天王寺動物園ナイトZOOに子供と行く時におすすめのレストランは?

スポンサーリンク

 

「子供と天王寺動物園のナイトZOOに行くんだけど、晩ご飯をどこで食べようかなぁ?」と悩んでいませんか?

 

「ナイトズー」は、昼間には見る事が出来ない「夜の動物の姿」を見る事が出来るイベント。

 

それだけに、夕方から夜にかけてのお出かけになりますよね。

 

そうなるとどうしても、ナイトZOOに「入る前」か「見終わった後」かに外食しようかな~ってなると思います。

 

だけど、天王寺動物園の近くに子供と食べられる良いレストランあるかなぁ・・・、行って混雑してたらどうしよう?と心配にもなりますよね。

 

そこでこの記事では、天王寺動物園ナイトZOOに行く時におすすめのレストランや食事場所を、3つのエリアに分けてご紹介します。

 

天王寺動物園に近いレストランばかりです。

 

よろしければ参考にしてみて下さい!

 

スポンサーリンク

 

天王寺動物園内レストラン

 

天王寺動物園内で食べるなら、2つの選択肢があります。

 

  1. ZOOレストラン
  2. キッチンカー

 

それぞれを詳しく見てみましょう♪

 

ZOOレストラン

 

 

一番最初に候補にあがるのは、天王寺動物園内にあるレストランではないでしょうか?

 

レストランとして営業しているのは、園内ではここだけです。

 

天王寺動物園内のレストランは2017年10月にリニューアルして、店内はキレイで可愛くなりました。

 

名前は「ZOOレストラン」で、リニューアルに伴ってメニューも新しくなっています!

 

一番人気は、上の写真の「しろくまカレー800円(税込)」。子供が食べられる甘口のカレーで、見た目がとっても可愛いですよね。

 

キッズメニューですが、大人でももちろん注文OKです^^

 

他には、「アニマルプレート(お子さまランチ)980円」や「くまさんオムライス900円」、普通に「カツカレー」「親子丼」「ラーメン定食」などのメニューもありますよ。

 

食券を購入してお店の方に渡して、お料理を待つシステムとなっています。

 

キッチンカー

 

 

キッチンカーは4台あります。

 

レストランのようにガッツリ食べられるようなものは売っていませんが、軽食は用意されていますよ。

 

「ZOO BURGER SHOP」ではハンバーガーやポテトが食べる事が出来ますし、かき氷をメインに扱っている「キリン号」では、唐揚げを食べることが出来ます。

 

夕食としてはちょっと物足らないかもしれませんが、小腹を満たすにはバッチリだと思います。

 

もし「う~ん、ZOOレストランもキッチンカーもどちらも食べたいものがない・・・」「でも園内で食べたいんだけど・・・」という場合は、

 

天王寺動物園内は食べ物の持込みがOKなので、コンビニや天王寺駅前の近鉄百貨店(あべのハルカス近鉄本店)のデパ地下でお好きな物を買ってきて、園内で食べてもいいですね。

 

もちろん手作りお弁当を持参されてもいいですよ。

 

 

園内にはレジャーシートを広げて座れる広場が沢山ありますし、ベンチも沢山あります。

 

その場合は、地面に敷くレジャーシートは忘れずにご持参くださいね^^

 

てんしば(天王寺公園エントランスエリア)

 

てんしば入口

 

「てんしば」とは、「天王寺公園の芝生広場」で「てんしば」と名付けられたエリアで、天王寺動物園への入口にもなっている場所です。

 

天王寺動物園の入場ゲートは、「てんしばゲート」「新世界ゲート」の2カ所あるのですが、「てんしばゲート」がこの「てんしば」にあります。

 

地図を見てみましょう。

 

てんしば内地図参照:てんしばHP

 

地下鉄御堂筋線・谷町線「天王寺」駅、JR「天王寺駅」、近鉄「大阪阿部野橋駅」や「あべのハルカス」から歩いてすぐの所に「てんしば」の入口があります。

 

その入口から入って、レストランや芝生広場を見ながらまっすぐに抜けていくと「天王寺動物園の入場ゲート」が現れます。

 

 

リニューアルオープンしたとってもオシャレでキレイな公園で、「てんしば」の奥に天王寺動物園の「てんしばゲート」があるので、移動はとてもスムーズです。

 

てんしば内には、2018年7月現在レストランなどの飲食店は8軒あります(上記の地図を参考)。

 

コンビニやカフェなどを除くと、夕食を食べるお店として使えるレストランは5軒ほどでしょうか。

 

子供連れで行く時のオススメのレストランは、「青いナポリ イン ザ パーク」(上記地図の番号7番のお店)。

 

美味しいピザやパスタが食べられるお店です。

 

なぜオススメなのかというと、実際私が行ったことがあって美味しかったから^^

 

「青いナポリインザパーク」でランチした時の事を、詳しくブログに書いてます。よろしければ参考にどうぞ!

 

天王寺てんしばの青いナポリでランチ!メニューや感想を口コミします

2018年7月26日

 

お店は店内席とテラス席があって、結構広々としています。雰囲気も素敵で、子供連れでも全く問題ない感じですよ。

 

予約するとなると動物園との兼ね合いがあるので難しいかもしれませんが、ナイトzooの期間はてんしばのレストランも特に混みあうと思いますので、出来れば予約をしていかれるといいかもしれません。

 

予約される場合は、「お店に直接電話で予約する」か、「食べログで予約」を入れて下さいね。

 

食べログでの予約や口コミの確認はこちらからどうぞ。→青いナポリ イン・ザ・パーク

 

 

<青いナポリ イン ザ パークの詳細>

住所  〒543-0063 大阪市天王寺区茶臼山町5-55 てんしば
電話番号  06-6773-2225 
営業時間 [月-木&日] LUNCH / 11:00~15:00(l.o.) DINNER / 17:00~22:00(l.o.) CAFE / 11:00~22:30(l.o.)

[金-土] LUNCH / 11:00~15:00(l.o.) DINNER / 17:00~22:30(l.o.) CAFE / 11:00~23:00(l.o.)  

公式HP 青いナポリ イン ザ パーク

 

昼間に天王寺動物園で17時までしか見れない動物を見て、夕方から「てんしば」のレストランでディナーをし、再入場で「ナイトズー」をしている天王寺動物園に戻ってもいいですね。

 

解放感あふれる「てんしば」でのディナーは、きっと思い出に残ると思いますよ!

 

通天閣がある街「新世界」

 

新世界

 

THE大阪というイメージの「新世界」。

 

通天閣にジャンジャン横丁、大きなフグ提灯の看板などが有名で、テレビなどでもよく取り上げられている場所です。

 

この「新世界」も、天王寺動物園の「新世界ゲート」からすぐの場所になりますので、晩御飯を食べる場所に向いています。

 

街の雰囲気も独特なので、一度のぞいてみても面白いエリアだと思いますよ。

 

新世界といえば、B級グルメが有名です。

 

その中でも「串カツ」が有名で、一番有名なのは「だるま」というお店。

 

薄い衣でサクッと揚げてあって大人気のお店です。

 

でもそれだけに行列がすごいんですよね。

 

じゃあ食べるのは無理?というと、そんな事はないです。

 

新世界エリアに串カツ「だるま」は4店舗あるのですが、その内の「ジャンジャン店」は、予約が出来るんです。

 

  • 「4名以上でないと予約が出来ない」
  • 「セットメニューからの注文しか出来ない」
  • 「席の利用は予約時間より1時間半」

 

と制限はありますが、人気店である「だるま」が予約できるなんて、嬉しいですよね。

 

天王寺動物園のナイトZOOの機会に、有名店「だるま」で串カツを食べるというのも良いかもしれません^^

 

店内はイス席のみです。赤ちゃんやイスに座るのが難しい年齢のお子様だと、だっこして食べることになるかもです。
小さなお子さま連れの場合は、事前にお店にイスの事などを詳しく聞いてみて下さい。 

 

<串カツ「だるま」ジャンジャン店の詳細>

住所  大阪市浪速区恵美須東3-4-4
電話番号  06-6636-7729
営業時間 11:00~22:30 (ラストオーダー30分前)
予約可能人数  4名~26名 
HP だるま

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

「天王寺動物園」「てんしば」「新世界」という3つのエリアの、子供と一緒に晩御飯を楽しめるレストランをご紹介しました。

 

「ナイトZOO」も「レストランでの食事」も、楽しんできて下さいね。

 

天王寺動物園のナイトZOOの見どころや料金、駐車場の情報などは下記の記事にまとめてあります。

 

よろしければ参考にしてみて下さい^^

天王寺動物園

天王寺動物園のナイトZOO2018の見どころや料金は?駐車場情報も

2018年7月16日

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です