九重は父と豆治(生瀬勝久)とゴルフ。

らしからぬハイセンスなスーツで食事会へ向かう陣馬は、九重にその姿を送信。

コーディネートは九重のお見立てだ。

 

伊吹じゃねぇ

トランクルームで、男性の遺体が発見された。

首に絡まった紐、あおむけに横たわった遺体には大量の”猫砂”が撒かれている。

男性はここで生活をしていたようで、レシートや調味料が置かれていた。

自殺か?いつから住んでいる?

遺体を発見したのはトランクルームの管理人。

007番のトランクルームの外に猫がうろついていたことで不審に思い、契約者の電話に連絡するも使用されていなかった。

鍵はかかっておらず、扉を開けると遺体となった契約者 ”山中誠二”を発見。

契約開始日は2009年9月1日。

しかし、本人確認の免許証の写真は明らかに遺体とは別人。

伊吹は遺体の男をどこかで見覚えがあるような気がしていた。

妻と娘を載せ、食事会へ向かう陣馬の車に不審な男が飛び出してきた。

危うくぶつかりそうになるもギリギリでストップ。

汚れた身なりと伸びた髪、右目下のホクロ。

10年前の強盗事件で指名手配となっている犯人に似ている。

陣馬は九重に連絡を取り、詳細を調べてもらう。

九重から送られてきた写真は、間違いなく指名手配犯の ”大熊邦彦” だった。

タクシーに乗って逃走した犯人を追う陣馬。

携帯電を置いてきてしまい、車は妻と娘が乗って行ってしまった。

「俺は伊吹じゃねーんだ!」と、走りながらタクシーを追う。

 

2人の指名手配犯

トランクルームを利用する女性ジュリ(りょう)と2人の少女に事情聴取する伊吹と志摩。

女性はコスプレイヤー、2人の少女は家出をしネカフェを転々としていた。

3人共同でトランクルームを借り、共通の趣味であるヘビメタのグッズや衣装を置いている。

遺体が発見された007の隣には、別のホームレス倉田靖典(塚本晋也)が住んでいた。

倉田は退職金詐欺に合い、妻に怒られ家に帰れなくってしまいトランクルームで寝泊まりをしていた。

007の遺体は”建さん”というらしい。

倉田よりもずっと前から寝泊まりをしていて、ホームレスの極意を伝授してもらっていた。

建さんの死亡推定時刻に007から猫が激しく鳴く声を聞いたという。

建さんのトランクルームに侵入者がいたのだろうか?

007の契約者、”山中誠二” はバイト先の先輩からの紹介で銀行口座を売ったと証言が得られた。

志摩の「”建さん”は自分名義でトランクルームを借りることができない事情がある。犯罪者?」という推理で、伊吹は以前奥多摩の警察署で勤めていた時にポスターで見た指名手配犯であることに気付く。

陣馬、404、共に追う指名手配犯には共通点があるのか?

陣馬の追う指名手配犯”大熊邦彦”は、平成21年に起こった2人組の強盗犯。

空き巣に入り物色しているところに家主が帰宅。

暴行を加え、そのまま逃走し現在も捕まっていない。

もう一人の名前は” 梨本健”。遺体で発見された建さんだった。

 

最大の不幸

トランクルームの別の部屋を調べると、壁一面に大量の「正」の字がt書かれた荒廃した部屋を発見。

大熊が身を隠していた部屋だった。

強盗事件の際、大熊は現場に残された遺留物から身元が割れていたので建さんのように周囲の人物と仲良くするわけにもいかず、この部屋でじっと時効が来るのを待っていた。

犯行に及んだ2009年から間もなく10年。

あと、1か月と24日の辛抱だった。

10年。その長い月日をじっとこのトランクルームで時が過ぎるのを待っていた。

伊吹は、自身が奥多摩から機捜に配属されるまでの10年と重ね合わせ、その間誰かを恨んだり腐ったりしないで良かった、俺はラッキーだったと呟く。

大熊が今日まで誰にも発見されずに生き延びていたのは、幸福であり、最大の不幸だ。

あの日建さんは大熊のトランクルームを訪れ、「もう少しで俺たちは自由になれる」と時効を待ち望む大熊にこう言った。

「あの時自首をして罪を償っていたら今頃罪を償い終わり普通に暮らせていた。時効が来たって、俺たちは死んでいるのと同じだ。自由なんて無い。」

大熊も頭ではそんなことわかってる。

でも、逃げ切りたい。その思いから建さんの言葉にかっとなり、首を絞め殺した。

 

現在地

成川岳はナウチューバーRECに「話がある」と連絡を取り、カフェで合う。

「偽装通報で捕まったとネットで騒がれているが、僕はやってない。捕まった4人は、やったんでしょう、捕まったんだから。

でも僕はやって無い。それなのにネットに名前を書かれて、家にも戻れなくなって。捕まった友達も初めからそんなつもりなくって。警察にはめられた。警察の点数稼ぎに使われた。」

成川は一連の事件をこう語った。

警察の悪行を喜ぶRECは、成川の告白を興味津々に取材する。

「警察はそういうやり方をするよね。君は犠牲者だ。」

逃げる大熊。”出前太郎”の自転車を奪い逃走を続ける。

陣馬は404と合流し、メロンパン号で大熊を追いつめる。

激しい乱闘の末大熊を確保。あと少しで10年だったのに、と叫ぶ大熊に志摩が言う。

「強盗致傷罪の時効は10年じゃない。15年だ。」

ずっとトランクルームに独りぼっちだった大熊は、法の改正を知らずに10年経てば自由になれると信じていたのだ。

逃げ回った末の自分の現在地に、悔しさと虚しさで叫ぶことしかできない。

残された猫は、倉田が引き取ることに。

今夜の宿泊先を探す少女2人に、「泊めてくれる」という書き込みを発見する。

簡単に大人を信じる二人にジュリは言う。

「悪い大人もいるけど、ちゃんとした大人もいる。まずは福祉や公共に頼る。君たちは一人じゃない」

サポートセンターと自分の名刺を渡し、何かあったら頼りなさいと告げる。

コスプレイヤーのジュリは、弁護士だった。

犯人を確保し、陣馬は顔合わせに向かう。

両家が揃い和気あいあいの中に、犯人と揉み合い傷だらけの自分は場違いだと気遣い、挨拶だけして帰ると言う。

「私は刑事を35年やってきました。でも親父としてはダメで。。でも、息子は家族のことも考えられる男です。そんな息子を誇りに思っています。」

感電が流れる。

立ち去ろうとする陣馬に、息子が言う。

「凶悪犯捕まえたんだろ?」

何で知ってるんだ?

息子は嬉しそうに携帯を見せる。「九重って人から、フェイスノートに連絡が来た。」

相棒九重、ナイスアシストだ。

 

メロン

事件解決後、ジュリと少女2人を囲んでメロンパンパーティーをする404。

その様子を動画でハムちゃんに送る。

「ハムちゃん、これからもっと楽しいことしようぜ~!俺たちがついてる!」

画面を見ながら、涙を流すハムちゃん。

動画が乱れる。

桔梗の家から盗聴器が発見された。仕掛けたのは誰だ。。?

謎の男が成川と合流。

名前は久住(くずみ)というようだ。

RECに連絡を取るように指示をしたのは、久住だった。

ギャラとして成川に大金を渡す。

成川の飲むメロンソーダにカラフルなドーナツ状の錠剤を落とし、怪しげに笑う。

「これから、ナンボでも稼げる。」

錠剤の溶けたメロンソーダを飲む成川。

分岐点で外れてしまった成川の現在地は、ここだ。

 


MIU404|7話を視聴した感想は?

7話は、開始早々菅田将暉さん登場!

電話をしながら誰かと話しているのですが、その相手は「松本さん」という人物。

最後に成川君に紹介した人物の名まえは「浜田さん」。

え、なにこれダウンタウンじゃない!?と思った人もいたことでしょう。

小技がすごいですよ、MIUスタッフのみなさん!

菅田将暉さんは、やはりRECと繋がっていたようですね。

怪しい男の正体と言えば九重パパ!

矢島健一さんでしたね、予想と違って爽やかで拍子抜けしちゃいました。

密かにエトリの正体なのでは?と思っていたのですが外れたかな?

そして、今回の主役といっても過言ではありません!陣馬さん。

最後のあいさつシーンはホロリときました。

九重くんとの絆が深まっているのが分かって、1話のギスギスした関係からは考えられないほど信頼し合っているのが微笑ましかったですね。

サプライズポイントは、

1、最後にメロンパン祭りでりょうさんが踊ったのは、BABYMETALの 「PA PA YA!!」まさか実在の楽曲を使うとは!

 

2、指名手配犯・大熊邦彦を演じていたのは 三元雅芸(みもとまさのり)さん。

確保されるシーンはMIU404史上間違いなくNO.1のスタントシーン。スタントマン出身の俳優さんなので納得のシーンでした。

メロンパンを食べながら、家出ばかりを続けていられないと気付いた少女と、同じメロンでも悪の道にまた一歩進んでしまった成川君。

MIU404での「メロン」の持つ意味って、ただの可愛いアイテムだけではないような気がします。

伊吹の「これからもっと楽しいことができるよ」というメッセージを受けたハムちゃんの涙が、あー、本当に幸せになって欲しいなと願うばかりで泣けました。

しかしエトリが捕まらない限り、ハムちゃんの自由は無いんですよね。。

 

ネット上の感想もご紹介します!

<「MIU404」動画を無料で見る方法>

「MIU404」の動画は、Paraviで配信中!

Paraviで視聴するメリットは、下記の通りです。

  • 登録後2週間無料(2週間以内に解約すれば料金は0円で一切かかりません!)
  • Paraviにある多くの動画が課金なしで見放題(アンナチュラルも無料で視聴可能!)
  • ダウンロードが可能で、スマホなどで外で見てもデータ量の心配なし
  • アカウントの共有OK(1つのアカウントで6つまで追加が可能)

 

Paraviは、日本経済新聞社やテレビ東京、TBS、WOWOW、博報堂、電通などが共同出資している動画配信サービスなので、安心して利用できます。

登録後2週間以内に解約すれば、お金は一切かかりません^^

 

まとめ

MIU404|7話ネタバレあらすじと感想!と題して、ご紹介してきました!

気になるのはずっと出てくる「2019年」という日付。

4話の青池透子の回でも、この日付が気になったと話題になっていました。

MIU404の舞台は、どうも2019年のようなんです。

私たちが見ているのは過去の物語なの。。?最終話では2020年になっているのでしょうか?

来週も本当に楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です