アンサングシンデレラ6話ロケ地はどこ?服薬指導の区民センターや長崎医院の撮影場所を紹介!

アンサングシンデレラ 6話 ロケ地

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第6話では、相原さんが初めて1人で服薬指導を行い、月経困難で困っている患者さんを助けたりと成長が見られる1話でしたね。

薬を服薬しているのに「していない」という患者さんと向き合って、最後にはしっかりと打ち解けている葵の姿は本当にすごいなと思いました。

そんな第6話では、冒頭で町の高齢者に服薬指導していた区民センターや、長崎医院などがロケ地として登場していましたよね!

いったいどこがロケ地として撮影が行われていたのか、気になるかと思います。

ということで今回は、アンサングシンデレラ6話ロケ地はどこ?服薬指導の区民センターや長崎医院・病院の撮影場所を紹介!と題してまとめて行きたいと思います。

 


アンサングシンデレラ6話のあらすじ

まずは、第6話のあらすじについておさらいしてみてみましょう!

 葵みどり(石原さとみ)は小野塚綾(成田凌)も誘い、相原くるみ(西野七瀬)たちと区民センターで高齢者を対象とした服薬指導教室を行う。指導を終えたみどりたちが廊下に出ると、目の前で高齢の女性、小川早苗(高林由紀子)が倒れた。早苗は萬津総合病院救急センターで豊中瑠衣(臼田あさ美)の治療を受けるが、体調不良の原因がハッキリしないため入院することに。みどりが現在服用している薬を尋ねると、早苗は飲んでいないと答えた。

 翌日、刈谷奈緒子(桜井ユキ)が外来患者に服薬指導。的確な指導を行う刈谷を見ていたくるみは、どこからあの自信が来るのかと不思議がる。すると、工藤虹子(金澤美穂)は、刈谷がかつて大手の調剤薬局で働き、幹部候補にもなる優秀な人材だったとくるみに話す。しかし、優秀な刈谷がなぜ病院薬剤師に転職したのかは謎。くるみはみどりにも聞くが知らない様子だ。戻って来た刈谷は、くるみには初めてとなる一人での服薬指導に行くよう告げ、みどりも了承する。くるみが任されたのは月経困難症と診断された遠野倫(山谷花純)。上手く服薬指導が出来たと調剤室に帰って来たくるみに、みどりは何かあったら必ず自分に相談するよう告げる。

 七尾拓(池田鉄洋)は早苗が多剤耐性菌の保菌者ではないかと疑った。みどりは多剤耐性菌について調べていると瀬野章吾(田中圭)に患者を見ろと言われ、早苗が本当に服薬していなかったかを調べることに。一方、くるみは遠野から薬が効いていないとの電話を受けるが、みどりに伝えず…。
引用:公式サイト

 


アンサングシンデレラ6話ロケ地服薬指導が行われた区民センターはどこ?

ドラマの初めには、葵や相原に加えて小野塚らの薬剤師たちが町に住んでいる高齢者の方々に服薬指導を行っているシーンがありました。

他にもパッチワーク教室なども、この区民センターで行われていましたね。

この地域センターは、「昭島市民交流センター」です。

過去にもさまざまな映画やドラマのロケ地として利用されていましたよ。

昭島市民交流センター
  • 住所:東京都昭島市玉川町4-9-22
  • アクセス:JR青梅線「中神駅」、「東中神駅」より徒歩15分

 


アンサングシンデレラ6話ロケ地小川さんが通っていた長崎医院はどこ?

小川さんが、抗生剤を処方してもらっていたかかりつけ医の長崎医院が登場していました。

葵が自転車で、この長崎医院に向かっているシーンがありましたね。

この長崎医院は、「横山外科内科」です。

実際に使用されている病院にて、撮影が行われたようですね。

ドラマ内では、患者に寄り添う町医者でしたが、実際の病院でもアットホームな印象の口コミが多くある病院でしたよ。

横山外科内科
  • 住所:〒142-0043 東京都品川区二葉2丁目3−1
  • 最寄駅:下神明駅 西大井駅 戸越公園駅それぞれ徒歩5分程度
  • 休診日:木・日・祝日

 

アンサングシンデレラ6話ロケ地萬津総合病院はどこ?

ドラマは、「病院薬剤師」が舞台となっているため、病院でのシーンが多くありますよね。

放送開始の第1話と現在放送されている第6話までに同じシーンでもロケ地が変わっていたりするのでドラマの見どころの1つではないでしょうか?

わたしも、最近ドラマを見るときは、どこがロケ地なのかな?ととっても気になりながら見ていたりします。

複数あるそれぞれのシーンが、一体どこがロケ地として撮影されているのか、ご紹介していきます!

 

病院内の薬剤室・屋上

普段葵たち薬剤師が調剤を行っている、薬剤室がありますよね。

こちらは当初「羽生総合病院」にて撮影が行われていましたが、現在は「フジテレビ湾岸スタジオ」にて同様のセットが作られ撮影が行われています。

実際に、撮影が休止されて戻ってきたらスタジオに病院と全く同じセットができていて、キャストの皆さんが驚いたそうですよ。

また、スタジオの屋上は緑が豊かで公園のようになっているため、こちらもドラマに登場していますね。

フジテレビ湾岸スタジオ
  • 住所:〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3-23
  • 営業時間:24時間営業
  • 定休日:なし
  • アクセス:ゆりかもめ・テレコムセンター駅から徒歩約5分
         りんかい線・東京テレポート駅から徒歩約10分

 

遠野が倒れた場所

月経の重い症状で悩んでいて通院していた遠野が、相原の前で倒れてしまうというシーンがありましたね。

このシーンが撮影されたロケ地は、「NTT中央研修センタの宿泊棟」です。

病院内でよく登場する階段も、この場所で撮影が行われていますよ。

他にも、もしかしたら撮影が行われているシーンがあるかもしれませんね。

NTT中央研修センタの宿泊棟
  • 住所:〒182-0004 東京都調布市入間町2丁目28

 

まとめ

今回は、アンサングシンデレラ6話ロケ地はどこ?服薬指導の区民センターや長崎医院・病院の撮影場所を紹介!と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第6話では、患者さんそれぞれの周りの環境について考えさせられるお話でしたね。

それぞれの生活環境を知ることで、体調不良が何が原因なのか突き止めて、改善することができて本当によかったなと思いました。

そんな第6話では、川崎医院や病院の屋上など、さまざまな場所がロケ地として登場していましたね。

地域開業している病院では、患者さんに寄り添って今回の場合だと、心に寄り添うお医者さんでした。

また病院の屋上では、小川さんが長崎先生にお願いをしてお薬を出してもらったということを葵に打ち明けるシーンが撮影されていましたね。

なかなかいそんな場所での撮影が難しい状況なので、ロケ地巡りすることが難しい場所ばかりですが、どこで撮影が行われたのかにも注目しながら今後のドラマ「アンサングシンデレラ」を楽しみにしたいですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です