目黒川の桜2020お花見と屋台まとめ!期間や場所・ライトアップも


 

目黒川の桜のお花見と屋台について、詳しくご紹介しています。

 

目黒川の桜といえば、全国各地から観光客の訪れる有名なお花見スポット

 

約4kmにわたり800本ものソメイヨシノが咲く並木通りは、まさに圧巻です。

 

有名なお花見スポットなので人が多く集まりますが、お花見好きの方にはぜひ一度訪れてみてほしい名所となっています。

 

この記事では、桜の見頃や屋台・ライトアップ情報などを記載しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 


 目黒川の桜お花見の屋台情報

 

 

目黒川の桜を見ながら食事したい場合は、川沿いにある屋台で買うのがおすすめです。

 

目黒川沿いの屋台には、そこでしか食べられないメニューが豊富にそろっていて、食べ歩きを十分に楽しむことができます。

 

目黒川周辺ではレジャーシートでの場所取りや宴会は禁止となっていますので、その場にとどまって食事をできないのは、お花見好きにとって少し残念かもしれませんね。

 

しかし、目黒川周辺は屋台が充実しているので、たまには歩きながら飲食できる食べ物やドリンクでお花見を楽しむのもいいのではないでしょうか。

 

目黒川のお花見の屋台について詳しくご紹介していきますね。

 

目黒川の桜の屋台はいつからいつまで?

 

目黒川の桜が開花し始める時期から、屋台も出店してくるようです。

 

開店時間ははっきりと決まっているわけではないようですが、早いと午前10時から出店しているお店もあります。

 

ですが、ほとんどの屋台はお昼ごろ~20時までの営業時間と思っておくと良いですよ。

 

目黒川の桜の屋台がある場所は?

 

屋台で買って食べ歩きしたいという方は、中目黒駅周辺へ行ってみましょう。

 

中目黒駅から池尻大橋駅方面へ向かう目黒川沿いには、多くの屋台が出店しています。

 

反対に、目黒駅方面にはほとんど出店はありません

 

しかし、数は少ないですが地元の美容院やカフェが屋台を出しており、おしゃれなドリンクや食べ物などを販売しています。

 

目黒川の桜の屋台でどんなものが食べられる?

 

目黒川沿いには飲食店が多いため、それぞれお店独自の屋台を出店しています。

 

「鶏料理専門店の焼き鳥」や「燻製えだまめ」などのおつまみ、「お花見にちなんだ桜をつかったメニュー」など、目黒川沿いでしか買えないような料理を食べることができますよ^^

 

お好み焼きや焼きそばなど、お祭りで食べられるような定番メニューは少ないですが、シャンパンなどのアルコール類は豊富にそろっているので、特に大人の方は十分楽しむことができるのではないでしょうか。

 


目黒川の桜のトイレ情報

 

 

桜の季節になると目黒川周辺は大変混雑するため、困るのがトイレです。

 

お花見の時期は臨時のトイレも設置されますが、目黒川周辺で入れるトイレをご紹介いたします。

 

池尻大橋駅周辺

 

<目黒天空庭園 オーパス夢ひろば>

 

 

<北部地区 サービス事務局>

 

 

<東山公園>

 

 

中目黒駅周辺

 

<菅刈公園>

 

 

<中目黒公園>

 

 

<田道ふれあい館>

 

 

以上のトイレは、車いすでも入ることができます

 

ただ、お花見の時期はかなりの混雑が予想されますので、できるだけ早めに行っておくと安心ですね。

 


目黒川の桜の開花状況や見頃は?

 

 

目黒川の桜の開花時期について、2020年

 

 

  • 開花が3月21日(木)
  • 満開は3月31日(日)

 

 

と予想されています。

 

2019年は平年よりやや早い開花だったようですが、2020年は今のところ3月下旬~4月上旬に満開予想が出ており、平均的な時期に開花する見込みです。

 

目黒川のお花見混雑状況

 

 

目黒川のお花見シーズンは、週末はもちろん、平日も混雑しています。

 

お昼に近づくにつれ多くの観光客でにぎわってくるので、できるだけゆっくりお花見を楽しみたい場合は午前10時前に行くのがオススメです。

 

桜だけ楽しめればいいという方は、空いている早朝に訪れてみてください。

 

人がほとんどいないので、自分のペースで桜並木を歩くことが出来ますよ。

 

食べ歩きを楽しみたいという方は、屋台が開店するお昼前が良いかもしれません。

 

目黒川の夜桜のライトアップ情報

 

 

夕方になると、皀樹橋(さいかちばし)から南部橋(なんぶはし)までの目黒川両側が、LEDによってライトアップされます。

 

皀樹橋(さいかちばし)の最寄り駅となる中目黒駅から池尻大橋駅へ向かうと、ライトアップされた桜並木を歩くことが出来ますよ。

 

また、同じ区間ではぼんぼりも点灯します。

 

 

それぞれのぼんぼりにはメッセージが書かれていますが、よく見ると内容がおもしろいものがあるので注目してみてください^^

 

悩み事や愛する人へのメッセージ、くすっと笑えるユニークな一言など、ひとつずつぼんぼりを見ることで、お花見とはまたちがった楽しみ方もできます。

 

「LEDライト」と「ぼんぼりの点灯」はどちらも17時~21時までなので、夜桜を楽しみたい方は夕方ごろから訪れてみてはいかがでしょうか。

 

夜桜を見ながら食べ歩きしたい場合は、遅くても19時までに訪れることをオススメします。

 

目黒川の桜の最寄り駅やアクセス方法は?

 

 

目黒川の桜の最寄り駅は3つあります。

 

駅によって混雑状況などちがってきますので、下記を参考にしてみてくださいね。

 

目黒駅(JR・東急目黒線)

 

目黒川の桜までは徒歩8分ほどで、目黒川の下流から上流へ向かうコースになります。

 

JR線が通っているので、一番アクセスしやすい駅かもしれません。

 

屋台が少ないためあまり混雑しておらず、人混みが苦手な方にオススメです。

 

ただ、目黒川上流と比べると桜は少なめなので、もっと桜並木を見たいという方は混雑を覚悟して上流へ向かってみましょう。

 

中目黒駅(東急東横線)

 

目黒川の桜までは徒歩3分ほどで、目黒川のちょうど中間あたりに降り立ちます。

 

お花見シーズンは、中目黒駅周辺が一番混雑します。

 

屋台が多く桜もたくさん咲いているので、お花見目的で行くのであれば中目黒駅から向かうのがよいでしょう。

 

池尻大橋駅(東急田園都市線)

 

目黒川の桜までは徒歩5分ほどで、目黒川の上流から桜を見ることができます。

 

池尻大橋駅の周辺は、ほかの駅よりも比較的空いているようです。

 

上流側は桜が多く見応えがあるので、ゆっくりお花見したい方に向いています。

 

目黒川の桜をクルーズ(船)で楽しむには?

 

 

「人混みを避けて桜を楽しむ方法はないの?」と考えているあなたにおすすめなのが、お花見クルージングです。

 

船から見上げると、目黒川の両側からあふれ出るような桜の絶景を鑑賞することが出来ますよ。

 

混雑からはずれてゆっくり見る桜は、非日常的な風景と癒しを与えてくれることでしょう。

 

料金はかかりますが、クルージングならではの特別感と船上からの絶景は、なかなか味わうことのできない素敵な思い出になるはずです。

 

運航会社によってコースが異なりますので、あなたの気に入ったプランでぜひ船上からお花見を楽しんでみてくださいね。

 

芝浦いりき「目黒川お花見&東京湾周遊クルーズ」

 

参照:芝浦いりきHP

 

芝浦いりきのお花見クルージングは、暖房付きで温かい船内から桜を鑑賞することが出来ます。

 

桜が咲く季節はまだ肌寒いことも多いで、暖房がついているのはありがたいですよね。

 

船内にはトイレもあるので安心です。

 

お花見クルージングは目黒川の桜を見るだけの遊覧船が多いですが、芝浦いりきのクルーズはひと味ちがいます。

 

芝浦いりきの船は目黒川の桜を見たあと、さらに東京湾へ出てレインボーブリッジを見るコースになっているので、お花見と東京の景色を一度に味わうことができるんです。

 

美しい桜と東京の風景を同時に楽しめるなんて、なんだかロマンチックですよね。

 

お花見とクルーズの両方とも満喫したいという方は、ぜひ乗船してみてください。

 

芝浦いりきwebサイト→http://pfcc.jp/

 

ポケカル「目黒川桜回廊貸切クルーズ&隅田川千本桜クルーズ」

 

参照:ポケカルHP

 

1日で、2ヶ所のお花見スポットをまわることができるプランです。

 

目黒川では都内最大級の桜のトンネルを、隅田川では江戸時代から続く1,000本の桜並木を鑑賞することが出来ます。

 

お花見は1ヶ所でも十分楽しめますが、有名な桜の名所を一度に2ヶ所もまわることができるのは、クルージングならではの楽しみ方ではないでしょうか。

 

とにかくたくさんの桜を見たい、特別なお花見がしたいという方にはぴったりのプランですね。

 

ポケカルwebサイト→http://www.poke.co.jp/

 

ジール「目黒川お花見クルーズ」

 

参照:ジールクルージングHP

 

目黒川の桜を中心に見学できる、シンプルなコースです。

 

1人からでも乗船可能なので、気軽にクルーズを楽しみたい方にもおすすめですよ。

 

ジールのお花見クルーズでは、目黒川の水門(品川くじらの水門)を超え、五反田まで船を進めます。

 

五反田にはさまざまな八重桜があり、ソメイヨシノが見頃を終えたあとでも桜を楽しむことが可能です。

 

東京の隠れた桜の名所をゆっくり見学したい方はぜひ利用してみてください。

 

ジールwebサイト→https://www.zeal.ne.jp/

 

 

どの運航会社のクルーズも、荒れた天気でない限りは雨天決行する場合がほとんどです。

 

雨天時には、傘以外の雨具(レインコートなど)を持参するようにしましょう。

 

また、船上は揺れるため、食べ物などを持参する場合は「手で持ちやすいおにぎりにする」「飲み物はフタのついたペットボトルにする」といった配慮は必要かもしれません。

 

目黒川の桜祭りを紹介!

 

 

お花見の季節には、さまざまな場所で桜祭りが開催されます。

 

きれいに咲いた桜の下で楽しむお祭りは、盛り上がること間違いなしですよね^^

 

桜祭りの開催期間中に目黒川へ訪れたら、ぜひ会場にも足を運んでみてください。

 

アルカス春祭り

 

中目黒にあるランドマーク「ナカメアルカス」で開催されるお祭りです。

 

2019年は3月30日(土)~4月7日(日)で開催。

 

ナカメアルカス内の飲食店が屋台を出すほかにキッチンカーも出店し、中目黒最大級のフードコートになります。

 

カラオケ大会も行われるので、食事を楽しみながら盛り上がることができそうですね。

 

 

中目黒桜まつり

 

中目黒駅前商店街の方を中心に、さまざまなイベントを開催しています。

 

2019年は4月上旬で開催。

 

開催場所となる「合流点遊び場」では、東京音楽大学や駒澤大学吹奏楽部の演奏、ダンスパフォーマンスなどを鑑賞することが出来ますよ。

 

 

目黒イーストエリア桜まつり

 

目黒イーストエリア商店街の方が、地域を盛り上げるイベントを開催しています。

 

2019年は4月6日(土)、7(日)で開催。

 

開催場所は、田道広場公園です。

 

模擬店や抽選会、ライブなど、大勢で楽しめるイベントが盛りだくさん。

 

ライブでは、ダンスや芸人さんのパフォーマンスを見ることができ、開催される2日間は多くの人でにぎわいます。

 

 

目黒川の桜2020お花見と屋台情報まとめ

 

目黒川の桜のお花見と屋台情報、期間、場所、ライトアップ情報などをお伝えしました。

 

「お花見クルーズ」や「桜祭り」も人気です!

 

目黒川の桜はお花見の大人気スポットのため、混雑は必至。

 

混雑情報などを参考にしていただき、きれいな桜をゆっくり鑑賞してきてくださいね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です