MIU404|9話ネタバレと感想!

MIU404 9話 ネタバレ

星野源さん、綾野剛さん主演のMIU404(ミュウ ヨンマルヨン)。

MIU404の舞台は「警視庁刑事部 第4機動捜査隊」で、街中で起こった事件を24時間以内の解決に挑む1話完結の物語です。

この記事では、第9話のネタバレあらすじをご紹介しています^^

第9話のゲストは、西武蔵野署刑事( 大倉孝二 、吉田ウーロン太)が再登場です。

顔芸陣馬、走る伊吹、ハムちゃんの危機、エトリの正体が!

あっという間の1時間です。

では早速、MIU404第9話のネタバレをしていきたいと思います!

 


MIU404 9話のあらすじは?

桔梗(麻生久美子)の自宅に盗聴器が仕掛けられた一件が進展する中、伊吹(綾野剛)、志摩(星野源)らのもとに、虚偽通報事件で逃走中の高校生・成川(鈴鹿央士)が暴力団の関係先に出入りしているという情報が入る。成川を取り逃がしたことに責任を感じていた九重(岡田健史)は捜査を志願し、陣馬(橋本じゅん)と共に成川を捜し出そうとするが…

一方、成川は久住(菅田将暉)の世話になりながら、ナウチューバ―・REC(渡邊圭祐)に接触し、賞金一千万がかけられた羽野麦(黒川智花)の捜索を依頼する。

そんな中、桔梗宅への住居侵入事件の主犯が、エトリと繋がりのある辰井組の組員だったことが分かり、関係各所への一斉ガサ入れが決行される。桔梗はエトリを再び取り逃がすことを恐れ、伊吹、志摩らにエトリにつながる人物を探すように命じるが…

引用:https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/story/

 


MIU404|9話のネタバレ!「或る一人の死」

どっちが多い

桔梗宅に盗聴器を仕掛けたのは”辰井組”だったことが判明した。

厳密に言うと辰井組はエトリの命令で犯行に及んだわけだ。

エトリは辰井組のいわば「タニ町」で、資金援助するかわりに汚れ仕事を依頼する関係。

辰井組を捜査すると、成川岳が出入りしている写真をキャッチ。

西武蔵野署に確認すると、成川はあれから5か月家にも帰っていない。

あの時成川を取り逃してしまった事をずっと気に病んでいた九重が、捜査させて欲しいと名乗り出る。

陣馬:「できなかったことを数えるんじゃなくて、できたことを数えるんだ。」

九重:「成川の事を忘れて、素知らぬ顔でこの先職務にあたれる自信がありません。」

いつまでも取り逃したことを気にしていたら俺たちの仕事は身が持たない。

陣馬の言葉を思い出すように伊吹が言う。

「定年までこの仕事を続けて、誰かを助けた数と助けられなかった数、どっちが多いんだろうな。」

志摩は、機捜に配属された伊吹の「機捜は誰かが最悪の事態になる前に止められる」という言葉を聞いて、実は感動していたことを告げる。

伊吹も志摩も、最悪の事態を止められなかった過去を持つ二人。

それぞれの想いを胸に秘めながら、404を洗車する。

俺たちの仕事は、きっと「間に合う」

 

寒くて暗くて狭いところ

成川は久住(菅田将暉)の取り巻く世界にすっかりハマってしまい、暴力団にクスリを売るなどして日々を送っている。

辰井組の澤田から、ムギちゃんに賞金がかかっていることを知ると、RECにムギちゃんの写真を見せ探して欲しいと依頼する。

成川:「どうやって探すんですか?」

REC:「人の善意に頼る」

複数のアカウントを使いハムちゃんとゆたかの写真をメッセージ付きで拡散するREC。

”娘を探しています” ”息子の友達が行方不明です”

ニセのメッセージは瞬く間に拡散され、何気ない無い”善意”でハムちゃんの身に危機が迫っていく。

ハムちゃんの事情聴取のやり直しが決まった。

エトリの正体はハムちゃんの証言のみで信ぴょう性に欠けるからとの理由だ。

2016年の冬、幼稚園の先生をしながら週末ピアノバーでアルバイトをしているところをエトリに気に入られた。

エトリから聞かされるホステスを借金まみれに落とす方法を聞かされ、怖くなった。警察に助けるも何もしてくれず、力になってくれたのは桔梗だけだった。

エトリに逆らえば、”寒くて暗くて狭いところに連れて行かされる。”

成川の自宅を訪ねる陣馬と九重。

成川が辰井組に出入りしていることを伝えるも、母親は積極的に協力しようとしない。

虚偽通報事件によりネットで本名を拡散され、家には誹謗中傷の落書き。正直あまり関わりたくないといったところなのだろうか。自分の息子なのに。

成川のしたことは犯罪だ。しかし、未成年の実名を勝手にネットに晒したり、誹謗中傷の落書きをすることも犯罪なのだ。

「これ以上罪を重ねないように、岳くんを見つけたいんです。」

九重の熱い想いに母親が口を開く。

「クズミって人に良くしてもらってる」そう電話があったという。

ハムちゃんには賞金一千万が掛かっている。

辰井組の組員澤部と2人で見つけ出そうとする成川は、エトリさんの人探し関連でまとまった金が入りそうだと久住(菅田将暉)に話す。

「エトリさん怒らせたら、道頓堀に浮かぶで。」

不敵な笑みを浮かべる久住

「俺らクズ同士は、助け合って生きていかなな。」

取り調べを終えたハムちゃんを官舎に404号で送る伊吹と志摩。

悪い人が捕まって

頑張ったら報われて

正しいことをした人が

後悔しないで住む世界…

そんな世の中になるといい、車窓から見える景色を3人で見ながらハムちゃんが呟く。

伊吹:「ハムちゃんやゆたか、隊長に何かあったら、俺は許さない」

志摩:「安心しろ。俺も許さない。」

許さない。そう言いながら伊吹の頭にはガマさんの顔が浮かんでいるのだろうか。

 

武蔵野うどん

西武蔵野署の毛利&向井刑事が、バシリカ高校の薬物事件捜査終了の報告に訪ねて来た。今日の機捜うどんは2人が作る「武蔵野うどん」だ。

2人は久住の事を知っていて、池袋のクラブの常連でバシリカ高校へEPを流した人物だという。”20代で関西弁”これしか情報がない。

成川がハムちゃんに接触した。

以前、コンビニでゆたかにぶつかりお礼にジュースを買ってあげたのだ。ハムちゃんも覚えていて気軽に相手をしてしまう。

現在は学校にも家にも居れず困っていることを話す成川に同情し、連絡先を交換してしまったのだ。 

 

エトリ

辰井組の澤部に連れられエトリ(水橋研二)に合う成川。

ハムちゃんの連絡先を手に入れたことを伝えると、エトリは「呼び出せ」とだけ告げて去って行った。

辰井組にガサ入れが決まった。

エトリを逮捕せずに辰井組だけ捕まえても意味がない、いつまで経っても本丸を捕まえられない、桔梗はそう言うも「見える悪からつぶしていくと言っているんです。やれ!」と命令する豆治(生瀬勝久)。

辰井組関連4か所を一斉にガサ入れする。

陣馬と九重は成川が出入りしている事務所に突入。

いつもの顔とは違い、「ガサ入れモード」の2人の気合はその顔追見れば一目瞭然だ。

ムギちゃんを呼び出すことに苦戦する成川。

エトリからの依頼に失敗したら自分たちの命も危うい。。何とかしなければ。焦る成川。

「家を借りたいからついてきて欲しい」成川の呼び出しに、昼間ならばとついて行くハムちゃん。

桔梗に出会って、人生を救われた。

成川にもそんな人が現れる、きっと。

そう語るハムちゃんの背後にエトリの車は迫り、拉致されてしまう。

辰井組関連4か所を同時にガサ入れが始まった。

陣馬九重の突入した事務所で、澤部のPCよりハムちゃんの画像を発見。

桔梗より志摩に連絡が入る。

志摩:「落ち着いて聞け。ハムちゃんがいなくなった。恐らくエトリに捕まった。」

取り乱す伊吹。「間に合わせるぞ!」

澤部を発見!

窓から逃げようとする澤部を追う伊吹。

エトリはハムちゃんを都心から外れた隠れ家に連れ込み、カジノをつぶしたことも水に流そすと言った。

成川はお役御免となり、大金を渡されその場を去ろうとする。

しかし、とてもハムちゃんが悪い女に見えない。

成川にまだわずかに残っている正義が、ハムちゃんを救う行動に移させた。

成川はハムちゃんと共に捕まってしまった。

 

久住の名前の由来

久住に助けを求め電話をかける成川。

「エトリさんに沈められる。助けて!助けて!助けてください!」

大ピンチやなぁ~とのんきに笑う久住。

助けてという成川の声に、冷酷な表情で答える。

「成くん、それ、俺に何のメリットがあるん?」

あまりの言葉に耳を疑う成川

「俺の”くずみ”っていう名前、なんや知っとる?『クズを見捨てる』のクズミや。」

ほなな、電話を切る久住。

成川は見捨てられてしまった。

自分を助けてくれる人は、もやはいないのか。

あの時仲間を見捨て自分だけ逃げてしまった、そんな自分には助けてくれる人は誰もいない。

ハムちゃんはどこだ。

エトリが言っていた、暗くて寒くて、狭くて沈められる場所。。。

井戸!

ハムちゃんの言っていた言葉をヒントにかたっぱしから井戸を探る4機捜。

どこだ?

早くしないと2人の命が危ない。

間に合うのか?それともやはり。。。

成川とハムちゃんは、井戸に沈められていた。

命はまだある。

傷だらけで「助けて、助けて、誰か助けて」必死に叫ぶ成川。

やはり助からないのか。久住のように、世間は自分を見捨てるのか。

これまでの事を悔やみ、嘆くもその声は届かない。

希望を失いかけたその時、上を見上げると伊吹と志摩の姿が見えた。

感電が流れる。

「成川か?!ハノムギは?!」

意識を失ったムギちゃんからの伝言、”エトリの車のナンバー”を返事代わりに伝える。

九重も駆けつけ、井戸に飛び込みあの時助けられなかった成川を救い出した。

意識の戻ったハムちゃんを抱えながら、「間に合った。」と肩を抱き合う伊吹と志摩。

 

或る一人の死

ハムちゃんの情報によりエトリの車を一斉に追跡。指揮を取る桔梗。

「エトリは目の前だよ!」

エトリ確保の無線が入る。

「一緒に戦ってくれて、ありがとう。」

ハムちゃんは桔梗にそう言った。

長い長い、戦いは終わった。

ハムちゃん救出の一部始終を、上空のドローンが見ていた。

ドローンは行き先を変え、エトリ確保の現場に向かう。

エトリは確保され、警察車両で移動している。

ドローンは車両を発見すると、そのまま車両に激突し、瞬く間に大炎上。

或る一人の死、それはエトリだった。

ドローンを操るのは、久住だった。

 


MIU404|9話を視聴した感想は?

ほんとにこのドラマは最後の5分、いや2分でひっくり返りますね。

ラスボスと言われていたエトリの正体が明かされたと思いきや、初登場にしてラスト出演になってしまうとは。。

ラスボスはどうやら菅田将暉さんのようですね。

衝撃だった「クズを見捨てる」発言。

悪い人は、一見助けてくれるように見えても本当に困った時には助けてはくれません。

自分にメリットが無くれば容赦無く切り捨てる。人の痛みなんて自分には関係ない。

今の世の中も、一見人助けに見えてその人の弱みに付け込むような事件が多いですよね。

ちょっと前のマスク転売も、善意と利権が混ざり合ってなんだか悲しくなりました。

MIU404の”久住”は、身近な悪の象徴に思えます。

私たちの生活に潜んでいる身近な悪。

簡単に手に入って、簡単にお金になって、お得に便利になったけど、何か大切なものを犠牲にしている。

そんなことを思わされています。

そして、簡単に手に入ったものは、簡単に失ってしまう。

人間関係も同じで、窮地を乗り越え時には喧嘩して、弱みも見せあって。

そんな関係はどんどん強固になって行くけど、利益で繋がった相手とは疎遠になったり裏切られたりするのかもしれませんね。

伊吹と志摩、お互いに「間に合わなかった」ことを悔やんでいる2人が、2人で勝ち取った「間に合った」。

8話までのいろんなシーンが思い出されましたね。

桔梗隊長の指揮、陣馬の本気モードの時の顔にもシビレました。

エトリはラスボスでは無かったのですね。エトリさえも切り捨てる久住、恐ろしい男です。

ネット上の感想もご紹介します。

<「MIU404」動画を無料で見る方法>

「MIU404」の動画は、Paraviで配信中!

Paraviで視聴するメリットは、下記の通りです。

  • 登録後2週間無料(2週間以内に解約すれば料金は0円で一切かかりません!)
  • Paraviにある多くの動画が課金なしで見放題(アンナチュラルも無料で視聴可能!)
  • ダウンロードが可能で、スマホなどで外で見てもデータ量の心配なし
  • アカウントの共有OK(1つのアカウントで6つまで追加が可能)

 

Paraviは、日本経済新聞社やテレビ東京、TBS、WOWOW、博報堂、電通などが共同出資している動画配信サービスなので、安心して利用できます。

登録後2週間以内に解約すれば、お金は一切かかりません^^

 

まとめ

MIU404|9話ネタバレあらすじと感想!と題して、ご紹介してきました!

次週からはいよいよ久住を追っていく展開になるのでしょう。

最終話まであと少し、最後まで4人の機捜でいてください~!

米津玄師さんもリアタイでMIU404を楽しんでいるそうで、いつもtweetしているんですが、今回のtweetはコチラ↓

伊吹のパーカーが、またしても米津オフィシャルグッズでした!(こうもりパーカー)

来週も本当に楽しみですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です