アンサングシンデレラ5話ロケ地はどこ?バッティングセンターや病院の屋上・グラウンドの撮影場所を紹介!

アンサングシンデレラ 5話 ロケ地

8月13日に放送されたドラマ「アンサングシンデレラ」の第5話では、4話に引き続き胃がんと闘う辰川さん一家のストーリーでしたね。

おじいちゃんに胃がんであることを伝えたことにより、樹里は体調が良くなり、おじいちゃんが「死ぬまでにしたいこと」を一緒に楽しむことができていました!

そんな第5話では、悩んでいる辰川と葵がいたバッティングセンター樹里とおじいちゃんが散歩していた公園薬剤師たちが野球をしたグラウンドなどが登場していましたね。

いったいどこがロケ地として利用されていたのか、気になっている方も多いかと思います。

ということで今回は、アンサングシンデレラ5話ロケ地はどこ?バッティングセンターや病院の屋上・グラウンドの撮影場所を紹介!と題してまとめて行きたいと思います。

 


アンサングシンデレラ5話のあらすじ

まずは、第5話のあらすじについておさらいしてみてみましょう!

 萬津総合病院に入院中の『娘娘亭』店主、辰川秀三(迫田孝也)の父、太一(伊武雅刀)の容態が急変。幸い安定したものの、葵みどり(石原さとみ)は辰川家を心配していた。太一は末期がんだが、秀三は本人に告知をしていない。そのことで、祖父に嘘をついていると悩む秀三の娘、樹里(久保田紗友)は摂食障害になってしまっていた。太一が倒れた後も、秀三と樹里の溝は埋まらない。樹里に助けを求められたみどりは、秀三と話に行く。

 みどりの説得で、秀三は太一に告知して抗がん剤治療を受けてもらうことにしたと樹里に告げる。太一の妻が抗がん剤で苦しんだ時よりは薬も改善されてきてはいるが、それでも辛いことになるかもしれないと話す秀三に樹里は頷いた。
 医師から告知を受け、抗がん剤治療を行わなければ余命3ヶ月と言われた太一は治療の必要はないと思っていると言う。秀三と樹里は反対するが、太一は入院せずに家族と過ごしたいらしい。みどりは抗がん剤治療には休薬期間があるので、自宅で過ごすことも出来ると提案した。

 太一は家族との話し合いで治療を決めた。樹里は太一と一緒に、これからやりたいことのリストを作る。そんな中、みどりは相原くるみ(西野七瀬)とケモ室(抗がん剤調剤室)へ。くるみはがん薬物療法認定薬剤師の資格を持つ刈谷奈緒子(桜井ユキ)の仕事に興味を示す。調剤室に戻ると、くるみはみどりと一緒に太一を看たいと販田聡子(真矢ミキ)に申し出た。くるみにはまだ早いと不安視する販田だが、みどりは了承する。
命の現場で薬剤師がみた現実は−

引用:公式サイト

 


アンサングシンデレラ5話ロケ地バッティングセンターはどこ?

はじめは、迷惑な患者として登場していた辰川でしたが、そんな辰川が以前野球をして体を痛めて病院に来ていたことを覚えていた葵はバッティングセンターへ訪れていました。

このバッティングセンターのロケ地は、「和光バッティングセンター」です。

ドラマ内では、中島バッティングセンターという名前で登場していたことから、SNSではどこのバッティングセンターなのか?様々な声が上がっていました。

葵がバッティングする姿は、なんだかかわいらしかったですね!

和光バッティングセンター
  • 住所:埼玉県和光市新倉1-4-82
  • 営業時間:月~金10:00~20:00
         土・日・祝 9:00~20:00
  • 定休日:第2・第4水曜
  • 駐車場:あり

 


アンサングシンデレラ5話ロケ地散歩していた病院の屋上はどこ?

アンサングシンデレラ5話ロケ地

おじいちゃんが「死ぬまでにしたいこと」の中に、樹里と散歩をするというものがありました。

おじいちゃんと樹里は車いすで、何やら自然がいっぱいの場所を散歩しているシーンがありましたね!

その散歩のシーンが撮影されたロケ地は、「フジテレビ湾岸スタジオの屋上」です。

実際は、病院や公園などではなく、テレビ局の屋上にて撮影が行われていましたよ!

願いが叶っていくおじいちゃんと、樹里の笑顔がとても印象的なシーンでしたね。

フジテレビ湾岸スタジオの屋上
  • 住所:〒135-0064 東京都江東区青海2丁目3-23
  • 営業時間:24時間営業
  • 定休日:なし
  • アクセス:ゆりかもめ・テレコムセンター駅から徒歩約5分
         りんかい線・東京テレポート駅から徒歩約10分

 

アンサングシンデレラ5話ロケ地グラウンドはどこ?

アンサングシンデレラ5話ロケ地

野球観戦をしたいというおじいちゃんの願いを叶えるために、病院薬剤師チームVS町の薬剤師チームで草野球をしていましたね。

いつも忙しそうにしている病院薬剤師のみんなが揃って、野球を楽しんでいるシーンは見ていてわたしも楽しくなるようなシーンでした。

その野球が行われたグラウンドのロケ地は、「青海中央ふ頭公園 野球場」です。

病院の屋上が撮影された、フジテレビ湾岸スタジオの目の前にある公園の野球場にて撮影が行われていましたよ。

試合では瀬野さんがまさかの逆走をしたり、販田部長がホームランを打ったことには、とても面白くて驚きもありましたね!

青海中央ふ頭公園 野球場
  • 住所:〒135-0064 東京都江東区青海4丁目1-7
  • 営業時間:夜間照明がないため日中利用
  • 定休日:通年利用可能
  • アクセス:新交通ゆりかもめ 「テレコムセンター」下車 徒歩6分

 

アンサングシンデレラ5話中華料理店の娘娘亭はどこ?

辰川一家で営んでいる娘娘亭は、葵と小野塚の行きつけのお店ですよね!

この中華料理店の娘娘亭のロケ地は、「中華料理 や志満」です。

第5話では、瀬野さんが初めて葵たちと一緒に来ていましたね。

中華料理 や志満
  • 住所:東京都中野区南台5-9-16
  • 営業時間:11:30~22:00
  • アクセス:方南町駅から徒歩約5分

 

まとめ

今回は、アンサングシンデレラ5話ロケ地はどこ?バッティングセンターや病院の屋上・グラウンドの撮影場所を紹介!と題してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

ドラマ「アンサングシンデレラ」の第5話では、4話の続きとなる辰川さん一家のお話でした。

闘病生活の中で、おじいちゃんのしたい事の場所が登場しましたね。

中でも野球観戦をしながら、娘娘亭の料理をおじいちゃんでも食べられるように調理をして食べるシーンは、見ていてわたしの中で考えさせられる部分がありました。

第5話の放送を終えて、ドラマ「アンサングシンデレラ」も折り返しを迎えましたね。

葵の薬剤師としての成長だけではなくて、相原も薬剤師としての仕事のやりがいなどを持ってきているので、これから2人がどのように成長していくのかも気になります!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です